住宅ローンは金利と手数料をじっくり比べて検討すると家族の絆も深まる

スポンサーリンク
  

 

まず、住宅ローンを考えているなら、まず金利について調べてまた知っておきましょう。

金利はどこで借りても一緒というわけではなく、 取り扱う金融機関ごとに差があるので、まずは情報収集することが大切です。

住宅ローンを使うのは、家を買うと言うことで普通の人であれば、一生のうちにそう何回もあるわけではないので、金利に関しては大変重要なことで、高額の支払いが長く発生し、生活設計を左右します。

以前よりは住宅ローンを利用できる会社は大変多くなっていますので、自分に合うところ(金利が安くて、関係がよい)を見つけ出すことが最重要となります。

 

スポンサーリンク

 

現在、日本国内の公定金利が低いままの状態が続けているため、当然、住宅ロ ーンの金利もかなり低い状態が長く続いているのが実情です。バブル崩壊から、デフレの状態で景気が悪く、ここに来て日銀の金融緩和政策が効いています。

住宅ローンを組む際に、どのくらい借りることが可能なのかどうか、借り入れ金額が気になるところです。家を新しく買うに際して、いくらまでの借り入れが認められるかは非常に重要なことです。当然、収入や過去の借り入れ実績、購入物件等が勘案されて、最終的に金額が決定されます。

低金利であることは、追い風になっています。これまでに無いような金利が非常に安くなっている住宅ロー ンを利用しない手はありません。自分の家の家計をもう一度見直して、ローンの返済に充てられる金額はいくらかを考えた上で、申込み金額を決めることです。

しかし、新築住宅を買うときは、気持ちがハイになっており、また金額が今までの購入物と桁が違うくらい大きいので、少額(10万程度)には、感覚が崩れて見失いそうになります。特に気をつけないとローンの金額が膨らみ、新築住宅は買ったものの、その他のレジャーやお小遣いに窮する話はよく聞くので注意が必要です。

住宅ローンの返済に、手取り金額から毎月いくらを返済する事が出来るかを、はっきりさせることで、大まかな借り入れ可能金額が見えます。低金利の住宅ローンを利用することができれば、その分だけ元金に振り分けることができ、強いては総額を増やすことも出来ます。その分だけ、住宅にお金を回すことができます。

スポンサーリンク

 

借入額の大きな住宅ローンは、金利の差が小さくても、返済総額を計算してみると予想以上に大きな金額になるので、しっかり検討すること が大切です。

また、住宅ローンは固定金利変動金利かまた、変動と固定を組み合わせた商品もあり、考える事は多く、多岐にわたって検討しなければなりません。

先ほど申し上げたように、昨今の経済情勢を受けて、住宅ローンの借り入れは、かなりの低金利になっています。住宅を購入するために住宅ローンを利用するならば、今が最もいい時であ ると言うことができます。

家を買うために住宅ローンを組む場合、変動金利と固定金利で、金利の計算方法が変わるところが悩ましい点です。借り入れ後に金利が変わった時、影響を受けるのが固定金利ではローン会社、変動金利では住宅ローンを利用した側と相反するわけです。

変動金利の住宅ローンの方が一般的に金利が低く抑えられているので、返済金額を少なくすることが出来ます。総返済額を圧縮するには、低金利の方がメリットがありますが、30年あるいは35年後を想像予測することは誰にも出来ません。借り入れに際しては金利だけでなく、景気判断や将来の金利予測等、別の視点も考えて借り入れ計画を立てるなければなりません。

国内の金利が急激に上昇した時に、支払いが続けられるかは重要な命題です。返済できるぎりぎりの金額を 毎月支払っていたら、もしものことがあった時に対処できませんので、返済金額は余裕を持って決めましょう。

また、サラリーマンなら臨時収入であるボーナスを支払いに充てることは、あまり感心しません。どんな会社であっても、未来永劫今の収入を保証してはくれません。

そんなとき、予備の蓄えをつくっておけば、いざ金利が上がって返済負担がきつくな りそうな時に、前倒しで返済をしてしまうことが可能です。繰り上げ返済によって、元金の返済ペースをあげることができますので、結果的に利息の支払い額を減らせます。変動金利で金利の低さを享受しつつ、この繰り上げ返済準備のできる住宅ローンを組む事が、リスクを考えた方法と言えます。

 

スポンサーリンク

 

繰り上げ返済は有効な手段ではありますが、「言うは易し行うは難し」の言葉の通り、あれも欲しいこれも欲しいといって、ローン総額が膨らみがちなので注意が必要です。しっかりした人生設計が必要です。

住宅ローンの次に大きい、教育費用も考えて人生設計をしないと、破綻することとなり、皆が不幸せになってしまいます。

 

新しく家を購入するために住宅ローンを組む場合、マイナス金利が使われているという情勢をどう捉えるべきでしょう。住宅ローンを組む時に、マイナス金利をどんな形で理解していればいいのか、見当がつかないという人がいます。そのマイナス金利の働きがどのような形で、私達が得をする事になるのでしょうか。もともと、お金を借りていると利息を払わな ければなりません。しかしマイナス金利では、お金を借りたほうが利息を受け取れます。

マ イナス金利下では、日本銀行に預金をしている地方の銀行は、金利に基づく利息を支払う側 になってしまいます。日本銀行にお金を預けっぱなしにしていると、利息の支払い義務が生 じることから、別な自治体に貸したいと思うものです。住宅の購入は、一生の行方左右するとても大きな決断です。住宅ローンを扱う金融会社も、顧客を取り込むための工夫を行っています。

 

スポンサーリンク

 

どの金融会社から住宅ローンの融資を受けるべきか迷ったら、金利を比較すると いいでしょう。できるだけ低金利の融資を受けたほうが、返済総額は少なくできます。住宅の購入は一般的に住宅ローンを組んで、毎月ローンで分割にされた金額を払っていく形になります。借りたお金は、利子をつけて返すことが道理です。金利から利息が決まり、利息分の金額を余計に支払うことになります。

住宅ローンの貸付分の金額を多くすることで、マイナス金利になっても、金融会社は損をしない状況をつくれます。日本経済が今のままで、 金利がマイナスの状態がいつくでも続くと、徐々に影響が大きくなります。金利を据え置くか、下げるのかは、各金融会社の判断が分かれています。

がしかし、マイナス金利は全体的に低金利にはなりますが、個人に直接的には関係はないと考えます。

最後に、金利は最重要ですが金融機関においては、手数料と言う名の形で金利以外の支払いが発生し、これが案外高額なので検討及び比較しなければなりません。

各社を比較して、じっくりと検討されることが大変重要です。

これで、家族の絆も深まれば、一挙両得ではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
4.資産運用
フォローする
転勤から見える景色

コメント