ロリポップサーバーのSSL化(https:// )

スポンサーリンク
  

 

少し遅れましたが、2017/07/11より、ロリポップが無料で独自SSLの利用が出来るようになりました。

これまで、他のレンタルサーバーでは、すでに無料のところがあったので、追随せざるを得なかったのでしょう。

消費者にとっては、大変良いことです。やはり競争原理が働くと、共産主義・公務員とは違って、消費者目線があります。

 

 

利用できるプラン
・ロリポップ!全プラン

 

ご利用条件
・独自ドメインひとつあたり、サブドメインなしドメイン+サブドメインの計100個をSSL化できます。
・有効な独自ドメインが設定されている必要があります。
・対象となる独自ドメインに、ロリポップ!のネームサーバー等、ロリポップ!のDNS情報が設定されている必要があります。

 

SSL/TLSサーバー証明書は
・アメリカ合衆国カリフォルニア州の公益法人「Internet Security Research Group(ISRG)」が無料で提供する「Let’s Encrypt」。

 

 

これで、低コストかつ安心・安全なウェブサイトが作れるというととですが、私にはよく分かりません。

 

 

しかし、

2014年8月7日、「HTTPSをランキングシグナルに使用します」とGoogle様も宣言しているので、間違いないでしょう。

 

「ユーザーがもっと安全にサイトを閲覧できるよう、すべてのサイト所有者の皆様に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えています。」と付け加えてあります。

 

いまや、個人のブログであっても、「https:// 化」が当たり前という時代なのですかね。

 

そこで、早速申請しましょう。

 

①ロリポップの設定
②WordPressの設定
③リダイレクト

の 3点を変更します。

 

 

①ロリポップの設定

 

何はなくても、「ログイン」。

 

 

「独自SSL証明書」 → 「証明書お申し込み・設定」 をクリック。

 

 

 

すぐ「SSL保護申請中」となります。少し待つと、「SSLで保護されているドメイン」に表示されるでしょう。

 

 

 

②WordPressの設定

次に、WordPressから「設定」→「一般」

 

 

 URLを http:// → https:// へ変更する。

保存したら、終了です。

 

 

③リダイレクト

ここまでで、終わっても良いのですが、リダイレクトをかけます。

ロリポップへログイン。

 

ロリポップ → WEBツール → ロリポップ!FTP。

 

 

ドメイン取得時のフォルダーから「.htaccess」を探す。

 

 

「.htaccess」ファイルの先頭に以下のコードを追加する。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L] </IfModule>

追加できたら保存し、サイトを表示しましょう。

 

 

「http」でアクセスできるか確認すると「https」に飛ぶようになっているはずです。

飛んでいきましたか?

 

出来上がりです。どうですか、「鍵」のマークが出てきたでしょう。

 

ヤッホー

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
5-1:ブログ
フォローする
転勤から見える景色

コメント