ハワイに行くためにホテルを予約する方法と、ホテル滞在時のルールはこれだ

スポンサーリンク

 

ホテルの予約

 

 

ハワイへの飛行機を予約したら、次はホテルの予約をしましょう。

 

 

今回はハワイのホテルを予約する方法と、ホテル滞在時のルールなど説明していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

宿泊場所は

オアフ島に滞在する場合、ほとんどの観光客はワイキキという繁華街に宿泊します。

 

 

他にアラモアナ、新興開発地のコオリナなどにホテルがありますが、ハワイ初心者の方には治安も良く買い物にも便利なワイキキがおすすめです。

 

 

ハワイにはたくさんホテルがありますが、立地やビューによっても値段は様々です。

 

海に近ければ近いほど値段が高くなり、特にワイキキビーチ沿いに建っているホテルは、有名かつ高級なリゾートホテルがほとんどです。

 

 

滞在中に何を重視するかで、ホテルの選び方も変わってくると思います。

 

ハワイが初めての方には、やはりメイン通りのカラカウア通り沿いのホテルがおすすめで、夜も賑やかで安全です。

 

 

同じワイキキでも少し中心部から外れたエリア、特にアラワイ運河付近は治安も良くないと言われているので、ホテルを予約する際は、いくら価格が安くてもそのエリアは避けたほうが無難です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

手配方法はネット

個人で宿を手配する場合は、ホテルの公式ホームページから予約するよりも、「エクスペディア」や「HIS」などと言った、予約サイトや代理店の予約が安く予約できる場合が多いです。

 

 

特におすすめするのは、よく海外旅行のホテル予約で利用するエクスペディアです。

 

CMや雑誌などでもよく広告を見かける有名な予約サイトです。

 




ホームページも見やすく、予約も簡単です。

 

 

目的地、日付などの情報を入力すると空室のあるホテルが出てきます。

価格帯やホテルのグレードなど絞り込むことが可能です。

 

 

検索していると出発の前日あたりまで、キャンセル料が無料の部屋も多くあるので安心です。

 

部屋の料金は日々変動しているので、先に部屋を抑えた上で毎日価格をチェックしておくことが大切です。

 

 

円高などの影響で同等の部屋の価格が、下がっていることもよくあります。

そういう時は再度予約したあとに、元々の予約をキャンセルすればOKです。

 

 

あくまでもキャンセル料無料の部屋を予約されていることが、前提のやり方ですので気をつけて下さい。

実際に宿泊した方の口コミもリンクされており、参考になるので是非ご覧になってみて下さい。

 

 

エクスペディアはなんと、定期的にクーポンが発行されています。

公式サイトや旅行雑誌、クーポン情報を収集しているブログなどに掲載されています。

 

 

ネットで検索すると簡単にクーポンコードを見つけることができます。

だいたい8%引きになるクーポンが発行されているのですが、これが大きいので忘れずにクーポンコードを入力しましょう。

 

 

予約画面にクーポンコードを入力する欄があります。

 

メールマガジンに登録すると会員限定のセールのお知らせもくるので、メルマガ登録をしておくことをおすすめします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

予約時の注意点

ハワイのホテルを予約する際の注意点が一つあります。

 

ハワイのホテルを予約する際はリゾート料金が、かかるホテルがほとんどです。

 

 

1泊につき20ドル〜30ドル前後の料金がかかり、チェックアウト時に現地で精算します。

 

リゾート料金の内訳として、インターネットアクセス料金や駐車料金、新聞などホテルによって様々です。

 

 

 

 

エクスペディアのホテル情報の欄に記載されていますので気になるホテルがあったら確認してみて下さい。

 

 

 

スポンサーリンク

 

チップは

また、ハワイを始めとしたアメリカのホテルに滞在する際には、部屋の掃除をしてくれるメイドさんに対してのチップが必要になります。

 

 

相場はベッド一台につき1〜5ドルほど。

スランダードルームに宿泊した場合は1〜2ドル、グレードが高い部屋に宿泊した際は5ドルほど払うのが基本です。

 

 

メイドさんがわかりやすいように、枕元にドル札を挟めておきます。

 

滞在中はホテル以外でもチップが必要になるシーンが多いので、1ドル札を多めに持っておきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

ホテル滞在時の注意点

ハワイのホテルに滞在するにあたって、注意点がいくつかあります。

 

繰り返しになるかもしれませんが、大切なことなので記しておきます。

 



ラナイには洗濯物を干さない

ホテルが多く立ち並ぶワイキキエリアでは、ラナイ(ハワイ語でベランダの意味)に洗濯物を干すことが禁止されています。

 

 

街の景観を損ねるためこういったルールが定められています。

 

濡れたタオルや水着などを干したくなる気持ちは分かりますが、バスルームなどに干すようにしましょう。

 



子どもを一人にしてはいけない

アメリカでは法律で12歳以下の子どもを、13歳以上の保護者の付き添いなしに一人にすることが禁止されています。

 

子どもをホテルの中で留守番させたり、一人で買い物に行かせることももちろん禁止です。

 

逮捕されるケースもあるようです。

 

 

日本では当たり前に行われている行為ですが、アメリカでは虐待や放置と見なされ、厳しく取り締まられているようです。

 

たとえホテルであっても、12歳以下のお子様がいる場合は、少しの時間でも一人でホテルに残してはいけません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

いかがだったでしょうか。

 

ハワイには魅力的なホテルがたくさんあります。

 

ハワイ滞在中は何を重視して過ごすか、一度考えてホテルを検討してみて下さい。

 

 

次回は、入国時の流れとホテルまでの行き方について、書いていきたいと思います。

 



スポンサーリンク
スポンサーリンク
7-3.海外
フォローする
転勤から見える景色

コメント