スマホ簡単決裁システム「Origami Pay」のメリット・デメリット

スポンサーリンク
  

 

プリぺイドカード「origami」

ここでは、今お勧めのプリペイドカードについて紹介します。

 

通称「プリカ」ですが、数多くの会社が参入し、皆さんも幾種類かのプリカをお持ちではないでしょうか。

プリペイドカード(英: prepaid card)とは
予め入金して積み立てておく形(前払い)で一定金額の価値を有し、商品やサービスを提供してもらう権利のあるカード型の有価証券(金券)。
プリペイドカードはトラベラーズチェックなどと同じく前払式決済の一種である。

 

その中でも、最近特にその勢いが高まっている「Origami pay」というプリカは、その特典や便利度合で他のプリカを抜いています。

また、その使いやすさもありますので、今回はこの「origami pay」を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

スマホ決裁の「Origami Pay」の成長

既にご存知の方もおられると思いますが、まず基本的な事柄からご紹介します。

 

この「Origami Pay」は、ご自身の持つ「スマホ」で簡単便利に行える決裁システムのことです。

 

最近その急成長ぶりがニュースにもなったりしていますが、日々その加盟店であったり使用するユーザが増え続けています。

近年になりプリカ市場で特筆すべき成長ぶりです。

 

「Origami Pay」の加盟店では具体的に、現時点で確認の取れているだけで以下の各チェーン店で使用できます。

 

加盟店:ローソン、ロフト、パルコ、和民、坐・和民、ケンタッキーフライドチキン(一部店舗)、白遊空間、無印良品、フランフラン、AOKIなどになります。

この時点では概ね20,000か所で使用が可能になっています。

 

 

スポンサーリンク

 

スマホ決裁の「Origami Pay」の仕組み

では、このスマホ決裁のシステムである「Origami Pay」の仕組みについてご紹介します。

 

「Origami Pay」は、一般のクレジットカードや企業グループで利用するカード類とは異なり、クレジットカード会社を超えての利用が出来るようになっています。

 

つまり、利用するユーザーは、スマホで「お店のQRコード」を専用アプリで読み込めば、ただそれだけで支払いが完了してしまうシステムになっています。

 

その支払方法が簡単すぎるので、ユーザーとしては、初めは戸惑う人も多く、実際に支払いを行ったのかの実感がわかないという人もいるほどです。

 

 

しかし、このシステムも慣れてしまえば、他のクレジットカードや現金等で支払うより、スムーズに支払うことが出来てしまうので、慣れとともにその使い勝手の良さに人気が高まっています。

 

 

では、「Origami Pay」を使用して支払うシステムについて、具体的にその詳細をご紹介しましょう。

先ほど書きましたように「Origami Pay」の専用アプリを自身のスマホに読み込み、そのアプリを起動させることで準備が整ったことになります。

 

そこで、実際の支払い時には、加盟店の店頭で示される店舗のiPad等で表示されるQRコードをアプリ起動後にスマホカメラ機能で読み込みます。

読み込めば店側の端末であるiPad等で「お支払いが完了しました」との表示がなされるわけです。

 

 

実際に使った場合には、この間数秒ですが、これでそのお店の支払いは完了したことになってしまう訳です。

初回Origami Pay」専用アプリをダウンロードするだけで終了しますので、それ以降は煩わしい手続きは不要になります。

 

つまり、アプリをダウンロードする時には、事前にいくつかの情報を登録する必要がありますが、それ以降はほぼ何もする必要ないということになります。

 

事前に登録する内容については、自身の持つクレジットカードを登録する必要があるだけです。

 

利用ユーザー側の決裁自体は、この登録したクレジットカードや銀行口座から引き落とされる仕組みになっています。

 

 

スポンサーリンク

 

「Origami Pay」を使うメリット

では、「Origami Pay」を使うメリットについてご紹介します。

 

第一に、ユーザー側(つまり私たち)が、「Origami Pay」へ登録しても「初回登録料」「年会費」等は、一切必要なないというメリットがあります。

 

完全無料で利用できるアプリですので、この点を気にかける必要はないということになります。

 

 

 

第二には、「Origami Pay」のアプリをダウンロードした後、登録できる自分の保有しているクレジットカードの種類は複数できるということです。

 

今や、複数のクレジットカードの会員になっている人が多い中で、利用する店舗に応じて使用したいクレジットカードを選択することが可能になります。

 

 

第三に、第二でも申し上げたクレジットカードの登録できる種類が多いということです。

このことは、「Origami Pay」のシステムを導入しているお店なら、色々なクレジットカードをユーザー側の判断で使い分けることができるということになります。

 

つまり、例えば、マスターズカードを使いたいのだけれど、お店ではVISAしか使えないような場合、このお店が「Origami Pay」に加入していると、マスターズ引き落としで、支払いを完了させることができるというメリットがあります。

 

「Origami Pay」で登録可能なクレジットカードは、日本国内ではほぼ全ての店舗で使用可能になっています。

 

 

 

第四に、クレジットカードのみならず銀行口座から振り落とされる選択も可能と言うことです。

 

自身の口座さえ登録しておけば、口座から直接の支払いが可能になっています。

その他には、クレジットカードで直接支払う場合に懸念されるスキミング(カード情報を盗まれる犯罪行為)が防止できることや、「Origami Pay」だけで行われている店毎の特典、例えば、「Origami Pay」で初めて支払いをその店で行った場合は、○○%値引き等があります。

 

また、店側は、高価な設備も不要で、客様にQRコードを示せるiPad程度の端末があれば、利用可能になるのというメリットがあります。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ここでは、「Origami Pay」についておすすめポイントをお示ししましたが、全てがメリットだけではありません。

 

敢えてデメリットを申し上げてまとめると、第一に支払い時には自身のスマホのBluetoothをONの設定にする必要があります。

 

また、他社の電子マネーに比べて、加盟店がまだ少ないという欠点があります。

 

更に、ガラケーでは「Origami Pay」が使用できないという難点もあります。

 

最新のプリペイドシステムですので、よく使用方法などを研究して見た上、自己判断にて、使用するかの判断をお願いします。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6.おすすめ 
フォローする
転勤から見える景色

コメント