日本最南端沖縄のおすすめ絶景ドライブスポット(橋を中心に)を紹介

スポンサーリンク
  

 

日本最南端のリゾート県沖縄

日本最南端のリゾート県『沖縄』にはたくさんのドライブスポットがあります。

 

まわりを亜熱帯の珊瑚礁に覆われた沖縄ですから、西も東も、北も南も綺麗な海を眺めながらドライブできるスポットがたくさんあります。
(むしろ沖縄においては公共交通機関が不足しており、車なしではなかなか思うがままに移動できないのです)

 

今回は、そんな沖縄の中でもドライブにおすすめなスポットについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

ドライブスポット3選

 

 




 

海中道路

海中道路とは沖縄中部の東海岸、ちょうどうるま市の南の方にある橋です。

 


 

橋とはいえ中々に巨大な橋で、橋の下にはどこまでも歩いて行けるかのような遠浅の海が広がっています。

海は晴れた日にはさながら宝石のようなエメラルドグリーンをしており、またよく潮の引く日であれば白い砂浜が遠くまで続く南国ならではの景色が広がります。

 

沖縄県民も海中道路に好んでドライブに行く人は多く聞きます。

 

海中道路にドライブへ行って、海中道路へ特に目的もなくドライブにいき、近くのキンタコ(沖縄料理のひとつである『タコライス』発祥のお店です)でタコライスを食べてふらふらと帰る、ということも多くあると聞きます。

 

 

この海中道路、本当にとても綺麗な景色で、しかも他の景色が綺麗な橋と比べてアクセスも良いのでとてもおすすめです。

 

海中道路近くのキンタコの隣には『琉球ガラス』と『沖縄独自の陶芸』を組み合わせた不思議な陶器をつくる職人さんのお店があり、そのお店もまたおすすめです。

他では見ることのできない、陶器とガラスが組み合わさり、さながら海岸の白い浜辺とその海の両方がひとつにまとまったかのような美しい作品を見ることができます。

 

 

また、海中道路が繋いでいる先には離島があります。

本土の方にはあまり馴染みのない感覚かもしれませんが、いわゆる『離島』が橋で繋がり車でいけるようになっているのです。

 

沖縄にはこのような車でいける離島が多々あり、それらもまたおすすめのドライブスポットとなっております。

 

ここで紹介している『海中道路』が繋ぐ離島は複数あり、それら離島の一番奥にある島が『伊計島』です。

 

 

スポンサーリンク

 

伊計島

海中道路をわたった先、橋で繋がれた複数の離島の一番奥にあるのが『伊計島』です。

 


 

伊計島にはホテルがひとつある他にはあまり目立つ建物もなく、いわゆる『ドラマに出てくるような沖縄の田舎』の景色を見ることが出来ます。

 

畑が広がり、古くからあり今もそこで生活する人々のいるリアルな沖縄の集落を覗くことができます。

実際に今も人々が生活している地域ですので、あまりに覗き込むようなことは良くありませんが、その集落をふらふらと通り過ぎるぐらいなら、人の生活を邪魔することなく景色を楽しむことができるでしょう。

 

観光化されていない沖縄の景色を、海中道路へのドライブついでに楽しむのもおすすめです。

 

また、伊計島には遺跡や古い水源地などもあり、あまり人が訪れることはないものの、一見の価値があります。

伊計島とその手前の島(宮城島)を繋ぐ橋からの景色も綺麗ですし、そこに至るまでの数々の景色も県内で他にはなかなか見ることの出来ないような、趣のある美しい景色となっております。

 

夏には海中道路から伊計島までの意外と長い道の途中に、ぜんざい屋さんが店を出していることもあります。

 

沖縄のぜんざいは本土のものとは大きく異なり、これもまた中々におすすめです。

本土の感覚で表現するのであれば『かき氷風ぜんざい』といったところでしょうか。

 

豆も小豆ではなく金時豆をつかっています。

おいしいので、ぜひ食べてみてください。

 

 

スポンサーリンク

 

瀬底島

同じ離島ですが、こちらは伊計島とは異なりいわゆる『沖縄北部』の車でいける離島です。

 


 

近くには古宇利島があり、そちらの古宇利島については、一時期ハートロックで話題になった頃に、その名を聞いた方もいらっしゃるかもしれません。

 

ここで紹介するのはその『古宇利島』ではなく『瀬底島』です。

観光化の進んだ古宇利島もおすすめの場所ですが、こちらの瀬底島もおすすめスポットです。

 

 

瀬底島への道のりは、沖縄県の『北部』にある関係で非常に距離のあるものですが、その分そこへ至るまでの景色は一見の価値があります。

 

瀬底島のある『本部町』は沖縄の中南部とは少し毛色が異なります。

これを表現するのは少々骨が折れるのですが、目に映るものをひとつひとつ上げるとすれば、『一面のサトウキビ』・『白みがかったアスファルト』・『エメラルドの海』・『電照を吊した菊の畑』・『石垣付きの沖縄らしい家々』・『石灰岩の採掘場』といった感じでしょうか。

 

 

間違いなく正しく表現できることがあるとすればそれは、これらの景色が美しく、また人の気持ちをちょっと落ち着かせてくれるような、そんな都会の喧噪とは真逆の空気感を味わうことが出来ます。

 

ここはおすすめの場所であり、またこの瀬底島へ繋ぐ橋からの景色もまたとても美しいものです。

 

大きさでは古宇利島の橋に負けますが、そこからの景色ではこちらもなかなかのものです。

ぜひ一度ドライブしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回の沖縄ドライブおすすめスポットでは、主に『橋』を中心とした場所をおすすめしました。

 

綺麗な海に囲まれた沖縄では、どの『橋』もとても綺麗な景色をわたしたちに見せてくれます。

 

ぜひ一度ドライブで景色を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

日本最南端沖縄のおすすめ絶景ドライブスポット(岬を中心に)を紹介
沖縄のおすすめドライブスポット 亜熱帯の海に囲まれた沖縄、そこにはたくさんの綺麗な景色があります。 ドライブしながら景色を眺めるのにはうってつけの場所尾です。 その沖縄のおすすめドライブスポットとして、前回、『橋』...
日本最南端沖縄のおすすめ絶景ドライブスポット(県北部を中心に)を紹介
沖縄の県北部おすすめドライブスポット 沖縄には多数のおすすめドライブスポットがあります。 前回、前々回に渡り『橋』や『岬』に着目したおすすめドライブスポットを紹介してきましたが、おすすめのドライブスポットはまだまだたくさ...

 



スポンサーリンク
スポンサーリンク
7-2.国内
フォローする
転勤から見える景色

コメント