縦型洗濯機とドラム式洗濯機のメリット・デメリット及びオススメ機種

スポンサーリンク
  

 

おすすめ洗濯機について

 

スポンサーリンク

洗濯機の重要性

皆さんの自宅では、どのような洗濯機を使っていますか。

ただ洗うだけだから、なんでもいいと思っている人や、古い洗濯機を使っている人もいると思います。

 

現在の洗濯機は、高性能で生活に役立つものばかりなものばかりですので、この記事では洗濯機を買い換えようか悩んでいる人や、洗濯機にあまり関心のない人に紹介していこうと思います。

 

スポンサーリンク

洗濯機の種類

洗濯機は大きく「縦型洗濯機」「ドラム式洗濯機」の二つに分けられ、この二つの特徴やメリットを紹介していきます。

 

縦型洗濯機

縦型洗濯機とは、一般的に洗濯機と聞いて想像する形の洗濯機の全自動の洗濯機のことを言います。

まず、縦型洗濯機の最大のメリットは、洗濯機内の水流と遠心力を使い、洗濯物同士をこすり合わせるので汚れもよく落ち、多くの水を溜めて洗うので洗剤がよく泡立ちます。

操作方法もシンプルなものが多く、価格もリーズナブルで洗濯容量も小さいものは4キロ、大きものは11キロと、幅広く一人暮らしから家族持ちの人にも使うことができます。

 

また、ドラム式洗濯機よりも電気代が安く、ランニングコストも抑えることができ、お財布にも優しい洗濯機になっております。

洗濯機の蓋も上についているため、開ける際に邪魔になることはなく、設置スペースには困ることはありません。

 

反対に、デメリットとしては、服を擦り合わせて汚れを落とすため、ドラム式よりも服が傷んでしまうということです。

しかし、最近は手洗いモードというものが搭載されており、おしゃれ着などはネットに入れて少ない容量で洗うと、傷むことは少なくなるのでおすすめです。

 

また、洗濯物を大量に入れてしまうと、出しにくくなってしまうため、適度な量に調節して洗濯をしてください。

今では、デメリットもだんだんと改善されていき、より使いやすい洗濯機に進化しているので、電気屋さんに行き、一度自分の目で確かめてみるの良いかもしれません。

 

ドラム式洗濯機

ドラム式洗濯機は、縦型洗濯機より少ない水量で洗濯をするため、エコで水量も少ないので服により摩擦も少なくなり、傷みが生じにくくなっております。

そして、少ない水で洗剤を溶かすので、洗剤の濃度が高く皮脂など臭いの元になるものの汚れには強く、洗濯乾燥も縦型洗濯よりも性能が良く、洗濯機内が広いため洗濯物が空気に多く触れることができ早く乾きます。

 

デメリットとしては、水量が少ないため縦型よりも少し洗浄能力が劣ってしまい、洗濯物が色移りしやすくなってしまうということです。

この際には、洗濯物の量を分け、色のつくものは別々にして洗うことをお勧めします。

 

また、扉が右開き、左開きとあり開ける際に少し邪魔になってしまい、洗濯機の前にはものが置けなくなってしまうこともデメリットの一つだと思います。

 

縦型式とドラム式には、それぞれメリットデメリットがありますが、どちらを選んでも損することありません。

 

スポンサーリンク

オススメ洗濯機

ここで現在、おすすめする洗濯機をいくつか紹介していきたいと思います。

 

縦型洗濯機

縦型式では「パナソニック NA–FA100H6」「シャープ ES–PU10C−T」の2つです。

 

パナソニックは泡洗浄を搭載しており、循環ポンプによって洗剤を満遍なく循環することができるので、泡だてながら洗濯物にふりかけるために、しっかりと汚れを落とすことができます。

また、投入口も広いためシーツや毛布など大きなものも、引っかかることなく入れることができて、洗濯機自体に傾斜がついているため楽に洗濯行えます。

洗濯自体にも段差がなく、楽々掃除をすることができるため、洗濯内の様子も上から見ることができ安心です。

見た目もモダンなオシャレな洗濯機ですので、浴室内の雰囲気を壊すことなく溶け込めるデザインになっております。

 

シャープは、温水洗浄で汚れを落とし、さらに超音波ウォッシャーという超音波で、部分的な汚れを落とす機能も搭載されており、徹底的に汚れを落としたいという方には、すごくおすすめな洗濯機です。

10分洗濯コースというものもあり、軽い汚れなどは素早く洗い干すことができ、省エネにもなり、プラズマクラスターも搭載されておりますので、生乾きの匂いを対策することもできます。

 

見た目もカッコよく、操作はボタンではなくガラストップの光るタッチパネルいなっており、大きく見やすいデザインになっております。

 

パナソニック 10.0kg 全自動洗濯機 泡洗浄W ホワイト NA-FA100H6-W

新品価格
¥91,400から
(2019/4/22 20:48時点)


シャープ SHARP (超音波ウォッシャー搭載) タテ型洗濯乾燥機 ハーフミラーガラストップ ダイヤカット穴なし槽 ブラウン系 ES-PU10C-T

新品価格
¥138,149から
(2019/4/22 20:51時点)


 

ドラム式洗濯機

ドラム式洗濯機では「パナソニック NA−VX9900L」「日立 BD−NX120CL」の二つです。

パナソニックは、洗剤と柔軟剤が自動投入機能がついているため、洗剤の量を入れすぎず、手を汚すことなく洗濯をすることができます。

 

また、外出している時にスマートフォンから洗濯の操作をすることが可能で、帰宅したら取り出して畳むだけということが可能です。

 

なかなか洗濯のすることが出来ない、コートや帽子なども洗濯することが可能で花粉ケア、除菌もすることができるほか、洗濯するたびに自動で洗濯槽をお手入れしてくれるため、黒カビの発生を防ぐことが出来ます。

 

日立は、洗濯容量が業界最大級の12キロで乾燥量も6キロと、容量を気にして洗濯することは少なくなります。

風アイロンというものを搭載しており、ワイシャツなどのシワを伸ばし、アイロンがけの手間を減らすことができ、家事の負担を減らすことができます。

最後のすすぎでは、高濃度の柔軟液を洋服に吹きかけることで、柔軟剤の香りを残し爽やかな香りが一日中続きます。

 

パナソニック ななめドラム洗濯乾燥機 11kg 左開き クリスタルホワイト NA-VX9900L-W

新品価格
¥279,000から
(2019/4/22 20:53時点)


 

日立 12.0kg ドラム式洗濯乾燥機【左開き】ステンレスシルバーHITACHI ビッグドラム BD-NX120CL-S

新品価格
¥253,798から
(2019/4/22 20:53時点)


 

 

スポンサーリンク

最後に

このように洗濯機には、たくさんの機能が搭載しており、家事が楽になること間違いありませんので、洗濯機を買い換えようとしている人は、是非この機会をきっかけに買い換えてはいかがでしょうか。

 

これから先、もっと高性能な洗濯機も出てくるかも入れませんので、定期的に自分の気に入ったメーカーの洗濯機をチェックしてみるのも良いかもしれません。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6.おすすめ 
フォローする
転勤から見える景色

コメント