ノートパソコンを会社や自宅で使うならデュアルディスプレイの効果は絶大

スポンサーリンク
  

 

デュアルディスプレイをおすすめする理由

パソコンを使用していて、「もっと画面が広かったらいいのに」と不満に思ったことがある方はとても多いかと思います。

例えば、Google ChromeやInternet Explorerなどのブラウザを開いて、ネットで調べ物をしながらWordで文章を作成する時に、まずブラウザを開いて調査してブラウザをタスクバーに下してWordを開いて作業をする、もしくはブラウザとWordのウィンドウを小さく表示してモニターに両方を表示して作業をされているのではないでしょうか。

 

この方法でももちろん良いのですが、ブラウザとWordを大きく表示して作業できると効率が良いことはわかっています。

今回は、2つのソフトを起動して作業を行う時などに、効率アップを図れるとても便利な機能であるデュアルディスプレイをご紹介してみます。

 

スポンサーリンク

デュアルディスプレイとは

デュアルディスプレイは、何か特別なソフトをインストールする必要はありません。

パソコンを購入した状態で、すぐに活用することができる機能になります。

 

やり方はとても簡単で、デスクトップパソコンの場合は、モニターを接続するためのインターフェース(HDMI、DVI、アナログRGB、ディスプレイポート)が複数ある場合が一般的です。

そのインターフェースに、2つモニターを接続するとデュアルディスプレイ接続が完了です。

 

ノートパソコンの場合は、ノートパソコンの側面や背面にモニターとのインターフェースがありますので、そのにモニターを接続をすると、デュアルディスプレイ接続が完了です。

これで作業できる領域がモニター2つ分になりました。

 

次に、デスクトップ画面で右クリックをして、「ディスプレイの設定」をクリックすると、2つのモニターの配置を設定できますので、2つのモニターをどのようなレイアウトで使用したいかをお好みの方法で設定してください。

 

もしもよく分からないということであれば、ネットで調べてもらうと簡単に設定できるかと思います。

これだけの設定で、非常に快適に作業を進めることができる環境が手に入ります。

 

スポンサーリンク

複数のソフトを同時に作業する方

2つ以上のソフトを起動して、同時に作業をすることが多いという方には、間違いなくデュアルディスプレイはおすすめです。

 

・Excelで表を作りながらWordでも文章を作成する
・お客様の情報が記載されているPDFを見ながらWordで見積書を作成する
・お客様の仕様書を見ながらプログラミングを行う
・片方はAmazonを開き、もう片方は楽天を開いて同じ商品の価格を比較する
・YouTubeで動画を見ながらWordで文章の作成を行いたい

 

上記は一例ですが、2つの画面を開いて並行して作業を行う状況は非常に多いと思います。

その時に、モニターが1つしかないと作業効率が非常に悪く、ストレスがたまってしまいます。

 

ぜひ、デュアルディスプレイを活用して、2つのモニターに大きくそれぞれを表示してサクサクと、効率良く作業を進めてください。

作業効率が一気にアップして、ストレスを低減することができます。

 

スポンサーリンク

ノートパソコンでの効果は絶大

ノートパソコンを会社や自宅で使用されている方は、デュアルディスプレイの効果は絶大です。

 

持ち運びに便利なノートパソコンですが、持ち運び性とモニターの大きさは天秤なので、どうしてもモニターの大きさがデスクトップパソコンと比較すると、小さくなる傾向があります。

小さいモニターで作業をすると見にくく作業効率も悪く、疲労もたまってストレスになります。

 

会社や自宅など持ち運ぶ必要がない環境で使用する場合は、ノートパソコンに追加のモニターを接続してデュアルディスプレイにすることを強くおすすめします。

こうすることで、ノートパソコンのモニターと追加のモニター分の作業領域を確保できますので、効率良く作業を行うことができ、出張や旅行の時には持ち運び性に優れたノートパソコンの特性を最大限に活用することができます。

 

ノートパソコンを使用されている方は、状況に応じてデュアルディスプレイを活用することを強くおすすめします。

 

スポンサーリンク

まとめ

パソコンを長年使用されている方でも、意外に活用していないデュアルディスプレイという機能を今回は紹介してみました。

 

デュアルディスプレイは、本当に便利な機能ですので、知らないと損だと思っています。

デュアルディスプレイを1度体験して、それに慣れるともう戻ることができないくらい、とても便利な機能です。

 

最後に簡単にまとめてみると、

・パソコンを購入した状態で、ソフトなどインストールせずに、デュアルディスプレイは活用できる。
・デスクトップパソコンはモニターを2つ、ノートパソコンにはモニターを1つ接続すると、すぐにデュアルディスプレイ接続を構築することができる。
・複数の処理を同時に行いたい方には、断然おすすめで、作業効率アップとストレスの低減を図ることができる。
・自身のモニターが小さいノートパソコンで特に効果が大きい。

 

パソコンを使用した作業は、長時間になると疲労やストレスがどうしても増加してしまいます。

簡単にできて、効果が絶大なので、ぜひデュアルディスプレイを活用してみてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6.おすすめ 
フォローする
転勤から見える景色

コメント