優しい音色のアナログレコードで、新しい趣味と心の健康を増進しよう

スポンサーリンク
  

 

アナログレコードのススメ

最近、レコードを聞かれる方が増えておりますが、実はレコードを聴く事はその音質もさる事ながら、脳や健康に良い事が報告されております。

今回は何がその要因なのかと、そのオススメについてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

音の情報量の違い

レコードは音の振動をそのままレコード盤に記録してますが、CDや最近流行りのハイレゾ音(※DSD
方式以外)などデジタルメディアは、音をデジタル信号化して一定の時間感覚で音を数値化(サンプリング)してますので、つまり音を間引いて収録してます。

 

さらに、取り込める周波数範囲もレコードは、マイクから拾われた音の信号を、ほぼ収める事が可能ですが、CD等デジタルメディアでは、あらかじめ決められた周波数範囲のみを収録し、あとは切り捨ててます。(※CDの記録可能周波数上限=22.05kHz)

 

ではなぜ、この様な違いが生まれたかと言えば、CDは開発段階で収録可能な時間を優先する為、音のデータ量を少なくしようと考え、その際、人間の可聴範囲以外の音は必要無いという意向で排除し、結果可聴範囲とされる範囲を中心とした音のみ収録する事になりました。(規約化)

 

よくCDの音は硬い、レコードの音は柔らかいと評される事が多いですが、この可聴領域のみ収録した事が大きく起因し、最終的にレコードの音が好まれる大きな要因につながりました。

 

スポンサーリンク

高周波の効用

前段で述べたように、レコードとデジタルメディアには、記録される音の周波数範囲が異なるわけですが、このデジタルメディアで排除された周波数成分、特に高周波成分が以前より人間には心地良いと感じるのではないか、また、レコードの音に感じる柔らかさの大きな原因ではないのか、と様々な研究が行われました。

よくレコードの音は心地よい、癒されるなどの言葉を耳にしますが、実はこの高周波成分の研究の結果、それが単純に人間の感覚的なものだけではない事が分かって来ています。

 

スポンサーリンク

脳や健康に良い?

実は、レコードに含まれる高周波(特に超高周波)を聞くと脳だけで無く、体にも良い事が分かってきているのです。

 

「音を聞くだけで?」と思われるかも知れませんが、実は音が人間に及ぼす影響は思った以上に大きいのです。

例えば、カン高いバイクなどの音は不快に感じますが、風鈴の親や川や木々のせせらぎ等の自然音を聞くと心地良く感じることと思います。

 

これらは、人間が進化の過程で生得的に備えた音に対する反射的な感覚で、実は意識ではなく無意識レベルで反応しています。

そしてレコードには、その無意識レベルで心地良く感じ、脳に良い刺激をもたらす高周波数帯の音域が再生される為、脳が癒しを感じひいては心身の健康へとつながります。

 

アナログレコードを一定時間聞いた実験では、アルファ波が大量に検出され、発せられる超高周波は脳の深部にまで影響を与え、活性化されたとの実験報告もあります。

 

また、一説には人間は音を耳だけではなく、皮膚からも感じているのではないか?との報告もあり、つまり、可聴領域を超えた高周波は耳でだけでなく、皮膚を通して無意識が感じているのではないか、また、良い音は聞くだけではなく、浴びる事でも健康につながるのではないか、との考えを持つ専門家もおられます。

 

なにはともあれ、音が心地よいだけではなく、健康に迄良い可能性があるとの事ですから、利用しない手は有りません。

 

スポンサーリンク

レコードにはぜひ真空管を

レコードを聴く際、更に音質と共に健康アップを期待したい場合は、真空管アンプを通す事をオススメします。

 

実は、レコードの音を聞くだけでも十分良いのですが、真空管アンプを通すと、その癒しの音成分に含まれるの中でも、更に人間が心地よいと感じる音成分(偶数倍音)をアップしてくれるのです。

 

以前から、コアなオーディオファンには音が柔らかい、自然などの理由で真空管アンプが好まれますが、これにもれっきとした物理的にも理由があったのです。

真空管といえば、高価、扱いが難しい、メンテが面倒そう、等のイメージを持たれる事も多いですが、実は最近は小さくコンパクトで安価な物もあります。

 

そして、できればスピーカーも考慮し、こちらも健康への好結果のデータ迄あるスピーカーが有ります。

タイムドメイン社から発売されているスピーカーで、このメーカから販売されているいずれのスピーカーも原音忠実再生に特化しており、楽器をされる方が聞けばわかりますが、細かい音まで綺麗に再生され、通常濁って聞こえる音までクリアに聞こえます。

 

スポンサーリンク

まとめ

アナログレコードの魅力は、いかがでしたでしょうか。

 

本格的にいちから機材を揃えるのは費用も労力も掛かりますので、まずはスピーカまで一体になった簡易なプレーヤがありますので、そちらから始められても良いかも知れません。

そして、徐々に欲しい機材を揃え、いい音を追求するといった過程で更なる楽しみが見つかるかと思います。

 

中古レコードショップ等に行くとわかりますが、現在CD化されていない音源に巡り会う事も少なくなく、更にはCDに比べて比較的安価ですので、ハマる方は一度に10枚以上なんて事もあります。

 

そして、それらは安価だけでは無く、音もCDに比べて豊かなのですから、場所を取ったり、多少扱いを丁寧にしないといけない等注意しないといけない事もありますが、それらを含めてもメリットが多いのです。

 

昨今の忙しい日々、これを機にレコードの音を聴きながら、ゆっくりコーヒーを飲む時間を設けて心身の健康を図ってみてはいかがでしょうか。

 

 

アナログレコード盤に興味を持ったら、是非聞いて欲しいオススメ5盤
20〜30代にオススメのアナログ盤 近年のアナログ盤ブーム 2017年頃から巷ではアナログ盤(レコード)が人気となってきて、取扱店が増えてきています。 最近は新作アルバムをアナログ盤でも出すアーティストも増えて来ています。 「星野源」はこれまでのアルバムをアナログ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
6.おすすめ 
フォローする
転勤から見える景色

コメント