2018 北海道帯広(十勝)の冬(然別湖コタン)を楽しんできました(その2)

スポンサーリンク
  

 

十勝地方の冬は本物です(Ⅱ)

 

(2018.02.10 – 02.11)

さて、昨日は豊頃町でのジュエリーアイスを見学して、自然の偉大さ・素晴らしさを感じ、本日のメインは、然別コタンです。

 

昨日の様子

2018 北海道帯広(十勝)の冬(ジュエリーアイス)を楽しんできました(その1)
十勝地方の冬は本物です (2018.02.10 - 02.11) 北海道へ来て、3回目の冬を迎え、北海道こそ夏の時期だけでなく冬を体験したいと思い、2月の連休を利用して、本物の冬を楽しんできました。 豊頃町(とよころちょう) 北海道十勝総合振興局管内の中川郡にある町である...

 

スポンサーリンク

 

2日目(2/11)

笹井ホテル

笹井ホテルで朝から美人の湯(モール温泉)を堪能した後、朝食です。

 

本日は帰る予定なので、あまり遅くならないように、早めの行動に心がけました。

なんと言っても、暗くなると道路の状態が見えなくなり、事故になる確率が大きくなるからです。

 

さておいて、朝食もビュッフェ方式でした。

 

 

 

十勝地方の朝靄はこんな感じでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

 

然別湖へのアクセス

然別湖までアクセスを色々考えました。

 

 

1:自分の車で運転していく
2:路線バスで往復


1:は雪道でかつ山道
事故したらどうしよう?

2:時間帯が限られる
路線バスの時間は?、車両の置き場は?

 

結局、路線バスで往復することにしました。

さて、どこで乗るか?
車両はどこに置いておくか?

 

 

時間帯は良いのはありました。

変えることも考えて、帯広駅よりも拓殖バス鹿追営業所から乗って、車もそこに置いておけば良いのではないか?

(googleマップでみると、営業所に置くことが出来そう)

 

 

8:58 鹿追(営)乗車 → 然別湖 降車 9:38

然別コタン 約3時間半 滞在

13:10 然別湖 乗車 鹿追(営)降車 13:50

これに決定しました。

 

笹井ホテルを8時頃に出発。

いざ、出向くと失敗でした。と言うのも、鹿追営業所までの道は、大雪と氷で固まっている道路で、滑りながら、また、時間に間に合うようにスピードを調整しながらの運転で、これなら然別湖まで自分で行った方が良いのかも?と思いました。

 

やっとの思いで、拓殖バス鹿追営業所までたどり着きました。
(到着時間 8:50頃)

待っている人が5人程度。

「皆さんコタンですか」と聞くと予想通り、ついでに、バスはまだ来ていないことを確認して、車を止めて用意しました。

 

(これは帰りのバスですが)

 

 

スポンサーリンク

 

然別コタン

2018.1.27(SAT)-3.21(WED)

 

しかりべつ湖コタン

Lake Shikaribetsu Igloo Village

 

 

まもなく、バスに乗り込み約40分、山道を登りトンネルを出ると、そこには然別湖が見えました。

 

  ホテル風水(ふうすい)

 

ホテル福原は閉館となっていました。

 

ネイチャーセンター(アクティビティするならここ)

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

アイスバー

最初にアイスバーをのぞいてみました。

 

 

中に入ると

 

 

氷のテーブルに氷のイス。

さすがに、アイス物でなくホットラテを注文。

 

 

スポンサーリンク

 

アイスチャペル

1番遠くにアイスチャペルがありました。

 

 

しっかり、お祈りしておきました。

 

 

スポンサーリンク

 

露天風呂

氷上露天風呂です。

足湯もありましたので、誰でも参加できます。

 

 

時間帯で男女・女性専用等区切られています。

 

 

 

折角ですから、入浴中!

外国人(白人)さんのカップルがいらっしゃたので、撮影してもらいました。

さすが外人さんの女性もタオル一枚で、いいですねー。

 

 

その後、日本人のカップルも着替えに来ましたが、水着着用でした。

 

 

露天風呂から、こんな風景を見ることが出来ます。
(後で撮ったのですが、山の天気の変わり様は早い)

 

 

スポンサーリンク

 

昼食

ネイチャーセンターで昼食をとりました。(2F)

 

 

 

ジャガイモピザ:500円

 

 

手作りビーフシチュー:900円

 

 

スポンサーリンク

 

その後

13:10の路線バスで、鹿追営業所までのり、帰路につきました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

今回は、急に思い立っての1泊2日の旅でしたが、冬の北海道を満喫できる旅でした。

 

冬の北海道と言えば、オホーツクの流氷が思い出されますが、この「ジュエリーアイス」・「然別コタン」も寒さを感じることの出来るいい場所です。

 

 

あと、どのくらい北海道にいられるか分かりませんが、皆さんも夏の北海道ではなく、冬の北海道を体験してみてはいかがでしょうか。

 

 

昨日の様子

2018 北海道帯広(十勝)の冬(ジュエリーアイス)を楽しんできました(その1)
十勝地方の冬は本物です (2018.02.10 - 02.11) 北海道へ来て、3回目の冬を迎え、北海道こそ夏の時期だけでなく冬を体験したいと思い、2月の連休を利用して、本物の冬を楽しんできました。 豊頃町(とよころちょう) 北海道十勝総合振興局管内の中川郡にある町である...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2.転勤先
フォローする
転勤から見える景色

コメント