腰回しダイエットは、インナーマッスルを鍛え、骨盤矯正効果あり?

スポンサーリンク
  

 

意識せずに過ごしていると、滅多に使うことがない筋肉を使えることが、腰回しダイエットの高い効果を持つ理由です。

 

腰回しダイエットは、世間で実践されている幾多のダイエットよりも、手軽に実践できるという強みがあります。骨盤のズレや歪みを、腰回し運動で矯正するというものです。

 

ずれが生じた 骨盤をあるべき形に戻すためには、一方向だけの回転ではなく、左右のどちらも回すことが大事です。

 

お腹に溜め込まれていた体脂肪を効果的に消費するためには、腹回りの筋肉を積極的に使う腰回しダイエットが適しています。

 

腸の機能を高め、お通じをよくする作用も、腰回しの運動にはあるといいます。

ダイエットにいいだけでなく、健康にいいことは、とても魅力的です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

胃腸の消化がうまくいってなくても、腰回し運動を行うこどて腸への刺激が 外部から加わり、お通じがよくなります。

 

腰回し運動の影響で、腸が積極的に動くようになると、長年の便秘も自然と解消されます。

道具や設備がなくても、誰でも気軽に行えることが腰回しダイエットのいいところです。

 

体一つあれば、道具はなくても腰回しはできます。 とはいえ、もともと腰が痛い人は、症状が悪化する可能性がありますので要注意です。

 

腰回し運動のいいところは、片手間にできることです。

歯磨きをしつつ腰回し、テレビを見ながら腰回しなども、実践が可能です。食事30分以内に腰回しダイエット運動をすると、消化がうまくできなくなって、お腹が痛くなることがあります。

 

 

腰回しダイエットの人気の理由は、腰を回す運動をするだけというシンプルな方法であるためです。

 

下腹部をスリムにしたい人や、普段使うことがない体の内側の筋肉を強化したい人が、腰回しダイエットに取り組んでいます。

 

腰回し運動には、骨盤の開きを改善したり、美容効果を高めたりといった、ダイエット以外の利点も存在しています。腰に手をあて、姿勢を正し、足を肩幅ぐらいに開いて立ちます。

その姿勢で腰をゆっくり回します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

回す大きさは、浮き輪の内側程度を思い描くといいでしょう。

 

まず右へ腰を回し、一回転が終わったら左へと腰を回す動作とすれば、1セットが終わりです。

 

TV特集では 30 秒の運動でいいとしており、一方、書籍では 10 回ずつとなっています。

 

 

まずはできる範囲からスタートして、体が慣れてきたら、続けやすい回数だけ増やすというやり方がおすすめです。

 

 

急激な動きにならないように、時間をかけてゆっくりと腰を回していくほうが、ダイエット効果が高まります。

 

腰回し運動は、運動量としてはそれほどではないですが、インナーマッスルを鍛え、骨盤矯正効果があることが、大きな魅力です。

 

人の体は、骨盤の歪みがあると体のバランスが悪くなり、代謝が低くなってしまいやすいと言われています。

 

腰を右へと回した時と、左へと回した時とで、回しにくい、 回しやすいという差がある人は、骨盤のどこかに歪みがある場合が少なくありません。

 

 

骨盤の状態を適切なものにすることで、腰が右と左どちらも回るようになります。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
5-3:ダイエット
フォローする
転勤から見える景色

コメント