メタボリックシンドローム

スポンサーリンク
  

 

メタボリックシンドローム(その1)

メタボリックシンドローム(通称メタボ)は、ある程度の年齢を超えた人たちで、若いころのような食事の仕方をしているとなりやすいと言われています。

若いと筋肉量などの基礎代謝が確保されているので、特に意識して運動しなくても太りにくい体質となっています。しかし、年配になると、それらが崩れていきます。

 

スポンサーリンク

 

そうなると、内臓型肥満による肥満体型の人で、かつ、血圧血糖値が高かったり、血中脂質が高い状態にあ る人が、メタボリックシンドロームと言うことになります。

 

生活習慣を見直し、メタボリックシンドロームの 症状を緩和しないと、動脈硬化や、糖尿病など、深刻な問題が起きることがあるようです。

 

 

体に負荷が少ないダイエットをすることによって、メタボリックシンドロームを改善することができるといいます。

 

多少、体型が変わっても生活に不便はしていないからといって、何もしないでいると、どんどん体形が崩れて本当にメタボリックシンドロームということになってしまいます。そうならないためにも、ダイエットに取り組みましょう。

 

急にまた極端なやり方でダイエットをすると、健康を損ねる可能性も高いので、体の調子を確認しながらダイエッ トに取り組むことが大切です。

ダイエットをする期間を長く設定することで、リバウンドが起きづらくなるため、ダイエットの回数は必要最低限で済みます。

 

体を動かし運動不足を解消す ることと、ダイエットに適した食事をすることが重要です。

 

 

塩分の少なめの食事にすること や、野菜を献立に取り入れることが、ダイエットをしている時は大事です。

 

スポンサーリンク

 

日々の食事に、メタボリックシンドロームになる原因が潜んでいる人は多いようです。まずはそこを洗い出し、野菜は1日 400g はとりましょう。高カロリーの肉や油を減らすには、代わりになるような野菜を積極的に食べることが、合理的なのです。

 

ダイエット効果のある運動をしたいのであれば、体内の脂肪を燃焼させるための有酸素運動を行うことが大事です。

ダイエット効果を目指すなら、ウォーキングのような有酸素運動を1日20分以上を目安にして、継続する習慣をつくることです。

 

 

野菜を取り入れたり、有酸素運動を継続したりすることは、なかなか出来ることではありません。

しかし、いろいろな器具や方法論がありますが、結局のところ無理なく体に優しいダイエットはこれしかないと思っています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

メタボリックシンドローム(その2)

見た目の印象はスリムでも、よくよく見れば腹回りだけが大きいという人は、珍しくもなくなっているといいます。

 

下腹部が突き出している場合、メタボリック症候群の可能性がありますので、健診でチェックしてみて ください。

メタボ体型になるのは、カロリー過多な食事をしていたり、体をほとんど動かさない生活をしている時に、起こりやすいといいます。

 

 

生活のリズムを改善することが、メタ ボ腹を脱却し、健康状態を改善するためには重要なことです。ダイエットは、メタボ改善に欠かせないことですが、基本的な事項としてはとてもシンプルです。

 

お腹に筋肉がつけば、 脂肪も燃やしやすくなります。腹部の脂肪を効果的に燃やすには、腹筋を使う運動を率先して行うことが重要です。

 

ダイエットに効果的な運動をしたいのであれば、全身を使う有酸素運動を適度に行うようにすることも重要になります。お腹まわりの筋肉を使わずとも、有酸素運動で体重を減らすのは合理的な方法です。ランニングや、ジョギングを適度にやってみ ましょう。

 

スポンサーリンク

 

毎日の運動の習慣によって、体内の脂肪が燃焼しやすく、脂肪がつきにくい体になることが可能です。

 

 

たばこの吸いすぎや、お酒の飲み過ぎはメタボ体型に通じるものがありますので、お酒は適量に、たばこは完全に止めてしましましょう。

 

タバコを吸うことの出来る環境はどんどんなくなっており、経済的にも健康的にも良いことは一つもありません。

 

内臓脂肪がメタボに関わっていることが多いため、生活習慣が健康的ではない人は、ますます内臓脂肪が蓄積される恐れがあります。

 

お腹の筋肉を積極的に使い、腹部の脂肪の燃焼を促進することで、メタボ腹を改善することができるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

メタボリックシンドローム(その3)

どんな状態の人をメタボリックシンドロームというかは、厚生労働省によって定義されています。

 

ウエスト周囲径(おへその高さの腹囲)が男性85cm女性90cmを超え、高血圧高血糖脂質代謝異常3つのうち2つに当てはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。

 

体重や体型だけがメタボの問題点ではなく、メタボとは内臓脂肪が多すぎて、心臓にかかる負担が大きく、心筋梗塞や動脈硬化など命を脅かす可能性がある症状です。

 

運動不足と、カロリー過多な食生活が、メタボリックシンドロームになる大きな要因として、取り上げら れています。

たとえ、日々の仕事が立て込んでいる人でも、家のことが大変で自由な時間が極端に少ない人でも、体のためには 20 分くらいは歩く時間をつくることが大事です。

高血圧や、高血糖の原因に、食事の偏りがあります。特に肉や油ものを好んで食べている人は、血圧や血中脂質に気をつける必要があります。

 

スポンサーリンク

 

ダイエットを成功させ、メタボを脱却するには、やはり野菜をメインとした食事にすることです。

 

夜中にたくさんものを食べる習慣があると、1日で使い切れなかったカロリーが体内に留まり、体脂肪として蓄積される原因になって しまいます。

 

酒やたばこは、お腹のでっぱりが気になっている人は使用をやめましょう。メタボの背景には、アルコール摂取や喫煙があります。

 

食事を健康的なものにした場合でも、 お酒やたばこはダイエット効果を打ち消してしまいます。食事や運動など、メタボになった理由を解明することで、メタボ解消のダイエットで手がけるべきことがわかります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
5-3:ダイエット
フォローする
転勤から見える景色

コメント