ウエストダイエット

スポンサーリンク
  

 

ウエストダイエット(その1)

どういう方法でをすると、効果が得られるものでしょうか。

難しい技術やテクニックは必要としていませんので、やり方がわかれば、年齢や性別を問わずにウエストダイエットは行えます。

 

重心が体の中心になるように、背筋を伸ばして立つことがウエストダイエットの基本です。

ダイエットの成功度を上げるためには、しっかりとした姿勢をとって、きちんと準備運動をしてから取り組むようにします。姿勢よく立つことで、腰の筋肉をきれいに動かしていくことができるといいます。

 

腰部分の筋肉をよく使えるエクササイズをすることで、ウエストダイエット効果を上手に引き出すことができると言われています。

どういった姿勢でウエストダイエ ットをすると、腰の筋肉を上手に使うことができるでしょう。

 

お尻にキュッと力を入れて、背筋を伸ばし、筋肉に不要な力が入らないようにリラックスをして、下腹部に意識を集めるようにします。

ウエストダイエットを成功させるためには、最初の姿勢が肝心です。それから、軽く全身運動をすることで、体の筋肉を温めていきます。全身の筋肉を動かしやすい状態にしてからエクササイズをしなければ、体に不要な力が入りやすくなったり、骨盤の歪みを引き起こしたりします。

 

腰の筋肉をほぐすために骨盤をひねる運動などをしますが、その時に膝まわりの筋肉も使っていきます。

腰を引き締めるために、ウエストダイエットに取り組む時には、事前に軽く体を動かし、筋肉を温めておくことと、姿勢を正すことが必要です。

 

 

 

ウエストダイエット(その2)

 

運動によってウエストダイエットをしたいのであれば、腰を大きくグラインドさせて円を描くような運動をすることが、オーソドックスです。

最初の姿勢は背は真っ直ぐ、お尻の筋肉に力を入れて、へその下に意識を集中させます。そのまま、腰を大きく回しましょう。右、前、左、後ろの順に、弧を描くようにして腰を動かしていきます。

 

腰を回す時、お尻を突き出しすぎると運動量が少なくなるので、お尻を引き締め、突き出し具合はほどほどにするといいといいます。

1回回し終わった ら、その次に逆方向に腰を動かします。

回転の向きを変えながら、交互に運動をしていくようにします。左側に10回、右側に10回を一度の運動として行うことによって、腹回りの引き締め効果が期待できます。

 

ダイエットエクササイズによって腰を引き締める場合、腰の回転運動のほか、腰のウェイブを使うやり方も存在しています。

背を伸ばし、腰を回転させる運動と同様に直立した姿勢から始めます。

両手を所定の場所において、足は大きめに開き、腰を揺らす運動に取りかかるようにすることがポイントです。

体の中央に重心があることを意識した上で、脇腹を締め、右足へと重心を移すようにして、腰を動かす運動をしていきます。

一旦右側に重心が動いたら、元通りの位置に戻し、それから左側へと動かすことで、腰の運動をしていきます。

具体的な方法を知ることで、年齢や性別を問わずにウエストダイエットができるようになりますので、まずはやってみてください。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
5-3:ダイエット
フォローする
転勤から見える景色

コメント