単身赴任による野菜不足(ビタミン類)の解消方法を考える

スポンサーリンク
  

 

野菜不足を何とかして解消したい

単身赴任で、大変困ることの一つに食事があります。

 

特に、外食中心となったり、自分が作るにしても、野菜不足はなかなか解消されません。

 

 

今回は、その野菜不足解消を考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

一日に必要な野菜の量を知っていますか

バランスよく食べることが大切であることは、多くの方がご存知のことだと思います。

 

それが、健康や美容に大切であることも知っていることでしょう。

しかしながら、日本人は慢性的な野菜不足の人が少なくないと言われています。

 

大人が一日に必要としている野菜の量は、350グラム以上です。

 

 

これは、実際に見てみると想像以上に多く感じるかもしれません。

つまり、気合を入れて食べようとしなければ、なかなかクリアできない量かもしれないということです。

 

しかしながら、健康を気遣い、毎日しっかりと野菜を食べる生活を送っている方もたくさんいます。

朝、野菜ジュースを飲んだり、ランチタイムには大盛りの野菜料理を食べるようにしていたりします。

 

 

また、野菜を食べる際に茹でたり焼いたりして火を通したものばかり食べる方も多いかもしれませんが、これはあまり良いとは言えないようです。

 

もちろん、火を通した野菜料理も体に良いのですが、生の状態で食べることで得られる栄養素や成分もあるので、そちらも是非摂って頂きたいのです。

 

 

例えば、ビタミンCは熱に弱い栄養素の一つです。せっかくビタミンCがたっぷり含まれた野菜を食べているのに、火を通しているがゆえに、上手く栄養素を吸収できないこともあるのです。

 

パプリカは、野菜の中でもビタミンCを多く含んでいる野菜の一つですが、食べる時は煮たり焼いたりするほか、生の状態で薄くスライスするなどして食べるとよりたくさんのビタミンCを摂ることができます。

 

 

また、どの野菜であっても、生のままで食べると酵素が摂れます。

火を通すと酵素は壊れてしまいます。酵素も体に必要なものですから、是非たっぷりと摂りたいものです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

オススメの野菜摂取方法をご紹介

一番楽なのは、時間がある時にまとめてたっぷりの野菜をカットして、タッパーに入れて、冷蔵庫で保管することです。

 

野菜の中には傷みやすいものもありますので、そこは注意が必要ですが、まとめてカットしておくと、食べたい時にすぐに取り出してドレッシングなどをかけて食べることができて簡単です。

 

 

また、好みの野菜を酢漬けにしておくのもオススメです。

酢もまた体に良いとされていますから、一石二鳥です。酢に漬けておくと、日持ちしますので、そこもまたメリットと言えるでしょう。

 

 

暑い日などは、さっぱりとしたものを食べたくなるものです。冷蔵庫にいつもストックして置けば、便利ですし健康的です。

 

 

また、好きな野菜をジューサーにかけて、手作り野菜ジュースを作ってみるのもオススメです。

 

 

甘みが欲しければ、すこしだけハチミツをプラスしてみても良いでしょう。

 

最近は、お手入れが簡単な小さめのジューサーもお手頃価格で売られていますので、一つ購入してみても良いかもしれません。

 

 

ただし、野菜ジュースは傷みやすいですから、作ったらすぐに飲むようにしてください。

朝作ったものを、夜帰宅した時に飲むというのは良い方法ではありません。

必ず、飲む直前に作るようにしましょう。

 

 

野菜はできるだけ旬のものを選びましょう。

その方が栄養価も高いですし、何より美味しく食べることができます。

 

 

また、ここは好みが分かれるところですが、上質なオリーブオイルが一本あると便利です。

 

カットした野菜にかければ、香り豊かな上品なサラダにすることができます。

 

オリーブオイルは、便秘解消にも良いと言われていますので、是非試してみてください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

料理にはたっぷりの野菜を

普段の料理をちょっと工夫して、野菜をたっぷり摂る事が大切です。

 

よって、野菜をたくさん食べる工夫をしなければなりません。

 

いつものお料理に、いつも以上に野菜をたくさん入れるのも簡単ですのでオススメです。

 

例えば、カレーやシチューを作る際にたくさん野菜を入れても良いでしょう。みそ汁の具に、たっぷりの野菜を入れるのもオススメです。

 

 

ハンバーグやステーキなどの付け合わせに、塩を軽く振って焼いた野菜を多めに添えるのも美味しいです。

 

アスパラやネギ、玉ねぎ、ズッキーニ、ピーマン、シシトウなどをあぶると、これだけで甘みが増してジューシーになります。

 

ハンバーグやステーキなどのソースに絡めて食べると、凄く美味しいです。

また、夏は夏野菜がお手頃に購入できますので、ソースを作るのも良いでしょう。

 

トマトをたっぷり入れてソースを作り、スパゲティにかけて頂くのも美味しいです。

 

 

このように、特別なことをしなくても、今以上に野菜を食べることができます。

お料理があまり得意ではない方であっても簡単に作れますので、是非一度試してみてください。

 

 

そして、目標量である一日の摂取量350グラムをクリアしましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

野菜不足が気になっている方は、是非たくさん食べるように工夫してみましょう。

 

一日に必要な野菜の量は350グラム以上ですから、これを目標に頑張ってみてください。

 

 

たくさん野菜をカットして置き、タッパーに入れて冷蔵庫で保管すれば、いつでも食べることができて便利です。

 

 

ただし、傷む前に食べるように注意してください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2.転勤先
フォローする
転勤から見える景色

コメント