転勤によるマイルの意識と、北海道の『ししゃも』(鵡川は超有名)

スポンサーリンク
  

 

鵡川のししゃも

北海道へ転勤となって最初に行動したのが、ここの太平洋岸でのみ捕れる「ししゃも」を食べることにしました。

 

 

 

ここ鵡川では、秋になるとこれが旬で大勢の人が、秋の味覚を求め札幌方面からやってきます。

 

特に、鵡川の「カネダイ大野商店」は、特に有名らしく秋のこの時期は大賑わいです。

 

 

ちょうど赴任時期が10月末、やっぱり(旬)を味わってみるここにしました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

私がいままで食べていたのは、樺太シシャモ(カペリン)?とか言う、全く違う魚らしい。

本物は北海道の太平洋岸にてとれる魚です。

 

 

 

ちょうど時期が良かったので、車に乗って食べに行きました。

オス・メス 生・焼いたもの いろいろ売っていました。

しかし、まあ高いことにびっくりしました。

 

 

オス:味はこちらの方がいいとのこと
メス:卵が楽しめるらしい

 

ちょうどハーフ&ハーフ(ピザみたい)でおいてあったので頼んでみたところ、バカ舌の私にはよくわかりませんでした。

 

せっかくだから、ナマ(お寿司)でも食べましたが、ウーン?? 瀬戸内海のサヨリみたい。

 

 

一度は食してみたいと思いましたが、もういいや。関係者の皆様ゴメンナサイ

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

マイルの目覚め

突然の転勤と言うことで、北海道での仕事をするのは初めてで、過去には観光で来たことはあるのですが、本格的に住むと言ったら、まずは住まいから探さなくてはなりません。

 

しかし、見知らぬ土地でどこが便利なのか等々さっぱりわからないし、しかも、会社勤めの身で何日も住まいを探すのを許してはくれません。

 

また、北海道ー瀬戸内海 といえば移動手段は飛行機オンリーであり、便数が限られており羽田経由での移動となります。

 

 

会社経費ならまだしも、個人で捻出するとなると相当な費用がかかります。

(早く予約すれば、安く手に入れることは出来ますが)

 

XXヶ月に一回は帰省旅費が出ますがそれ以外は持ち出しです。

 

そこで

 

あれこれ探していたら、マイルをためてタダで行き来できる という情報をつかみました。

これは イケル!

 

 

これが世に言う、陸マイラーですね。

それまで、マイルをためているという話は良く聞いていましたが、まさかポイントからマイルに変換するとは想像もしていませんでした。

「けがの功名」かも!

 

 

スポンサーリンク

 

 

普通の人は(私も含めて)マイルは

①:飛行機に乗って貯める
②:飛行機系のクレジットを使って貯める

の2通りだと思っていることでしょう。

 

まさか、同じクレジットでも、作成時(申込時)に大量のマイルが貯まるとは思っていませんでした。

また、ポイントサイトがあるなんて、考えもつきませんでした。
(最初は、あまりにうまい話なので、詐欺かとも思いました)

 

 

 

この転勤が転機となって、マイルを貯め始めました。

今では(2018.09)、500,000マイルを超えています。

 

何度か、国内移動でマイルを得点航空券に変えましたが、まだまだ残高は豊富です。

特に、ANAのSFC(スーパーフライヤーズ)会員になるときに、結構使用しました。

 

 

いずれは、ビジネスクラスやファーストクラスで、海外に行ってみたいと思っていますが、まとまった休暇を取ることが出来ずに、貯まるのが現状です。

 

そろそろ、有効期限がくるので、頭が痛い状態です。
(うれしい悩み)

 

ここでは紹介しませんが、その当時はポイントサイトでためたポイント×0.9位で、マイルが貯まったので、毎月の上限である18,000マイルを貯めるのは、そんなに苦ではありませんでした。

 

特に初案件が条件というのが多く、初年度は容易くポイントは集めることが出来ます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2.転勤先
フォローする
転勤から見える景色

コメント