令和元年(2019)日高春うに『あま屋』と静内桜まつり「二十間道路桜並木」

スポンサーリンク
  

 

日高春ウニと静内桜まつり

今年のゴールデンウィークは10連休(世間では)であり、最終日の5月6日に日高地方のウニを食べるために行って参りました。

昨年も『あま屋』さんの春うに丼を食べましたが、その時に心残りであった「春うに玉手箱」をどうしても食べたくなって行ってきました。

 

また、静内の桜並木も桜が咲いていない時には行って見たのですが、桜並木も気になっていました。

 

昨年はこちら

2018 日高春ウニ(春うに)は「あま屋」さんのウニ丼がおすすめです
日高春ウニ 「あま屋」さんのウニ丼 念願の、日高春ウニ(春うに)を食べてきました。 北海道の食と言えばいろいろありますが、そう「ウニ」はその最たるものです。 昨年も、日高の春...

 

スポンサーリンク

しずない桜まつり

激混みするという話を聞いたので、最初に二十間道路桜並木のある第56回静内桜まつりに行くことにしました。

 

無料の日高道を、最後の日高厚賀インターチェンジまで乗って、その後国道235号線をひた走り、新ひだか町(静内)まで走って、そこから山の方向に行くとあちらこちらに看板がありました。

 

しずない桜まつりが 5月1日~6日 まで開催されていて、今日は最終日です。

 

北海道新ひだか町
北海道新ひだか町の公式ホームページ。くら...

 

昨年、一昨年と桜を見ることが出来なかったので、今年こそはと思って、気合いが入っています。

そうこうすると、到着しました。

 

朝早く出発し、9時30分頃には到着していたので、激混みと言うことではありませんでした。

特に、昨日の5月5日は天気もよく最終日前日であったので、おそらく混んでいたと思います。

 

素晴らしい眺めであり、ここまで長い距離の桜並木はさすが北海道!って感じです。

 

 

幅二十間(36m)総延長8km、直線7kmという雄大なこの道の両サイドには約2,200本の桜があります。

割合として、エゾヤマザクラ:70% カスミザクラ:30% の割合だそうです。

日本の道百選
北海道まちづくり100選
さくら名所100選
新・日本街路樹100景
北海道遺産
花の観光地づくり大賞

などに選ばれています。

 

アップでも撮って見ましたが、北海道など寒いところの桜は、花と葉っぱが同時に出てくるのですかね。ちょっと不思議な感じです。

 

スポンサーリンク

優駿メモリアルパーク

途中、優駿記念館があったので立ち寄ってみました。

 

あの有名であった(若い人や競馬に興味のない人は知らないかな?)オグリキャップの像がある「優駿メモリアルパーク」に入ってみました。無料でした。

競走馬のふるさと案内所
引退した名馬の牧場見学データベース。馬、牧場、地図から検索可。見学マナー、見学Q&A、馬産地の知識が学べる。

 

 

中に入ると、賞状やトロフィーなど、ところ狭く飾ってありました。

 

中は、そんなに広くはないですが、オグリキャップのDVDが流れていて、グッズが沢山売られていました。

 

タオルマフラーを買って後にしました。

スポンサーリンク

日高春うに『あま屋』

優駿記念館を出ると、10:30 頃であったので、早速「あま屋」さんに行くことにしました。

 

 

着いたのが、10:45 頃でした。

 

早速中に入ると、11時からオープンと言うのに満員でした。早速、順番の用紙はすでに2頁になっており、上から数えてみると22番目でした。

 

恐るべし、あま屋。!

 

名前を呼ばれたのは、約1時間待った頃で、カウンターに通されました。

 

白木を使った清潔的な雰囲気です。

 

 

さて、なににしようか?、肝心のメニューは。

 

昨年食べた「春うに丼(70g)」・「牛トロうに丼(20g)」・「春うに玉手箱(60g)」で迷いましたが、春うに玉手箱にしました。

 

4,700円(税抜き)、かなり高いのですが、昨年も迷ったので、ちょっと奮発しました。

 

待っている間に、昨年と同じく「いつまで、春うにを提供されるのですか?」と聞いて見たら、同じく「5月の末くらいまでですが、漁の関係で20日過ぎからは、電話をかけて聞いてみて下さい」との回答でした。

 

醤油だれのウニを潰してかけて食べます。白飯なので醤油をかけてもしつこくないですね。

 

うーーーん、うまい。

 

ウニだけでなく、アワビ・タラバガニ が上にあったのはわかりますが、なかに大きく分厚いホタテの貝柱が入っていました。

 

日高のエゾバフンウニは大きくて、甘い・うまい、言葉ではこれしか言えないけれど、ウニは最高です。

 

しかし、4,700円は庶民にはかなり高いです。もしこれからもう一度食べるなら、「春うに丼(70g)」3,800円にするかな!

だって、春ウニを食べに来たのですから、その上10gも多く入っています。

 

QUICPay で支払いを済ませて、帰路につきました。

 

あっそうそう、温かいコーヒーが無料でありましたので、もらって帰りました。
(帰りにセブンイレブンで100円コーヒーを買う予定でした)

 

 

2018 日高春ウニ(春うに)は「あま屋」さんのウニ丼がおすすめです
日高春ウニ 「あま屋」さんのウニ丼 念願の、日高春ウニ(春うに)を食べてきました。 北海道の食と言えばいろいろありますが、そう「ウニ」はその最たるものです。 昨年も、日高の春...

 

北海道の景勝地は多いけど、積丹は”ウニ丼あり”のおすすめ場所です
積丹ブルーとウニ丼 今年も(2018)行ってきました、そう、北海道の景勝抜群の”積丹”ウニ丼です。 この地区のウニ解禁は、6月から8月であり、生ウニを食べることの出来る時期です。 北海道でも有数...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2.転勤先
フォローする
転勤から見える景色

コメント