お盆休みに(お好み焼き)

スポンサーリンク
  

 

8月7日に、北海道より郷里の瀬戸内海に予定通り帰ってきました。

台風でどうなるかと思っていましたが、特に問題はありませんでした。しかし、羽田からのルートはいつもとは違って、台風の居座っていた大阪近辺を避けて、和歌山の方を迂回しての帰り道でした。まあ、どこを通っても空港へ着けば良いのですから。

帰ったらいつもの友人との「飲み会」・「ゴルフ」を楽しんだ上、お墓参りをして参りました。しかし、いつ帰っても温かく迎えてくれる友人は良いものですね。

今回は、そのほかに変わった動きもなく、ゆっくりとしてきました。

 

しかし、北海道とは違って、暑いですねえ。

日中はともかく、朝晩の気温はあまりにも違います。いつまでたってもエアコンのスイッチを切ることはありませんでした。まあ、北海道で冬場に暖房のスイッチを切らないのと変わりはありませんが。

 

地元の焼き肉店、同じくお好み焼き店には行ってきましたよ。

 

しかし、お好み焼きと行っても、地元ではありますが「広島焼」ではなく、「関西風」のようなものです。

チェーン店ではありますが「徳川」というお店です。ぜひ、行って見てはいかがでしょうか。

ここからどうぞ

やはり、北海道のお好み焼きとは(麺・粉・お好みソース)が違って、やはり口に合っているので、美味しいですね。

 

そして、また8月の16日には、仕事場である北海道へ舞い戻ってきました。サラリーマンですから、いつまた転勤があるかもしれません。

まあ、長くてもあと2~3年でしょうから。

そう考えると、北海道を楽しまなくちゃなりません。こんどはどこに行こうかな?

特に、ここは夏と冬で全く違った顔を見せるので。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2.転勤先
フォローする
転勤から見える景色

コメント