ANA陸マイラーにとって必要なクレジットカードは?

スポンサーリンク
  

 

追記:2018.09.28

遅ればせながら、マイルへの変換ルートは3月を持って、大きく変わってしまいましたので、また、別の形でお知らせします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

北海道に転勤になり飛行機に乗る機会が増えたので、ANAマイルをため初めたのです。

 

ANAマイルを貯める方法は、飛行機に乗ったり、クレジットカードを使用したりで貯めるものだと思っていましたが、違うって話は以前しました。

しかし、その2通りでも 少しずつは貯まっていくものです。

 

 

あくまでマイルをためようと思ったら、

ポイントサイト各種

中間合算サイト

ソラチカ(メトロ)

ANA

 

 

しかし、私は出張と帰省である程度はANAに乗る機会が多いので、純粋な陸マイラーではありません。

よって、これまではポイントサイトを知らずに、クレカを作ってしまいました。

今考えるとホントにもったいないと思ってます。

 

 

今これを眺めている人は、私のようなドジ・ヘマはしないように、まずポイントサイトに登録してからクレカを発行しましょう。

これはずっと口を酸っぱくして言い続けますよ。

 

 

スポンサーリンク

 

以前 (ポイントサイトを知る前)

リクルートカード・プラス 今はもう発行できませんが、使用金額の2%のポイントがもらえていました。

私はこれをポンタポイントに替え、ローソンや大戸屋で買い物や食事をしていたのはほんの1年前ですね。

このカードはedyにもチャージしていました。

ホントによくポイントの貯まるカードでした。

 

中間 (ポイントサイトを知ってから)

当然、最優先がソラチカ(東京メトロが発行している「ANA To Me CARD PASMO JCB」)

しかし、買い物には使用せず。

買い物は、Extreme Card(エクストリームカード) → Gポイント → メトロ → ANA還元率は1.35% 年間30万以上使えば年会費 無料

 

現在

ANAワイドゴールドカード(これに付随する 電子マネーID)
日頃使用はこれオンリー。

マイ・ペイすリボへの登録+WEB明細書サービスにて、年会費割引され(9,500円)になります。

しかも、うまく使えば還元率1.5%以上になります。

本ポイント    →  ANA
ボーナスポイント → (PEX or Gポイント) → メトロ → ANA

 

後のカードは持ってるだけ。

時々、ポイントのためだけに発行したカードは、10ヶ月を目安に解約しています。

 

しかし、2018年3月をもって、ソラチカへのポイント移動が出来なくなって、今までのルートは無理になってしまいました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

新たに、「ニモカ」ルートや「LINE」ルートです。

今までのようにポイント×0.9で、貯めることは出来ませんが、0.81で貯めるルートは残っています。

しかし、「ハピタス」の位置取りはやや下がってしまいました。

 

ポイントサイトの交換比率は、改悪との戦いですから仕方がありません。

 

また、すばらしいルートが出てくることを期待します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
3.ANA
フォローする
転勤から見える景色

コメント