ANAマイル(陸マイラーの端くれ)は誰でも貯めることが出来ます

スポンサーリンク
  

 

聞き慣れない陸マイラー?

ANAマイルの貯める方法を私が知っている限りのことを書き留めます。

たいていの人は、簡単に(?)貯めることが出来ます。

 

その前にマイルって、

①飛行機に乗って貯める
②提携クレジットカードで貯める

と、思っていませんか。

間違ってはいませんが、こんなのでは、よほどの出張族お金持ちしか貯めることは出来ません。

 

しかし、本当に一般人が十数万マイルを貯めようと思ったら、これでは無理です。

一般人の飛行機に乗る機会は、年数回、クレジットカード使用も年間200万円?。

 

ここで正解は

ポイントサイトからのポイント移動です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

以下は、

転勤族で飛行機を使用する方はもしかして参考になるかも。(ANA限定)

 

 

大手企業さんなら帰省に関わる旅費が一ヶ月に数回出たり、最低でも月一は認められているでしょう。

しかし悲しいかな、我が身はその立場にありません。

北海道と瀬戸内海を往復するとなると直行便が少なく乗降時間がいいのがなく、羽田経由となってしまします。

 

 

最近は「○○割」とかで、早めに押さえておけばかなり安くはなりますが、それでもサラリーマンにはキツいものがあります。

そこでマイルをためてタダで帰ろうということになりました。

 

しかし、みなさん「マイルって飛行機乗ったり・クレジットカードで支払いしたりなかなか貯まらないよね。」って言います。

しかし知っている人は知っている方法があることがわかりました。

これも急な転勤がなかったら一生知らなかったでしょう。感謝

 

 

スポンサーリンク

 

まず最初は

①:ソラチカカードを作りましょう   (ANA To Me CARD PASMO JCB)

②:ポイントサイトに登録しましょう

③:ポイントをマイルに交換しましょう

この3点でOK、ただし、少しの根気と時間がかかります。
しかし、初心者ほど最初は早く貯まります確実に!!

 

①これがソラチカカード

 

これがないと始まらない。

 

 

②ポイントサイト(最初はこの2カ所)
理解が進んだ時には増やしていこう。

ハピタス
ちょびリッチ

 

 

 

③ポイント交換ルート

 

私の場合、2016/05 から全くの素人で始めて 300,000マイル以上 貯まることが証明されています。

帰省に使ったり、いずれは海外旅行にビジネスクラスで行きたいと思っています。

(まだ、学習中、何せ海外旅行はハワイにしか行ったことありません、それも団体で。)

 

 

スポンサーリンク

 

実践編

①ソラチカカードを作りましょう。(ANA To Me CARD PASMO JCB)

皆様はやっぱり、「カードで支払ってポイントためるのなら知ってるぜ」という声が聞き取れますが、このカードは使用しません。

(使っても良いですが)持っているだけです。

年会費 2,000円/年 かかってしまいますが経費としてあきらめてください。

この魔法のカードで③のポイント移行がとっても有利に働きます。

但し、ルールが変わったらこの限りではないのですが。

最初にすることが多いので次にいきます。

 

 

②ポイントサイトに登録しましょう。

上記の【ハピタス】・【ちょびリッチ】の2カ所は、怪しいポイントサイトがたくさんある中で、古参で信頼の置けるサイトです。

 

ここをクリックして新規作成でOK。

後で、いろいろ分かってきますが、まずは登録しましょう。

 

もし、ご夫婦や信頼の置ける2名様以上で行動を起こすなら、まずお一人がこのサイトから登録し、次の人はその人の紹介で申し込んだ方が後々有利です。

最初はあまり考えずにクリックしましょう。

 

 

③ポイントをマイルに交換しましょう。

ここからはまだ少し時間がかかるので、もう少し後でご説明します。

 

この後はまた後で、次回をお楽しみに!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
3.ANA
フォローする
転勤から見える景色

コメント