国内特典航空券(ANAマイル)とLCC(格安航空会社)はどちらがお得

スポンサーリンク
  

 

国内特典航空券

 

 

北海道から郷里の故郷までは、ANAしか飛行していないので、当然のごとくANAマイル1本に絞って、マイルを貯めてきました。

 

 

 

これが、結構知らないうちに貯まるものです。しかし、なかなか、休みが取りにくい仕事柄、特典航空券を使っての、海外旅行は経験がありません。

 

陸マイラー皆様の、体験記を読んでいると、うらやましく思えてなりません。「いつか自分も」と思ってはいるのですがね。

 

帰省の時にANAマイルで国内特典航空券で帰ろうかと思うのですが、なんとなく踏み切れません。

というのは、北海道からの直行便がなく、羽田経由の旅ですので、レギュラーシーズンでのマイルは7,500よって、往復には7,500×2×2=30,000マイルの使用となります。

 

乗継旅割で、1ヶ月前に予約すれば、38,000円くらいで往復できます。これでは、ちょっと損した気分で、マイルを使う気になれませんよね。

 

 

ANAさん、このシステムどうにかなりませんかね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

最近では、北海道内の移動で、千歳ー女満別・釧路ー千歳で、知床・根室の旅に行ってきました。次は、沖縄1泊2日、あるいは2泊3日を計画してはいますけど。

 

やはり、特典航空券は、海外ビジネスクラス、あるいは憧れのファーストクラスで使いたいものです。

 

 

 

千歳ー成田

そういえば、以前サッカーで県立カシマサッカースタジアムまで行くのに、千歳ー成田、千歳ー羽田で発行しようかと思ったのですが、これも千歳ー成田のLCCの方が安く、もったいないのでANAマイルは使用しませんでした。

 

 

 

 

さて、この新千歳空港なのですが、毎回、お土産屋さんでは新しい商品が並び、昔に比べてオシャレな商品がふえましたね。

 

今回は、ノースファームストックさんのバーニャカウダーを購入してきました。

 

 

こちらの商品は、北海道産のにんにくと国産のアンチョビを使用したソースで、野菜スティックにつけて食べるも良し、バゲットに塗ってかるくトーストするとワインのおつまみにもなったり、本当においしいのです。炒め物に少しプラスすると、途端に本格的なイタリアンな雰囲気に包まれます。

 

いつも、帰省時にお土産としてプレゼントしたら喜んでくれます。このノースファームストックさんは、他の商品も本当にオシャレです。

 

ビンもスタイリッシュだし、見た目も鮮やかなものが多く、北海道のお土産としては私の中ではお気に入りの一つです。

でも、ニンニクは「ダメ」って人も多いですからね。自分もあまり強いのは苦手なんです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

だから、いつも自分用に必ず買って、食べるものとしてはロイズの「板チョコ」か、きのとやの「焼きたてチーズタルト」、ペイストリースナッフルスの「チーズオムレット」です。

 

ロイズって生チョコのイメージですが、けっこう美味しいのが、ラムレーズンが入った板チョコで、チョコの中のラム漬けレーズンがぎっしり入っています。

 

 

もしかしたら、食べすぎると車の運転は控えたほうがいいんじゃないかと思うレベルのお酒の効き具合です。また故郷へ帰る時には、このチョコをもう少し大目に買ってこようかなっとも思っています。

 

 

しかし、北海道の「」に関しては、美味しいものが沢山あって、選ぶのに迷ってしまいます。

 

 

 

結局のところ、国内移動に関しましては、ANAマイルを使った「特典航空券」とLCC(格安航空券)のどちらを使うかは、ケースバイケースですね。

 

特に、LCCはマイナーな飛行場であれば、かなりお得感があり、メジャーな場所であるのなら、そこまでお得感はないのが現状ですね。

 

もうひとつ、ANAマイルをスカイコインに変えて支払うことも検討に入れると、様々なケースがあります。

 

 

旅することは、そんなことの選択を楽しむことかもしれません。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
3.ANA
フォローする
転勤から見える景色

コメント