ANAさん、それはおかしいよ!

スポンサーリンク
  

 

特典航空券

 

 

特典航空券のマジック(ではないかもしれないが)があり、とても困っています。

私のような弱小マイラーは、年間20万マイルを毎年のようには貯めることが出来ません。

初年度はなんとか貯まるのですが、初回案件が終わると田舎で出来ることは、ネット経由で買い物するくらいです。

 

クレジットカード発行は出来ても1枚/月ですね。これ以上発行すると、審査落ちとなり6ヶ月おとなしくしないと、他のクレジットカードの審査が通りません。

また、特に最近はクレジットカード発行ポイントが減っているようです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

さて、特典航空券は距離にかかわらず、シーズンでほぼ一定です。(近場と遠くは違う)

 

たとえば、北海道から瀬戸内海近辺の直行便がない場合、羽田経由となります。当然、2つの経路を使うのでマイルも多く使用することとなります。

 

たとえば、松山空港へ行くとします。

 

例 5月22日 千歳 → 松山

一般航空券  乗継旅割

となります。18,780円、結構安いですよね。

スカイコインに替えて乗るのが一番お得

でも、1ヶ月前でないと乗継旅割は使えません。その後になると36,580円は高いので特典航空券のほうが良いです。

 

では、進めていきます。

特典航空券 1

直行便がないので発行することが出来ません

 

従って

特典航空券 2

2つの経路で発行するしか方法はなく、羽田経由で 15,000マイル必要となります。

ちょっと、弱小マイラーの私にはもったいないです。

 

 

千歳 → 沖縄 でも 10,000マイル なんか不利ですよね。

しかし、まあしょうがないのでこうするしかありません。どなたか、良い方法知ってる人はいませんかね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ここから、あり得ないけど他の方法があります。ソウル経由で帰ると1日多くかかりますけど以下の通りとなります。

 

特典航空券(国際線)

現金が 6,060円 かかりますが、12,000マイルで帰ることが出来ます。

 

何か納得いかないのは私だけでしょうか。

これだけANAに乗っても12,000マイルですむのなら、飛行機に乗ること自体が好きな方はお得かも。でも、そんな人はいないと思いますよ。

 

 

これが、タイトルにした「ANAさん、それはおかしいよ!」です。

それとも、どこかに私の方におかしいところがありますかね。

 

 

こんど、時間が余ってしょうがないときにやってみよう。

これなら、ソウル経由で直行便のない、いろいろなところへ行くこと出来ます。

でも、疲れるでしょうね。また、パスポート必須! 当たり前ですね。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
3.ANA
フォローする
転勤から見える景色

コメント

  1. 自分だったらどうするか考えてみました。私が千歳から松山だったら関空まで特典航空券で関空から松山がpeachですかねぇ。これなら7500マイル+3000円〜5000円で移動できるのでは無いでしょうか。peachの時間帯とLCCのデメリットを許容できるかと言う部分はありますけど。ソウル経由よりは安いです(笑) 参考になれば。

    • ありがとうございます。とめきち様

      しかし、松山ならピーチが飛んでいますが、宇部とか岩国とか米子ならどうしようもないのです。
      また、安く帰る方法を見つけるのが目的ではなく、国内2経路飛行と、ソウル+国内飛行しても同じくらいのマイルが必要なのは、設定がおかしいのではないかとANAさんに言いたいわけです。