ストレッチ運動とダイエットの関係

スポンサーリンク
  

 

健康のためや、美容のためにダイエットをやったことがある人は大勢いますが、大抵の人が、体を動かしたり、食事を見直すダイエットを行っています。

運動量が多くなければ、ダイエットができないということはあり ません。

 

ストレッチ運動のダイエットもあります。

スポーツのような華やかさはないものの、 ストレッチは続けることで代謝の高い体質になることができる運動です。

新陳代謝を高くするためには、筋肉の増強をはかることが効果があるといいます。

お腹を鍛えるには腹筋を、腕の筋肉を鍛えるには腕立て伏せという印象は多くの人が抱いています。

ストレッチのような、筋肉の曲げ伸ばしを主体とするような運動でも、筋肉の増強効果が期待できると言われています。

ある程度の筋肉がないと、ストレッチをしても筋肉を鍛えることはできませんので、最初の運動が肝心になってきます。

スポーツや運動を好まない人は、1日数分のストレッチの時間をもうけることで、ダイエット効果を引き出しやすくなります。

 

 

朝から晩まで立ちっぱなし、あるいは座りっぱなしで体を動かすことが少ない人は、ストレッチで血流を改善しましょう。

ずっと姿勢を変えずにいると、筋肉が伸びたまま、あるいは縮んだままで固くなり、疲労物質が蓄積されたり、血液の流れが停滞したりして、エネルギー代謝が悪く なります。

体脂肪を燃焼させるためには、血液に酸素を取り入れて、筋肉にまで送り届けることが大事です。

ストレッチは、筋肉をほぐして血液を巡りやすくします。ストレッチ運動なら、1日数分でできますし、広いスペースがなくても行うことが可能です。

 

スポンサーリンク

 

ストレッチは、ただ脂肪を燃やすだけでなく、体脂肪をエネルギーに変えやすい体づくりによいといいます。

ストレッチは、ダイエットに役立つばかりではなく、健康にもいい影響が色々とあります。

病気予防や、老化対策にも効果があると言われています。

1日じゅう同じ姿勢をしている人や、年による体の老化が気になってきたという人には、ストレッチが向いています。

 

 

体の隅々まで血液が流れるようにストレッチを行うことで、四肢の冷えに悩まされていた人や、むくみのひどい人も、症状緩和が期待できます。

むくみは太って見える一因でもあるので、ストレッチによる運動はダイエット効果をもたらしてくれます。

脂肪とむくみは全く別のものですので、脂肪を減らしてもむくみがなくなりはしませんが、ストレッチで新陳代謝を活性化すれば、むくみはおのづとなくなります。

体内を巡っている血液や、リンパ液を流れやすくすることで、むくみが減り、体が細くなって見えます。

体内に存在するリンパ液の循環が悪くなると、体の中に不要な老廃物が排出されずに残りますが、ストレッチではむくみ予防が可能です。

皮下脂肪の多い場所にできるセルライトは、本来なら体から出さなければいけない老廃物が、皮下脂肪に結びついてできてしまったものです。

セルライトがあるとダイエットをしづらくなりますが、ストレッチはセルライト予防に有効です。

ストレッチを行うことによってダイエ ット効果だけでなく、美肌効果も手に入れることができるのです。

専用の器具や、設備がなくても、ストレッチならば簡単に取り組めて、ダイエット効果を上げることができるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ダイエットのためにストレッチをしたいなら、どんな方法か有効でしょうか。

効果的なダイエットストレッチをしたいならば、どんな時間にストレッチを行うかに注意をするといいと言われています。

バスタイムの直後にストレッチをするとダイエットに有効です。

 

なぜ入浴後なのかというと、入浴後は体が温まることによって程よく筋肉が柔らかくなっているため、筋肉が通常より伸びやすくなっているからです。

緊張から解き放たれて、一息ついている時であることも、ストレッチに適している要因の一つです。

朝、起床後は筋肉が固くなっていますので、ストレッチをしてもダイエットの効率が高くないことは、知っておく必要があります。

筋肉がまだ固い段階で、強引なストレッチをしていると、筋肉に負担が強いられて、結果的に筋肉の機能を損ねてしまう場合がありますので要注意です。

 

それ以外には、ストレッチは食事後 30分以上が経過してから行うようにしていきましょう。

食後30分は消化機能が盛んに働いていますので、その間は運動や風呂もおすすめしません。

食後に血流をよくしてしまうと、消化のために胃腸に集まっていた血液が分散してしまって、消化を阻害してしまうからです。

泳いだり、走ったりといった運動と違って、ストレッチは体全体を一気に使う運動にはなりません。

体の中でこの部分を使いたいという場所の筋肉を使う運動です。

ストレッチの方法は様々です。 腕、足、肩、お腹、ふくらはぎなど、使いたい筋肉を効果的に動かせるようなストレッチをして、ダイエットに活かしましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
5-3:ダイエット
フォローする
転勤から見える景色

コメント