SCRAPが行う『リアル脱出ゲーム』と言うイベントに参加がおすすめ

スポンサーリンク
  

 

リアル脱出ゲーム

会場に集まった参加者が、1人で、複数で、決められた人数で協力しながら謎を解いていき、迷い込んだ謎から脱出することを目指すというイベントです。

 

これまでもゲーム機での謎解きは昔からありましたが、それが現実の場所で実際に行われ、自分自身が頭だけではなく、体も使って脱出を目指すのが「リアル脱出ゲーム」です。

 

 

数年前からブームが始まり、今ではイベント会社のビル内だけではなく、遊園地を貸し切ったり、街中を歩きながら謎解きをするというような、いろいろなものが行われています。

 

スポンサーリンク

SCRAP(スクラップ)

リアル脱出ゲームを開催しているイベント会社です。

SCRAP
Just another WordPress site

 

東京をはじめとして、大阪、名古屋、福岡、札幌など日本全国に店舗を持っています。

そこでは謎解きが平日・休日問わず行われています。
(それぞれ定休日はありますので、確認は必要です。)

 

同じ公演が同日中に数回行われていますので、自分の都合の良い時間のチケットを購入して参加できます。

基本的には1人でも参加可能です。

 

ただ、内容によっては謎を解くグループ人数が決まっているので、友人や家族などその人数を集めて参加しても良いですし、その設定人数に間に合わなくてもその場の申し込み者でSCRAP側がグループを作ってくれるので、1人でも気にせず参加できます。

 

 

また、新宿には東京ミステリーサーカスというテーマパークのビルがあり、そこでは初心者から上級者まで誰でも楽しめる謎解きが行われています。

「リアル脱出ゲーム」の他にも「リアル潜入ゲーム」「リアル捜査ゲーム」があり、10分という短い制限時間のものや、じっくり謎を解くもの、街中に繰り出して謎を解いていくものなど、そこでしか楽しめないものもあり、謎解きファンにはたまらないテーマパークとなっています。

 

スポンサーリンク

どんな脱出ゲームがあるの?

ゲームの設定が、名探偵コナンやドラゴンボールなどのアニメや、吉本とコラボしていることも多く、それぞれの設定内で謎を解いていくものがあります。

 

SCRAPがオリジナルで考えた謎解きの公演もありますし、難易度や開催期間、参加費も様々です。

アニメの場合、内容を知っていた方が物語の中に入りやすく、謎に挑みやすい部分はありますが、知らなくても謎を解くのが本題なので、脱出は可能です。

 

また、期間限定となりますが、実際の遊園地で脱出ゲームが行われることもあります。

 

閉園後の夕方から夜に始まり、制限時間内に遊園地を歩き(走り)回り、謎をすべて解けば脱出成功です。

 

脱出ゲームが始まるまでは普通の遊園地なので、昼の間に遊びながら、どこにどんなものがあるか下調べしておくこともできます。

昼の間に存在していた遊園地が、脱出ゲームが始まると風景が脱出ゲーム仕様の違うものに変わっているので、違う世界に迷い込んだような、不思議な感覚が味わえます。

 

 

他にも、街中を歩きながら謎を解いていくものもあります。

スマホでラインを使ったり、アプリをダウンロードする必要がありますが、電車に乗ったり街を歩き回って謎を解いていきます。

 

謎解きが始まって終わるまで、ずっと歩きっぱなし状態になりますので、その覚悟をして参加しないといけませんが、普段は行かない街中を歩くことになるので、知らないお店との出会いなど、謎解き以外の面白さもあります。

 

スポンサーリンク

参加方法

まず、プレイガイドや店頭で前売り券、もしくは当日券を購入します。

 

多くの公演は前売り券の方が安くなっていますし、1回の参加人数には限りがあるので、前売り券を購入しておくほうが確実に楽しめます。

 

 

そして参加には、用意されているその公演に必要なキットを渡してもらって、時間になったらゲームスタートです。

 

もらったキットを最大限利用して、司会の方の話にも、流れる映像などにも注意を払い続けて、1つずつ謎を解いていって下さい。

制限時間内にすべての謎が解ければ、脱出成功です。

 

途中で行き詰った時に、ヒントをもらえることもありますので、使えるものは全部使って脱出を目指します。

脱出できなかった場合でも、最後に正解を教えてもらえます。

 

スポンサーリンク

まとめ

脱出ゲームの謎は、勉強が出来るから解けるものではなく、ひらめきやアイディア、色んな角度から出された問題を見るかが重要なので、小学生でも外国の方でも参加できます。

 

親子で参加できるのが楽しさの1つですし、その場でグループを作って参加できるのも面白いです。

 

脱出できなくても、最後の答え合わせを聞けば、なるほどと思えるものばかりですし、そう思うと脱出するのは決して不可能ではないことが分かり、くやしさがどんどん湧き出てきます。

 

脱出できるとまずは達成感を味わえます。

そして脱出できなかったチームがいた場合、自分たちは解けたという優越感を感じられ、嬉しくなります。

 

成功・不成功どちらにしてもまた参加したいと思えるイベントですし、次から次へと違うテーマのゲームが開催されていますので、飽きることがありません。

 

何度も参加すると、自分の経験値が上がり、無駄な時間を使うことも減り、脱出成功率は上がっていくようです。

SCRAPが出しているゲームや本(絵本)もあるので、そういうもので頭を柔らかくしてから挑むのも成功に向けた作戦かもしれません。

 

これまで参加したことがない方は、気軽なイベントとして一度参加してみるのをお勧めします

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6.おすすめ 
フォローする
転勤から見える景色

コメント