名古屋メシだけでなく中国人も行く中国料理のおいしい中華料理店3店

スポンサーリンク
  

 

おいしい中華料理店 3店

皆さん、名古屋に来られたことはありますか。

 

名古屋にも、たくさんの名物料理があり、一般的には、”名古屋メシ”と言われています。

例えば、”味噌カツ”,” 味噌煮込みうどん”, “エビフライ”,” きしめん”, “あんかけスパゲティ”などで、“台湾ラーメン”というのもあります。

しかし、それだけではなく、中華料理のおいしいお店もたくさんあります。

 

今回は、中国人が行くおいしい中華料理店3店を紹介いたします。

 

スポンサーリンク

名古屋に中華料理のおいしい店があるのはなぜ

名古屋市の人口は、230万人で外国人住民の方は8万3千人と言われています。

 

名古屋には、横浜中華街や神戸の南京町, 長崎新中華街のようなチャイナタウンエリアはありませんが、中国籍の人が経営している中華料理店が結構たくさんあります。

特に、外国人住民の中で一番多いのは、中国籍の方で、2万3千人とされており、名古屋市に住んでいる人の100人に1人は中国人なのです。

 

スポンサーリンク

おいしいお店とは

お金を出せば、いくらでもおいしいものは食べられます。

例えば、ホテルに出店している老舗のお店などは、高級食材も使われていますし、当然、おいしいお店も多いでしょう。

今回、ご紹介するお店は、どこも、1人あたり 2,000~3,000円でお腹いっぱい食べられて、お酒もそこそこ飲めるリーズナブルなお店ばかりです。

 

そして、誰でもが食べた瞬間に「おいしい!」と思えるお店で、「これが本場の中華料理かも?」と感じるお店です。

 

スポンサーリンク

おいしいお店3選

 

東北大冷麺(とうほくだいれいめん)

この店は、矢場町駅から約400メートル, 池田公園のすぐそばにあり、栄からも徒歩10分以内です。

 

私が初めてこの店を訪れたのは、3年前で、中国語の社会人クラスの懇親会で、中国語の先生のおすすめで来ました。

中国の東北地方, 地図でいうと、遼寧省, 吉林省, 黒竜江省あたりで食べられている料理や火鍋が人気です。

 

「羊の肉がこんなに旨い」ということに、この店に来て初めて気がつき、もしかすると牛肉を超えるかもしれないと思ったくらいです。

 

特に、スパイシーな羊肉串は絶品で、スペアリブや羊肉の水餃子もいけてます。

 

また、病みつきになりそうなのは、ジャガイモの細切りをニンニクと酢と砂糖でいためた料理で、「ただのジャガイモなのにどうしてこんなにおいしく調理できるのでしょう」と思います。

友人と一緒に行ってもみんな箸がすすみます。

 

もちろん、麻婆豆腐もチキンも青菜炒めも空心菜もおいしいです。

 

先日は、学生時代の仲間とここへ来ましたが、カレイの揚げ物の甘酢いためが人気でした。

 

若干の問題は、お店の方がほぼ100%中国人で、中には、日本語があまり通じない人もいます。

ですから、予約する際には、中国語が話せる人に頼む方が無難です。

 

もちろん、予約なしでも入れますが、週末は、19時を過ぎると中国人が列を作るので、開店(17時)直後に入店することをおすすめします。

料理のメニューは、すべて絵付きになっていて、味や食材は想像できるので問題ありません。

 

【基本情報】
住所:名古屋市中区栄5-5-31
電話番号:052-262-0311
最寄り駅:矢場町駅から400メートル
(池田公園のすぐそばです)

 

 

麒麟楼(きりんろう)

ここのお店も中国人が多いく、場所は、地下鉄の今池駅から約400メートルほどです。

おなじく、このお店も中国語の先生の紹介です。

手作り中華料理の種類は200種類ほどあり、定番なものから珍しい料理まで、大抵の料理が食べられます。

カテゴリーとしては、点心や 台湾料理のお店として紹介されていますが、何を食べてもおいしいと思います。

 

特に、この店の料理を食べて、香菜(シャンツァイ),コリアンダーがおいしいと思いました。

ランチメニューもありますし、夜の営業は午前4時までやっていますので、夜遅い人には、助かるお店なのです。

紹興酒から白酒まで、中国のお酒もそろっています。

 

また、コース料理もあり、しかも、一人¥2000円からとなっており、お店の人に予算と希望を言えば、相談に乗ってくれます。

 

冬の季節の火鍋もおいしいです。

 

 

【基本情報】
住所:名古屋市千種区今池南1-25
電話番号:050-5597-4801
最寄り駅:地下鉄「今池」駅(8番出口)より徒歩3分
今池駅より約400メートル

 

 

四川(しせん)

地下鉄「港区役所」を出て、港図書館を過ぎると四川の看板が見えてきます。

店の中は、4つの丸テーブルがあり、奥も和室で2つの丸テーブルが並んでいます。

この店は、テレビでも何度か紹介されているお店で陳健民さん,陳健一さんの四川飯店と深い関係のあるお店です。

四川料理の中で特に、1番おいしいお店と言っても過言ではないでしょう。

 

効率を考えてなのか、お店に入ると、”そのテーブルに座って”とか”奥から詰めて座って”とか座る場所を指定され、つまり、基本が相席です。

 

そう言われても全然気にならないのは、店員さんの人柄の良さと、どうしてもここの料理が食べたいという気持ちで店に来るからでしょうか。

スムーズに店に入れればいい方で、土曜日の12時半を過ぎるとかなり列が出来ています。

 

日替わりランチメニューがいつも3種類用意されており、A,Bが辛い料理, Cが辛くない料理と決まっています。

メインの料理の他、ライスと漬物、スープ付きで¥800です。

 

もちろん、日替わりランチをオーダーする人も多いのですが、2, 3人に1人は、“麻婆豆腐”か”担々麺”か”汁なし担々麺”をオーダーします。

どちらも食べた瞬間から辛いのですが、旨味が辛さを勝ります。

 

特に担々麺は、いくつかあるテーブル席から「辛い、でも旨い。」といつも聞こえてきます。

 

痺れる辛さとは、まさにこの味だと思うのですが、唐辛子の辛さを最大限に引き出した料理がこれではないでしょうか。

もやしとネギとチャーシューがトッピングされているのですが、それぞれが、黄色の麺と赤いスープにピタッと合うのです。

 

ごはんと一緒にオーダーする人や、エビチャーハンと一緒にオーダーする人もいて、担々麺は、間に食べるごはんが、どれだけ担々麺の旨さを引き立てることか、それだけでは食べきることができないほど痺れます。

食べ終わった後も、2時間くらいは口の中に担々麺の味が残っていますが、また「次も四川に行こう」そんな気持ちにさせてくれる味です。

 

【基本情報】
名古屋市港区港楽1丁目1
TEL:052-653-6322
ランチは11:00から夜は17:00から
木曜定休日

 

スポンサーリンク

まとめ

名古屋には、中国籍の方が多く、名古屋メシだけでなく中国料理のおいしいお店もいくつもあります。

 

食べた瞬間おいしいと思えるお店には、日本人だけでなく、中国人もたくさん来てます。

 

今回は、特に美味しいと思われるベスト3店として、矢場町の「東北大冷麺」、 今池の「麒麟楼」、 港区の「四川」を紹介しました。

お店の電話番号も載せていますので、名古屋に行った時「中華料理が食べたい」と思った時に、是非参考にして、訪ねてみてはいかかでしょうか。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
7-2.国内
フォローする
転勤から見える景色

コメント