歌に苦手意識がある人必見、カラオケを上手に歌うコツをご紹介

スポンサーリンク
  

 

カラオケのコツ

今回は、カラオケのコツについてご紹介していきたいと思います。

 

友人や会社の同僚などとカラオケに行った際、上手に歌うことができたら鼻が高いはずです。

また、歌うことにコンプレックスがあり、カラオケに仲間と行くことを躊躇してしまうという方もいるのではないでしょうか。

カラオケに行かないという選択肢ももちろん良いと思うのですが、難しい専門知識なく、歌が上達するのであれば少しは興味が湧いてくるのではないでしょうか。

誰でもできる、カラオケで上手に歌うための裏技がいくつかあるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

キーの選定

歌唱自体について考える前に、まず第一に自分の声の高さに合ったキーの曲を選ぶことが重要です。

明らかに自分の声の高さよりも高い曲を選ぶと、歌唱力の有無に関わらず、声が裏返ったり、聴いている人に窮屈な印象を与えてしまいます。

 

まずは自分が無理なく声を出せる曲を知り、自分に合った曲リストを作ることをおすすめします。

また、カラオケのデンモクについているリモコン機能を使えば、キーを変更することもできます。

 

どうしても歌いたい曲が自分にとって高すぎたり低すぎたりする場合は、キー変更機能を使って曲の高さを調節してみてください。

歌を上達させると考えると、ストイックな練習をイメージするかもしれませんが、歌を上達させずとも、デンモクのボタンひとつで無理なく声を出すことができるようになるのです。

 

また、周りに高い声が出なくて悩んでいる方がいれば、曲のキーを変えることをおすすめしてみてください。

 

スポンサーリンク

声を響かせる

カラオケで意気込んで歌うと、つい声を張り上げてしまうことがあります。

こうすると、かえって声が出にくくなってしまいますし、すぐに声が枯れてしまう原因になります。

 

まずは、声をカラオケの部屋の中に響かせるイメージで、力を抜いて歌ってみてください。

力を抜いて響かせることで、声もよくなっていることに気づくと思います。

 

とにかく、無理に声を出さないということが重要で、無理に出さないと出ない高さの曲なのであれば、デンモクでキーを変えればよいのです。

 

スポンサーリンク

腹式呼吸を使う

テンポの早い曲などで、歌いながら苦しくなった経験はないですか?

 

その原因は、胸で呼吸していることにあります。

胸で呼吸した場合、一度に吸える空気が少ないので、短時間に何度も呼吸しなければならなくなり、息が苦しく感じるのです。

 

おへその下あたりに空気を入れるイメージで息を吸い、お腹をへこませながら声を出してみてください。

そうすると呼吸に余裕が出てきます。

お腹をポンプのように使うイメージです。

 

わざわざお金をかけてボイストレーニング教室に通う前に、とにかくお腹に空気をため、その空気を声と一緒に吐き出すことをイメージしてみてください。

 

スポンサーリンク

水をこまめに飲む

水やお茶を、こまめに飲むようにしてください。

 

喉が乾いていると声が枯れやすくなりますし、冬場の場合はとくに、カラオケで長時間歌った後に外にでると菌を拾い、風邪をひきやすくなってしまいます。

健康管理のためにも、水分はこまめに摂るようにしてください。

 

また、水分補給は可能な限り水やお茶がベストで、糖分や塩分を多く含んだジュースは、喉を乾燥させてしまいます。

スポンサーリンク

自宅での練習

実は、カラオケを自宅で上達させるための裏技が2つあります。

1つは、フクロウのように「ホーホー」と声を出すことで、このような声を出すことにより、喉が開き、カラオケで声を出しやすくなります。

 

もう1つは、水の入ったコップにストローを入れ、ストローから息をはきながら高い声を出す方法です。

子どもの頃によくやって両親に怒られた、あの泡がぶくぶくと出てくるやつです。

あれをやりながら、高い声を出していきます。

 

この裏技を繰り返すと、不思議にもカラオケで声が出やすくなります。

どちらの方法も外でやると少し恥ずかしいので、ぜひ自宅で誰もいない時に行ってみてください。

 

スポンサーリンク

ひとカラでの練習

1人でカラオケに行くことを、「ひとカラ」と呼ぶそうですが、最近は、一人でカラオケに行く人も増えてきています。

そんな時は、ぜひ下記で紹介する練習方法を試してみましょう。

 

マイクを使わずに歌う

マイクで歌うと音が加工されるため、本来の自分の声を確認しにくくなります。

マイクを使わずに歌うことで、自分の声を直に聞くことができ、上達につながります。

 

また、マイクを使わずに声を響かせることで、無意識に声を響かせようとするようになるため、自然とよい声で歌うことができるようになります。

 

マイクのスイッチを切り、マイクを持って歌う

マイクにスイッチが入った状態だと、無意識に声を小さくしてしまいます。

 

そこで、マイクにスイッチを切った状態にして練習することで、マイクがあっても、堂々と声を出す感覚を身体に覚えこませることだできます。

 

マイクのスイッチを入れて歌う

最後に、マイクのスイッチを入れ、通常の状態で歌ってください。

この時、マイクなしで歌っていた時の感覚をイメージすることが重要です。

 

音が増幅させるとつい声を小さく出してしまうので、そうならないよう意識してみてください。

きっと、以前よりも声が出やすくなっているはずです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、カラオケで上手に歌うコツをご紹介しました。

 

歌に苦手意識があり、付き合いでカラオケに行くのがおっくうという方も、この機会にぜひ今回ご紹介したコツを試してみてください。

きっと、カラオケが楽しくなってきますよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6.おすすめ 
フォローする
転勤から見える景色

コメント