コンビニで簡単に手に入る調味料で料理をワンランクアップさせる方法は

スポンサーリンク

 

オススメワンランクアップさせるコンビニで手に入る調味料

今回はコンビニで調達できる調味料で、ワンランクUPする料理を食卓にあげる方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

S&Bブラックペッパー(あらびき)

「コショウなんて家にもあるよ」、そんな風に思うかたも多いかもしれません。

野菜炒めに塩コショウなど、どこのご家庭にも普通のコショウはあり、食べ慣れている調味料だと思われます。

 

なじみが深い分、新しさはあまり感じられないかもしれません。

そもそも、料理自体に既にコショウが入っているしと思われる方もいるでしょう。

 

しかし、ちょっと待ってください。

料理をつくるのではなく、あくまで味変と考えたときに、このブラックペッパーは、どんな料理にも合います。

普通のコショウと違い、あらびきでその存在が、はっきりしているブラックペッパーは、買ってきたコンビニ弁当に一振りするだけで、そのぴりりとした黒コショウ独特の香りが、いつものコンビニ弁当を、ちょっとだけ高級なものに引き上げてくれます。

 

また、コショウには殺菌作用や消化を助ける作用があるといわれているので、ストレスが多い現代人にとっても、嬉しい効果が期待できるかもしれません。

代謝を上げる効果もあるといわれているので、ダイエットなどの健康につながることも期待できます。

黒コショウというと、ピザやパスタなどの洋食に使われるイメージが強いですが、今回はかつ丼にもためしてみました。

 

普通のコショウに比べて、爽やかな香りと粒をかんだ時のピリッとした刺激がアクセントになり、いつも食べ慣れたコンビニのカツ丼を、美味しく食べることができました。

通常よりも満足度の高いコンビニ飯になり、これは食卓だけでなく、会社のデスクにひとつ忍ばせてもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

S&Bシナモン

シナモンというと、お菓子作りの材料ぐらいしか思い浮かばない方も多いかもしれません。

しかし、このシナモン漢方でも使用されているのです。

 

漢方では、桂皮とよばれ毛細血管の老化防止の効果が期待できます。

また、生活習慣病にも効果が期待できるといわれています。

ただし、漢方薬にもなるものなので取りすぎは禁物です。

 

シナモンは、ブラックペッパーと違って、料理に直接振りかけるというのは日本人の口にはあいません。

しかし、菓子パンやアイスクリームなどに振りかけると、間食や甘いものを食べても罪悪感なく食べることができます。

 

また、最近はコンビニで紙カップに入ったコーヒーを買う方が多いと思われますが、そんな人には特におすすめです。

大手コーヒーチェーン店では、砂糖などのトッピングを置いているコーナーに、実は大抵の場合シナモンが置かれているくらい、シナモンとコーヒーの相性は抜群です。

 

シナモンの甘く爽やかな香りで、コーヒータイムがより優雅なものとなるでしょう。

甘いのが好きな方は、砂糖入りのシナモンシュガーも売っているので、そちらをチョイスしてもいいかもしれません。

 

ただし、ダイエットを気にされている方は、砂糖が入っている分、カロリーや糖質に注意する必要があるので、使いすぎには注意しましょう。

 

スポンサーリンク

S&B四川風辣油

食べるラー油や島ラー油のブームが過去のものとなった昨今、なぜ、わざわざラー油と思われる方も多いかもしれません。

 

しかし、これは本当に革命です。

パッケージには麻婆豆腐になんて書いてありますが、麻婆豆腐だけではもったいないとおもいます。

この四川風辣油はどんな料理にもマッチする、まさに革命的な調味料です。

 

蓋を開けると花椒の実の爽やかな香りであり、辛いといっても尖った辛さではなく、油に香りと旨味が溶け込んでいて、辛いものが苦手な人でも、かけすぎなければ十分に楽しめるタイプの、まろやかな辛味です。

 

他にも調味料を紹介してきましたが、あくまでそれらはどの食材とも穏やかにお互いの良さを発揮するだけでした。

試しに、コンビニ弁当だけでなく、蒸し鶏や豆腐などコンビニで売られているいわゆるダイエット飯にかけたところ、さらにその真価を発揮します。

たんぱくで飽きてしまっていた味が、ほんの一滴で劇的に美味しくなります。

 

油といってもほんの一滴、二滴程度なのでカロリーとしてもそんなに気にならないと思います。

ダイエットをしていなくても、食べたくなるくらい花椒の香りが、爽やかで癖になる味わいです。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、コンビニで手軽に買える調味料を紹介してみました。

たかが調味料と思っていましたが、百円程度の投資で食べ慣れたコンビニ飯が、ワンランク上の味になります。

週に何度かちょっと贅沢して高めのお弁当を買うよりは、調味料に投資した方が断然コストパフォーマンスが良いという感想です。

 

今回、紹介できた調味料はごく一部のものになってしまいましたが、まだまだ気になる調味料はたくさんあるので、機会があれば今後もご紹介できたらと思います。

 

また、コンビニ飯にあわせるというテーマではじめましたが、サラダや豆腐など体にいいものを食べたり、少しですが自炊をするきっかけにもなります。

食事の質をワンランクアップさせることは、健康にもつながると思います。

 

みなさんもぜひ、お気に入りの調味料をみつけて、自分だけのワンランク上の食事を目指してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6.おすすめ 
フォローする
転勤から見える景色

コメント