中日ドラゴンズに入団した平成の怪物松坂大輔のゆくえ

スポンサーリンク
  

 

中日ドラゴンズの松坂誕生!
平成の怪物にかかるファンの期待と不安

 

 

スポンサーリンク

 

松坂大輔、中日ドラゴンズ入団決定

先日、中日ドラゴンズに平成の怪物と謳われた大投手、松坂大輔の入団テストが行われ、彼の入団が決定しました。

スポーツニュースでも連日松坂の話題が取り上げられ、再び彼に脚光が浴びせられています。

むろん、松坂の入団が決まって喜んでいるのは中日ドラゴンズのファンでしょう。

 

 

日本球界に復帰して3年間の当番数がたった1試合で、結果を残せなかったとはいえ、彼は未だにスター選手であることには変わりはありません。

 

 

また、ここ数年間Bクラスが続いているドラゴンズにはスター選手と呼べるような選手はほとんどいません。

 

頑張っている若手選手もいますが、投打の要になるような選手も、顔とも言える選手もいないような状態が続いてるのが現状であり、そんな中で入団が決まった松坂は、ファンにしてみれば救世主に近い存在です。

 

そのためか、ドラゴンズファンも入団した松坂を受け入れ、かつて怪物と呼ばれた男が完全復活するのを期待しています。

 

 

スポンサーリンク

 

史上最高の投手松坂へのファンの不安

松坂は間違いなく、日本球界でも最高の選手でした。

甲子園では史上二人目の決勝戦ノーヒットノーランを達成し、鳴り物入りでプロ入りした後も、かの大選手イチローとの初対戦で3打数3三振に抑え、3年連続最多勝投手、そして3年目には投手最高の栄誉である沢村賞も達成するなど、誰がどう見ても最高と言って間違えない選手でした。

 

その選手が復活すれば……期待を抱くファンが多く、20年目を迎える松坂の入団を受け入れているファンが多いのもうなずけます。

 

ただ、20年目を迎える言わばロートルの選手でもあり、けがの影響もあって登板数が3年でたった1回だけだった彼に対しては、期待だけではなくてそれと同じだけの不安も抱かれています。

 

ファンの抱える不安。その内容の一つは、果たして本当にここ数年でいい状態なのか、ということです。

松坂復活か、という話題は彼が日本球界に復帰してから何度も何度も言われてきたことでしたし、去年もニュースなどで取り上げられていました。

 

 

また、いい状態だということも何度も言われてきたことです。

昨年まで所属していたソフトバンクホークスのファンからしてみれば、またそんなことを言って今年もダメなんじゃないのか、と思われています。

 

それもあって、ドラゴンズファンの中にも今年もダメなんじゃないのかと不安を抱いている人も多いようです。

 

さらにもう一つ、今回行われた入団テストも果たして、本当にテストと呼べる内容だったのかと疑問を抱かれています。

 

 

ほとんどキャッチボールのような状態で、時間にして15分から20分くらいしか投球をせず、それだけで本当に投げられる状態だと判断できたのでしょうか。

 

また、入団テストも現在のドラゴンズの森監督と海外スカウト担当のデニー友利氏の二人が、松坂が入団した当時の西武ライオンズでコーチを務めた森監督と、先輩として教育係として長い付き合いのあったデニー氏が推薦したとあって、入団テストが行われていた時点で入団が決まっていたのでは、これは忖度入団テストだったのではないか、などという疑問が浮かび上がっています。

 

それらの事情もあって、本当に投げられるのか、今のプロ野球で通用する投球を本当にしてくれるのかという不安が、ファンの胸には渦巻いています。

 

 

スポンサーリンク

 

松坂によるいい影響はすでに出始めている?

しかし、例え投げられるような状態でなかったとしても、松坂大輔の縫う段が決まった時点でドラゴンズには十分な効果が得られています。

 

松坂は1年間1500万円プラス出来高という内容で契約が決まったと発表されましたが、一連の報道による宣伝効果や、松坂が入団したことでのファンの動きなどで、1500万円分の経済効果は発生したとも言われています。

 

つまり、もう十分に金銭的な穴は埋められているのです。

そしてさらに、彼の入団はドラゴンズのチーム、選手たちにいい影響を既に与えています。

 

入団が決定した翌日の松坂との練習相手に志願した又吉投手もいましたし、入団一年目のルーキー投手とも会話をしたという話もあります。

 

 

紛れもなく、彼の入団は選手たちの刺激になっています。

 

特に、ドラゴンズはここ最近若手育成に力を入れており、この若手が20代の選手たちになりますから、彼らは野球少年だったころに全盛期の松坂大輔の投球を見て育ったと言っても過言ではありません。

 

そんな選手が入団してきた。アドバイスを貰おうとする選手もいるでしょうし、彼の投球から何かを学ぶこともあるでしょう。

 

もちろん不安もたくさんあるでしょうが、松坂入団が選手たちの刺激になり、チームの活性化にも繋がっていくことでしょう。いや、もう既にそうなり始めていることでしょう。

 

お金の問題も、他の選手たちへの影響も既にいい方向に向かっています。そうなると後に残っているのは、松坂本人がこれからどうなっていくかです。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ずばり、松坂に残っている役割は、ファンの不安を裏切って、期待に応えるだけのことをするだけです。

 

それができるかどうか、見守ることと応援をすることがドラゴンズファンには必要になるでしょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
5-2:思いつき
フォローする
転勤から見える景色

コメント