2018/05、東京出張で思ったこと(神田uzu・東京駅・品川)等々

スポンサーリンク
  

 

東京で働くこととは

 

 

先月(2018年05月)、仕事で出張に行くことになり、久しぶりの東京で思ったことを書いてみます。

 

今の仕事になって、あまり東京に行くことがないので、本当に”おのぼりさん”状態でした。

 

 

スポンサーリンク

 

 

仕事で来たとはいえ、せっかくの機会ですから高校時代の友人にTELすると、彼の仕事の関係で遅くはなりましたが、ちゃんと返事もありましたよ。

遅くなるとは言ったので、エキナカの居酒屋で我慢でしたが、久しぶりに懐かしい話で盛り上がりました。

 

やはり、年齢を重ねると、話の内容が過去のことや郷里のことが多く、学生時代のように”夢”を語ることはなくなります。

 

とても残念ですね。

 

 

仕事の関係で、出張中は夜も会食等で何があるかわからないので、前日(前乗り)した夜に連絡しました。

平日でもあり、友人も東京から自宅まで1.5hとかかり、翌日も朝早いと聞いたので、早めに切り上げました。

 

東京で仕事をするってことは、本当に身を削っていることを痛感しました。

 

 

 

神田:uzu

これは言わずと知れた、今やモリカケで国会やワイドショーをにぎわしている、安倍総理大臣の奥様”昭恵”夫人がオーナーであるお店です。

 

 

予約制と聞いていたので、出発するときからWEB上で予約しておきました。

 

uzu(うず)


UZU(うず):山口県の無農薬米と一品料理を提供する・・・ とあります。

 

 

同郷なので、勝手に親しみを感じてします。

ちょっと、緊張して内装や料理を「パシャパシャ」できませんでした。

 

飲み物としては、「獺祭」とも思ったのですが、これは何度も飲む機会があったので、今回は「」にしました。

貴(たか) 永山本家酒造場
酒蔵は宇部市に位置し、酒造りの水は、秋吉台・秋芳洞カルスト台地を源流とする地下水で、カルシウムなどのミネラルを含む中硬水。
日本酒造りでは珍しいが、土壌や風土を反映させた酒を目指している。
貴シリーズの定番酒である「貴 特別純米」は、爽やかな香りとしっとりとした旨み、柑橘系の酸を感じさせる。
飲み飽きしない食中酒で、じんわりとしたやさしい切れ味が、繊細な和食や生野菜、鍋料理などと合う。
原料米の山田錦と八反錦の良さが引き出されている。
料理は、小ぶりで繊細の味であったような気がしました。
『祝島 放牧豚の串焼き』・・450円
『祝島ひじき煮』・・・・・・580円
『あつあつの厚揚げ』・・・・650円

などと、ビール、日本酒などを楽しんで帰りました。

 

総額は忘れてしまいましたが、5,000円弱であったように記憶しています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

東京駅

東京駅も大きくリニューアルしていたので、近いこともあり歩いて行ってみました。

 

こうやって東京駅に行ったのは、修学旅行以来かもしれません。

 

 

以前に比べて、ずいぶんきれいになったような気がします。

 

 

 

品川

今回の宿泊は、品川です。

 

品川東武ホテル

品川プリンスホテル

 

2か所に分かれてしまいましたが、それぞれ良いところと悪いところがありました。

 

まず、品川東武ホテルは、品川駅から少し遠い。

しかも、途中から坂道!

 

 

手ぶらならいいですけど、キャリーケースをころころと引きながら歩くには疲れます。

しかし、ホテルは落ち着いていて、この日はアジア系の旅行者もいなくて、静かなホテルでした。(西洋系の旅行者は多かった。)

 

 

 

一方、品川プリンスホテルは、品川駅から近くていいのですが、ホテル客数が多く当然宿泊者も多く、チェックインに列ができていて、かなり待たされました。

また、エレベーターも待つ時間が多く、翌日の朝食もかなりの人が並んでいました。

ホテルの施設と宿泊者の割合がかなり悪く、何かしら並んで待つことが多かった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

朝食は、数か所から選ぶことが出来て、メインタワーの38階にある

味街道 五十三次(東京都港区高輪4-10-30 メインタワー 38F)

+700円で注文しました。

朝食券がなかったら3,300円??...かなりお高いですね。

 

しかし、ロケーションは最高でした。

夜の夜景はもっと素晴らしいでしょうね。(ただし、料理も高くなるでしょう。)

 

 

 

 

 

夕食は、近くにあるステーキハウスに行ってみました。

OUTBACK

店員さんに聞くと、250gのステーキがおすすめらしいので早速注文しました。

 

サラダ・パンもついて、4,909円(税サービス込み)を支払いました。

 

焼き方はレアで注文し、赤みの柔らかいお肉でした。

美味しくないわけではないのですが、やはり、さしの入ったサーロインのほうが好みでした。

ただ、パンはとっても美味しかったと思います。

 

 

ついでに、品川水族館にも行ってみました。
(イルカショーです。)

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

久しぶりの東京でした。

 

 

朝のラッシュでオフィスに行くのは地獄です。

特に、品川駅のあの広いコンコースや通路を、端から端まで歩いている人で一杯です。

田舎なら、こんなに人だかりができるのは、ほんの一瞬で場所も限られています。

 

身を削ってサラリーマンをしているのを肌で感じました。

我々の田舎の地区では、移動はほとんどが自動車です。

 

しかし、ほんの2~3日の出張であれば、我慢できますし、いろいろと吸収できることも多く都会は素晴らしいと思います。

 

また、行く機会があれば、書き残しておきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2.転勤先
フォローする
転勤から見える景色

コメント