ちょっとした異国の地を味わってみたい時の韓国ソウル旅お役立ち情報

スポンサーリンク
  

 

ソウル旅行 お役立ち情報

スポンサーリンク

ソウルの気候や治安は

日本の各地空港から、僅かな時間のフライトで行くことの出来る韓国ですが、時差もなく、治安もいいため日本人が観光で行きやすい国のひとつです。

 

地図で見ると、韓国はちょうど九州の北に位置し、天気がいいと福岡の海岸から韓国が見えることもあります。

特に、日本人が訪れる韓国の都市といえばソウルですが、仁川空港からも電車を使用し、1時間ほどで市内に行くことができるため、多くの観光客で賑わっています。

そんなソウルは日本と同様、四季があり季節によって気候も大きく変わります。

・春(3月~5月)

春(3月~5月)のソウルは少し肌寒いが、薄手のコートで過ごせるほどの気温になっています。

3月は、急に冷え込む日もあるので、心配であれば少し厚手の服を持っていくのもいいかもしれません。

・夏(6~8月)

夏(6~8月)のソウルはどうでしょう。

7、8月に暑さの一番のピークを迎え、30度を超えることもしばしばあり、またこの時期はゲリラ豪雨も予想されるので、雨具の準備を忘れないようにしましょう。

・秋(9~11月)

秋(9~11月)になるとようやく過ごしやすい気候になります。

しかし、朝晩の寒暖の差が激しいので、体調管理はしっかりと確認して下さい。

また、日本と同様に台風がくる時期でもあるので、天気予報はチェックしておきましょう。

・冬(12~2月)

最後に、冬(12~2月)のソウルは非常に乾燥しており、さらに朝晩は零下になることもあり、冬にソウルを観光するにはある程度の覚悟が必要です。

 

スポンサーリンク

ソウルの交通手段は

交通手段は海外に行く時に、必ず確認しなければいけない情報です。

ここでは3つの交通手段を紹介します。

・地下鉄

ひとつ目は、一番多く使用することになる地下鉄です。

ソウル市内には、地下鉄網が張り巡らされているので、多くの場所は地下鉄で行くことが出来ます。

しかし、線も多く複雑になっているので行先の駅を、しっかり確認してから乗車しましょう。

また、観光地にいくために何本かの線を乗り継がないといけないことも多々あります。

 

ソウルの地下鉄のチケットは、紙のチケットではなくすべてカードとなっており、購入する際に保証金として、500ウォンを支払わなければいけません。

 

目的地に着きカードが必要なくなった後は、保証金を返してもらいましょう。

各地下鉄の改札口の近くにカードを回収する機械があり、その機械にカードを入れれば500ウォンが返ってきます。

・バス

2つ目の交通手段としてバスがあります。

ソウル市内のバスは4種類あり、バスの色によって値段や移動距離がことなっています。

値段は1000ウォンから2650ウォンで、乗車前に気をつけることはバスの番号の確認とテイクアウトの飲み物を持っていないか。

2017年から、テイクアウト用のコップを持ったままの乗車が禁止されるようになったので注意しましょう。

 

バスは前方から乗車し、後方ろから下車するのがソウルでは一般です。

5000ウォンや1000ウォンなど、大きな単位のお金が使用できない場合があるので事前に両替しておきましょう。

地下鉄やバスに乗る場合はT-moneyというカードを購入して事前にチャージをしておくと、乗車時に支払う手間をはぶけます。

・タクシー

最後紹介する交通手段はタクシーです。

4つの色に分かれており、白、シルバー、オレンジが一般のタクシーで、黒がサービスのよさと外国語対応可のタクシーとなっています。

 

それぞれ初乗り料金が異なっており、前者が3800ウォン、後者が6500ウォンです。

日本のタクシーと違うところは行先を伝えたると、断られることがあることです。

 

理由としては、目的地と反対方向に進むタクシーに乗車しようとしたとき、断れることが多いです。

さらに、トランクの荷物は自分で出し入れをしなければなりません。

 

スポンサーリンク

グルメ

韓国に行くと、レストランから焼肉などのいい匂いが漂ってきて、ついつい入りたくなってしまいます。

 

とくに女の子に人気なのは、インスタ映えがするアイスクリームやフルーツパフェでしょう。

カラフルなアイスクリームのコーンをそろえているお店や、フルーツをふんだんに使用し、見栄えをよくしたパフェを提供しているお店をソウル市内で見つけることが出来ます。

 

かき氷も韓国にいったら外すことのできないデザートです。

細かく削られた氷に、練乳をかけるのが特徴で、地元の女性からも人気があります。

 

そして、何と言っても韓国に行ったら外すことが出来ないのが焼肉です。

日本よりリーズナブルな値段で質の高い焼肉を堪能できます。

サンチュやキムチと一緒にいただきましょう。

 

ちなみに、オーダーした食べ物が出てくる前に、提供される小皿にもられた食べ物はおかわりすることが出来ます。

キムチも小皿にもられて提供されることが多いので、キムチ好きの方には得した気分になります。

 

次におすすめするのが、日本でも人気のチーズタッカルビです。

韓国でも人気の料理なので、市内を歩くとすぐにレストランを見つけることが出来ます。

お店によっては、トッピングを選べるところもあるので、自分好みのものをいただくことが出来ます。

 

他にも、牛骨を使用したソルロンタン、タコを炒めたナクチパックン、フライドチキンも王道です。

 

辛いものやこってりした食べ物が苦手という方には、韓国のお粥をおすすめします。

長時間加熱しているため軟らかく、とろとろした食感が特徴で、あっさりとした味なので食べやすこと間違いないです。

 

グルメを目当てに、韓国に旅行する人がいるくらい、韓国料理は注目を浴びています。

価格も日本で外食するより安く抑えることが出来るので、現地でいろいろ試してみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

ソウルは日本人観光客が多く、市内を歩いているとどこからか日本語が聞こえてくることもあります。

現地の方も日本語を話せる人が多くいます。

空港や駅などは、特に日本語が話せるスタッフをよく見かけます。

さらに、電車の案内板、車内放送、チケット購入機械も日本語で対応しています。

 

韓国は値段をおさえて、ちょっとした異国の地を味わってみたいという方にはおすすめです。

これからソウルに観光地としていくなら、ぜひ参考にして下さい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
7-3.海外
フォローする
転勤から見える景色

コメント