初めての海外は台湾で決まり(飛行機やホテルの予約と台湾夜市情報)

スポンサーリンク
  

 

台湾:飛行機、ホテル、夜市観光

日本人に大人気の旅行先の台湾です。

初めての海外旅行は台湾と言う方も多いのではないでしょうか。

 

日本からも近く、治安も良い上に超親日的である台湾ですので、海外旅行初心者の方におすすめの旅行先ではないかと思います。

 

そこで、今回は飛行機やホテルの予約や台湾情報について、お伝えしていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

飛行機の予約

ここ数年でLCCが普及したことで、日本各地に台湾への便が就航し、より一層台湾が身近になったように感じます。

 

 

航空券の料金も各航空会社で競り合っているため、激安で台湾に行けたりすることも可能になってきました。

中には弾丸で台湾旅行する方もいらっしゃいます。

 

 

航空券を買う時は、航空券比較サイトの「スカイスキャナー」というサイトを見て購入するのがよいでしょう。

 

出発地・到着地・日付等を入力すると、様々な旅行会社の格安航空券や航空会社が販売している、正規割引航空券の料金を提示してくれます。

燃油サーチャージや諸税を含めた料金を、提示してくれるので非常にわかりやすいです。

 

 

左のタブから航空会社を選択したり、時間帯など選択できるので自分の希望に合わせた航空券を簡単に検索することが可能です。

下の図のように、航空会社を組み合わせて検索することもできて大変便利です。

 

 

また、台北には空港が2つあります。

台北から40kmほど離れた台湾桃園国際空港と、台北中心部にほど近い場所にある松山空港です。

 

LCCを利用する場合は、ほとんど桃園空港を利用することになります。

 

 

 

スポンサーリンク

 

空港から市街へのアクセス

 

・台湾桃園国際空港

台湾桃園国際空港からは、台北市内行きのリムジンバスが便利です。

料金は会社によって差がありますが、一番便数が多くメジャーなバス会社は、国光客運が運行するリムジンバスです。

台北駅まで料金は125元(450円前後)、所要時間は約55分で24時間営業しています。

 

 

タクシーを利用すると、高速道路料金込みで1200元前後(4300円前後)ほどかかります。

一番早く台北市内へ出れるので、人数が多い場合や時間重視の方はタクシーがおすすめです。

所要時間は40分ほどで、時間帯によっては渋滞が発生することもあるなので、注意が必要です。

 

 

・松山空港

松山空港からはMRT(都市鉄道)の利用が便利です。

空港にMRTが乗り入れていますので、簡単に台北駅までアクセス可能です。

 

駅名は文湖線の松山機場駅、ビルの地下にあります。

忠孝復興駅で乗り換え、国鉄台北駅に簡単に行くことができます。

料金は20元(70円前後)で所要時間は20分前後です。

 

バスの場合は15〜30元、所要時間は20分ほどで、タクシーの場合は200〜1000元ほどかかりますが所要時間は10〜30分ほどです。

 

どの交通機関を利用しても、比較的早く安く市街地にアクセス可能です。

 

 

・ホテル

台北市内でホテルが密集しているのは、台北駅周辺か中山北路周辺です。

台北駅周辺は台北市内の中で一番ホテルが多く、様々な階級のホテルが集まっています。

 

台北駅はMRTや新幹線など利用でき、観光に大変便利な駅です。

東京で言うと東京駅に近いイメージの駅です。

 

九份や台湾の他の都市に行く場合、台北駅を利用することになるので、台北駅周辺に宿泊すると移動もとても便利になります。

 

 

中山北路エリアにあるグロリアプリンスホテル(華泰王子大飯店)は、日本でもおなじみのプリンスホテル系列のホテルです。

 

日系のホテルなので、日本語も通じますし、アメニティも豊富で快適に過ごすことができるでしょう。

 

日本人には、必須のウォシュレットまで完備しているので、過ごしやすいホテルでしょう。

 

日本のホテルに宿泊しているかのような快適さがありました。

 

エグゼクティブツインルームに2名で2泊し、料金は合計2万円程度でしょう。

 

台北駅も近いですし、MRTは雙連駅と中山国小駅の2つの駅を利用できるので、観光にも大変便利です。

台湾初心者の方にもとてもおすすめしたいホテルの一つです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

台湾の観光:士林夜市

台湾の夜の楽しみと言えば夜市であり、連日連夜賑わっていますので、活気に溢れる台湾を肌で感じることができる場所です。

 

 

台北市では、さまざまなエリアで夜市が開催されていますが、台北市でもっとも有名で、観光客にもおすすめしたいのが、士林夜市です。(シーリンイエシー)

 

初めての台湾旅行だったら、まず、最大級の規模のここの夜市に行くのがおすすめです。

 

 

士林夜市の注意点などを写真を交えてお伝えしていきます。

 

 

営業時間

17時頃から深夜1時頃まで。

 

アクセス

MRT淡水線剣潭(ケンタン)駅1番出口です。

剣潭駅の次が士林なのですが、士林で降りないように注意してください。

 

剣潭駅を降りて徒歩1分ほどで。目的地の士林夜市に到着します。

駅を降りると案内板も出ているので、迷うことなく辿り着くと思います。

人の流れに乗って歩いて行けってもOKでしょう。

 

 

ものすごく賑わっていて、どこからともなくいい香りが漂います。

 

こちらは大行列ができていたカステラ屋さんは、お店の名前が“源味本鋪古早味現烤蛋糕”さんです。

 

 

プレーンとチーズ味がありますが、無難なのはプレーンでしょうか。

 

 

焼きたてをいただきましたが、口当たりが軽くふわふわでとっても美味しいです。

甘さは控えめなので男性にもおすすめです。

量が多いときはホテルに持って帰って、冷めても変わらずふわふわ感はあるでしょう。

 

賞味期限は3日ほどもつそうなので、食べ切れなかったら無理せずお持ち帰りしましょう。

プレーン味は80元(300円前後)位ですね。

 

 

ぶらぶら散策していたら偶然見つけたお店で、士林夜市の奥の方にありました。

士林慈誠宮の近くにあります。行く前に住所を確認してみて下さいね。

 

 

住所:111台北市士林區大南路53號

他には夜市名物の巨大なフライドチキン「士林豪大大雞排」を食べ歩きしたり、臭豆腐を食べてみたりと、台湾ならではのB級グルメを食べ歩きするのもいいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

また夜市は食べ物だけではなく、ゲーム屋台のようなものもあります。

子連れの旅行でも親子が、十分に楽しむことができるのではないでしょうか。

 

 

 

夜市での注意点

基本的にクレジットカードを使うことはできません。

両替所もないので、台湾元を事前に準備しておきましょう。

 

 

基本的に台北は治安は良いのですが、夜市はスリも多めなので、用心しましょう。

 

 

帰りが遅くなった時には、タクシーを帰るのも手です。

ただし週末はタクシーがなかなかつかまらないので、終電まで(24時頃)に帰ることをおすすめします。

 

 

台湾は日本よりは衛生環境が良くありません。

特にお子様連れの旅行の場合は、ウェットティッシュを持参することを強くおすすめします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

いかがだったでしょうか?

 

是非、台湾に旅行に行ったら夜市を楽しんで下さい。

 

 

屋台の数がかなり多いので、食べたいものや行きたい場所がある場合は、事前に場所を確認していくことをおすすめします。

全部見ようとすると時間がかなりかかります。

 

 

計画的に、ディープな夜の台北を味わってみて下さい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
7-3.海外
フォローする
転勤から見える景色

コメント