日本最北の地:稚内、花と海の幸の宝庫:利尻・礼文、二泊三日の旅(初日)

スポンサーリンク
  

 

日本最北の地(初日)

北海道に来たら、やはり日本最北の地に行ってみたいというのは、ここに来た時からの希望の一つでした。

 

今回は、花の時期やウニの最盛期こそ終わってはいるものの、稚内・利尻島・礼文島のレポートをします。

 

ちょうど、北海道では「胆振東部地震」から、まだまだ立ち直っていない時期ではありましたが、こんな時こそ、道外からの観光客がキャンセルするというので、道内にいる自分は「行こう」と、決めました。

 

スポンサーリンク

 

全行程(2018)

 

全行程(2018)
  • 9月15日
    新千歳空港から稚内 泊

    新千歳空港 10:20 稚内空港 11:15
    稚内空港にてレンタカー手配 稚内市内観光
    稚内市内 泊

  • 9月16日
    稚内から礼文島・利尻島 泊

    稚内からフェリーにて礼文島
    礼文島:定期観光バス
    礼文島からフェリーにて利尻島
    利尻島 泊

  • 9月17日
    利尻島から新千歳空港

    利尻島:定期観光バス
    利尻空港 14:15 新千歳空港 15:10
    自宅へ

 

 

 

スポンサーリンク

 

9月15日

初日は、自宅より新千歳空港まで自家用車にて、ロングターム駐車場止めました。

 

少し早く着いたので空港内のANAラウンジに入ります。

この新千歳ー稚内利尻ー新千歳のANA便は、特典航空券発行によるものです。

 

北海道に着任時にSFCを取得し、家族カードも申し込んだので、それぞれのカードで入場することができます。

 

時間が来たので、一番端っこから、優先搭乗を使って乗り込みます。
(道内などの近場は端っこからで、東京便とかは真ん中から出ます。)

やはり、近距離なので、ボンバルディア(プロペラ機)でした。

しかし、車で移動するとなると6時間前後かかります。

 

席は、ちょうど車輪のあたりで、窓からの景色はあまり見えませんでした。


(これは降機時です)

あらかじめ予約しておいた、「ニッポンレンタカー」で、今回は軽自動車です。

まあ、時間的にも 11:30-18:00 くらいなので、安く済ませることにしました。
(5千円超でしたが、ポイントがあったので、支払いは2,576円(込)でした。)

 

 

スポンサーリンク

 

宗谷岬

まずは、最北の地宗谷岬にやってまいりました。


間宮林蔵
樺太を2度まで探検して、間宮海峡を発見しました。

 

 

 

お昼の時間は大きくずれてしまいましたが、食事にすることにしました。

 


北緯45度31分。

 

さあ、何を食べようか。

 

やはり、ウニは外すことは出来ません。

私:ウニ丼 2,900円  家内:かにいくら丼 1,780円

お吸い物はなかったですが、どちらも安く良心的ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

白い道

宗谷岬公園で少し時間をつぶして、貝殻を敷き詰めた「白い道」に行きました。

 

途中、ウインドファームで風車が数多く、回っていました。

 

ホタテの貝殻を敷き詰めた道で、優しい踏み心地です。

ここを、ずっと歩いている人もいました。(最低でも2hはかかるかな)

 

 

稚内公園(開基百年記念塔・氷雪の門)

稚内市内が一望できます。

終戦時の樺太(サハリン)からの引揚者のことが書いてあります。

 

九人の乙女の碑
終戦5日後に、樺太真岡郵便局で電話交換業務を終えた後、自ら若い命を絶った9人の女性の霊を慰めるために建てられました。

 

 

スポンサーリンク

 

ノシャップ岬

ノシャップ岬は「野寒布岬」と書くそうです。

 

ここは夕日がとてもきれいだそうですが、そこまで待てないので帰ります。

しかし、ここに来たら、記念写真とともに、また地元の人に人気のあるつぶつぶアイスがあるそうなのでこれを食べてみます。

正式名称は、ディッピンドッツアイスクリームと言うそうですが、つぶつぶの食感が癖になりそうです。

ここに来たら、ぜひ、食してください。

 

 

北防波堤ドーム

古代ローマ建築のような、高い天井と丸い円柱で出来た、半アーチ型のドームです。

やはり、波よけ用ですね。

最近はやりの、「インスタ映え」の場所ではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

JR稚内駅

ここは日本最北端の線路で、JR稚内駅を突き抜けてモニュメントとしています。

 

 

旧瀬戸邸

昭和27年に建てられた「旧瀬戸邸」、底曳き漁業で栄えた時代の面影が残っています。

 

 

宿泊先「ホテル喜登(きと)」

夕食に「タコしゃぶ」がメインと言う、ホテル喜登に泊まります。

 

8,400円✖2名 で朝夕食付、金額的には良心的でした。

これに、お吸い物として、ホタテでだしを取ったお味噌汁が出ました。

 

 

一つ注文をつけるとしたら、明日の朝、礼文島に行くフェリーが早く、朝食に間に合いません。

ここから、礼文島に行く人もシーズン全体としては多くいると思うので、せめて朝食は間に合わせてほしいと思います。

しかし、間に合わないのなら、おむすび(おにぎり)などのお弁当にしてほしいですね。

 

 

ここの温泉は、塩分と油分を含んでおり、油温泉と言う珍しい温泉です。

お湯の表面に油が浮くこともあり、これは温泉成分の一部だそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

9月16日

 

日本最北の地:稚内、花と海の幸の宝庫:利尻・礼文、二泊三日の旅(2日目)
日本最北の地(2日目) 天気も曇りから回復して、晴天になってきました。 本日のメインは礼文島ですが、この礼文島は周囲約67㎞の細長い島で、道路は東側の海岸にしかありません。 高山植物がいたるところにあり、花の浮島として知られています。 また、この島には信号が2か所しかないらしい。...

 

 

9月17日

 

日本最北の地:稚内、花と海の幸の宝庫:利尻・礼文、二泊三日の旅(最終日)
日本最北の地(最終日) 昨日は、15時くらいにはホテルに入り、周辺の沓形岬を散歩がてら、ゆっくりとしたせいか、朝早くから目が覚めてしましかした。 早速窓を開けてみると、利尻富士が近くに見えて、大変ゆったりとした気分です。 また、快晴と言うのも、心を穏やかにした一因でもあります。 ...

 

 

最後に

 

日本最北の地:稚内、花と海の幸の宝庫:利尻・礼文、二泊三日の旅(最終日)
日本最北の地(最終日) 昨日は、15時くらいにはホテルに入り、周辺の沓形岬を散歩がてら、ゆっくりとしたせいか、朝早くから目が覚めてしましかした。 早速窓を開けてみると、利尻富士が近くに見えて、大変ゆったりとした気分です。 また、快晴と言うのも、心を穏やかにした一因でもあります。 ...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
7-2.国内
フォローする
転勤から見える景色

コメント