日本最南端沖縄のおすすめ絶景ドライブスポット(岬を中心に)を紹介

スポンサーリンク
  

 

沖縄のおすすめドライブスポット

亜熱帯の海に囲まれた沖縄、そこにはたくさんの綺麗な景色があります。

 

ドライブしながら景色を眺めるのにはうってつけの場所尾です。

その沖縄のおすすめドライブスポットとして、前回、『橋』を中心とした沖縄のドライブおすすめスポットを紹介しました。

 

今回は観点を変えて、『岬』を中心としたドライブおすすめスポットを、紹介していこうと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

ドライブスポット3選

 





残波岬

沖縄県の中部『読谷村』の端に位置する岬、『残波岬』はおそらく沖縄で名の知れた『岬』の中ではもっとも存在感のある岬でしょう。

 


 

とげとげしく削れた石灰岩の崖が海から灯台までを高く隔てている、ダイナミックな光景が特徴の岬です。

 

また、残波岬は夏と冬とで景色を変える岬として知られており、1月や2月の寒い時期に訪れると、強烈な風ととんでもなく強い波が崖の壁面に強く打ち付けられる音で、常に低く轟音が響く空間となることがあります。

 

その際の風と波は本当に強烈で、日によっては遙か崖下で打ち付けられた波のしぶきが灯台のある地上まで、風と一緒に運ばれてくることがあります。

 

崖を少しくだると、場合によっては波しぶきではなくその波そのものの、一部が崖にはね上げられて思い切り身体にかかることもあります。
(残波岬へやってきた人がそのはじかれた波に思い切りかかります。)

 

 

また残波岬そのものも魅力的ですが、そこに至るまでの道もまた一見の価値ありです。

残波岬にはいくつかの道で行くことが出来るのですが、そのうちの1つ読谷の『海寄りの道』が、とても美しい景色を見ることの出来るスポットとなっております。

 

具体的には『お菓子御殿』という、その名の通りお菓子(お土産物)を大量に売っている、沖縄の観光場所として有名なお店のある通りがそれです。

 

その道には、一面のサトウキビ畑だけではなく、電照菊の畑が広がっております。

電照菊は昼間や夕方に見てもただ電照が吊された畑ですが、夜遅くになるとその姿を大きく変えます。

 

具体的には『夜の11時頃から』です。

ビニールハウス等があるわけではなく、畑に裸で吊されたままの電照が夜になると、ただの『電照』ではなく、ほとんど『イルミネーション』と呼んでいいほどの美しさで一面を覆います。

 

自然と融合した落ち着いた電照の美しさは、他では見れないほどのものです。

県内には、各地で電照菊を栽培している場所がありますが、その中でも残波岬へと繋がるこの海沿いの道は、他と比べても大規模かつ美しい電照菊の景色です。

 

とても綺麗な景色なので、ぜひ一度夜11時頃にドライブしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

 

知念岬

知念岬は沖縄の南部『南城市』にある岬です。

 


 

知念岬は、先ほど紹介した残波岬とは多少風合いが異なり、こちらは整備された敷地から雄大な景色を見渡せる公園のような空間になっています。

 

休みの日には観光客の他にもカップルから子連れまで、幅広い年齢層の方が訪ねてきており、さらにはパラグライダーで空を飛翔する方までここを訪れます。

 

こう書くと『あまりにも人が多くて居心地が悪いのでは?』と思われるかもしれませんが、それは杞憂です。

知念岬は広く敷地をとられており、人はそこそこ訪ねてきますがそれがちょうど良いくらいの空気感になります。

 

標高は高く、点在するいくつかの離島がすぐ目の前にあるかのようによく見えます。

 

また、ここに至るまでの道もとても気持ちが良いものです。

豊見城と糸満の南部、広々とした道路を東へ進み続けると南城市につきます。

 

なにも考えることなく長々とひとつの道を走り続けるだけで、知念岬にはたどり着くのですが、その途中には八重瀬町の道の駅があったり、各種観光地があったりします。

 

沖縄に観光として訪ねた方であれば、それらの場所への寄り道もしつつ知念岬に向かうと、きっと楽しめることかと思います。

 

 

特に南城市に入ってからは、高低差が激しい断崖の隣が車道となっており、ただ道を走っているだけで、とても美しいエメラルドグリーンの海を見渡すことが出来ます。

 

さらに、その崖の横を走る道からさらに標高の高い方向へと足を運ぶと、県内随一の見晴らしの良い景色を眺めることが出来ます。

海からの風が崖下から登り、気持ち良く吹き付けてくるのがおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

 

具志川城跡

具志川城跡は糸満の南部、喜屋武岬の近くにある城跡です。

 


 

喜屋武岬は観光化されているわけでも、人がたくさん訪ねてくるわけでもありませんが、そこから臨む景色は他の岬同様とても美しいものです。

 

その喜屋武岬の隣に、隠れるようにあるのがこの具志川城跡です。

具志川城跡は標高の高い崖の端にあり、この城跡からの眺めは岬からの眺めに匹敵する美しさであり、またあるがままの自然の中にある『荒々しさ』もまた兼ねそろえています。

 

潮の引く時間にはさらに眼下の海の海面が足首ほどの低さになり、どこまでも歩いて行ける不思議な景色を見せてくれます。

 

 

この城跡下の海には人が降りていくことが出来ます。

舗装された道というわけではありませんが、城跡の隣から岩伝いに降りていけるようになっており、降りた先にはかつて城跡が本当の城だった頃に使われていたであろう、何らかの空間が残されています。

 

その城跡の一部を背に、遠浅の海がどこまでも広がるのは一見の価値ありです。

 

ぜひ一度訪ねてみてください。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は沖縄のドライブおすすめスポットについて、岬を中心に紹介させていただきました。

 

他にも沖縄には多々おすすめのドライブスポットがあります。

 

ぜひみなさん、沖縄での観光の際はドライブをお楽しみください。

 

 

日本最南端沖縄のおすすめ絶景ドライブスポット(橋を中心に)を紹介
日本最南端のリゾート県沖縄 日本最南端のリゾート県『沖縄』にはたくさんのドライブスポットがあります。 まわりを亜熱帯の珊瑚礁に覆われた沖縄ですから、西も東も、北も南も綺麗な海を眺めながらドライブできるスポットがたくさんあ...
日本最南端沖縄のおすすめ絶景ドライブスポット(県北部を中心に)を紹介
沖縄の県北部おすすめドライブスポット 沖縄には多数のおすすめドライブスポットがあります。 前回、前々回に渡り『橋』や『岬』に着目したおすすめドライブスポットを紹介してきましたが、おすすめのドライブスポットはまだまだたくさ...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
7-2.国内
フォローする
転勤から見える景色

コメント