日本最北の地:稚内、花と海の幸の宝庫:利尻・礼文、二泊三日の旅(2日目)

スポンサーリンク
  

 

日本最北の地(2日目)

天気も曇りから回復して、晴天になってきました。

 

本日のメインは礼文島ですが、この礼文島は周囲約67㎞の細長い島で、道路は東側の海岸にしかありません。

高山植物がいたるところにあり、花の浮島として知られています。

 

また、この島には信号が2か所しかないらしい。一つは小学校のそばで、児童の学習用とのことで、将来、島から出た時のためにあるとのことで、びっくりです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

全行程(2018)

 

全行程(2018)
  • 9月15日
    新千歳空港から稚内 泊

    新千歳空港 10:20 稚内空港 11:15
    稚内空港にてレンタカー手配 稚内市内観光
    稚内市内 泊

  • 9月16日
    稚内から礼文島・利尻島 泊

    稚内からフェリーにて礼文島
    礼文島:定期観光バス
    礼文島からフェリーにて利尻島
    利尻島 泊

  • 9月17日
    利尻島から新千歳空港

    利尻島:定期観光バス
    利尻空港 14:15 新千歳空港 15:10
    自宅へ

 

 

 

スポンサーリンク

 

9月15日

 

日本最北の地:稚内、花と海の幸の宝庫:利尻・礼文、二泊三日の旅(初日)
日本最北の地(初日) 北海道に来たら、やはり日本最北の地に行ってみたいというのは、ここに来た時からの希望の一つでした。 今回は、花の時期やウニの最盛期こそ終わってはいるものの、稚内・利尻島・礼文島のレポートをします。 ...

 

 

9月16日

今日の工程は

ホテル喜登 → フェリーターミナル(稚内)

フェリーターミナル(稚内) → 礼文島

礼文島(定期観光バス) 約半日観光(宗谷バス)

全コース一覧 | 宗谷バス株式会社
宗谷バス株式会社、定期観光バスの「全コース一覧」をご紹介します。

礼文島 → 利尻島 (フェリー)

利尻島フェリーターミナル → アイランドインリシリ
(ホテルの自家用車でお迎え移動)

ざっと、こんな感じです。

 

コース名 / 礼文A - 所要時間 / 3:35   3,300円

 

 

朝起きると、どんよりとした雲が空を覆い、雨もぱらついていました。

 

昨日、ホテルにタクシーを頼んでおきましたので、予定通り、ホテル喜登からフェリーターミナルまで、送ってもらいます。

金額は、ちょうど到着する直前にメーターが上がって770円でした。

 

 

早速フェリーに乗り込みます。

ハートランドフェリー|利尻島・礼文島、奥尻島を結ぶフェリー航路
北海道の最北端の島「利尻島・礼文島」と、最西端の島「奥尻島」を結ぶフェリー航路の時刻・料金案内の他、3島の魅力をご紹介します。

稚内発(06:20)~ 香深着(08:15) およそ、2時間の船旅!

(大人1名 2等自由席 2,470円) × 2名

 

2等客室で、他のお客と一緒にごろ寝状態です。

1等とか、1等和室とかの、個室もありましたが、ここは節約でしょう。

 

 

礼文島に到着すると、定期観光バスが待っています。

@3,300円、島内のレンタカーは少し高めで、シーズン真っ最中なら予約は必須です。

また、いくら高くても、4人グループなら、定期観光バスよりもお安いかもしれません。

 

 

観光バスは、自由席で早いもの順でした。

船を並んで早めに降りたほうが、バスの前席が取れるのでおススメです。

 

宗谷バス㈱定期観光バス 
  • 礼文Aコース
    香深フェリーターミナル
  • 西上泊.スカイ岬
  • スコトン岬
  • 桃台猫台
  • 香深フェリーターミナル(途中下車可能11:45)
  • 北のカナリアパーク
  • 香深フェリーターミナル

 

 

 

スポンサーリンク

 

スカイ岬

礼文島の西北部にある岬で、名前の通り透明度が高い湾内で、海の底まで見渡せそうです。

澄海岬(スカイ)岬、と書きます。

 

よく、パンフレットなどに出てくる、内湾です。

 

 

たこザンギと貝柱のフライを注文したのですが、写真の前に食べてしましました。

 

 

 

スコトン岬

礼文島最北部の岬で、晴れた日(靄がない)には樺太(サハリン)の島影も見ることができます。

遠くにうっすらと見えました。

 

夏には、ゴマフアザラシが現れるのが、トド島です。

 

いやー、青い空に青い海、近くに見えるトド島、本当にきれいです。

自然が美しいと、なぜか心が洗われたような気がしてきます。

 

 

 現時点の、日本最北限の「トイレ」だそうです。

 

利尻・礼文と言えば、昆布、その昆布を食べる「ウニ」は、最盛期こそ過ぎていますが、かなりお高い値段がついています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

桃台猫台展望台

桃の形に似た巨大な奇石の「桃岩」と、猫が海を眺めているような猫に似た「猫岩」が一度に見渡せる展望台です。

花の時期には、多種多様な花が咲き乱れるそうで、ここも礼文島の代表的な観光スポットです。

桃岩

猫岩

ここも、海岸線が海の青さとあいまって、きれいでいつまでも眺めていたい。

 

 

 

北のカナリアパーク

映画「北のカナリヤたち」のロケのために作った分校で、映画の感動が思い起こされる場所です。

 

海の向こう側にたたずむ「利尻山(通称:利尻富士)」の雄大な稜線、礼文島の中でも利尻富士が一番美しく見える「北のカナリアパーク」です。

 

吉永小百合と一緒にパチリ。

 

ちょうど昼時は、逆光でスマホのカメラでは写りが厳しいです。

 

礼文島観光はこれで終わりです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

香深港フェリーターミナル

終点は香深港フェリーターミナルで、そのまま利尻島に向かいます。

 

 

礼文島ともこれでお別れです。

 

 

 

香深発(13:25)~ 鴛泊着(14:10)約45分の船旅!

(大人1名 2等自由席 900円) × 2名

 

礼文島から利尻島に移動中、ずっと利尻富士がくっきりと雄大な姿を見せていました。

 

そして到着です。

 

鴛泊港フェリーターミナルに、ホテルからお迎えが来ていました。

 

 

 

沓形岬公園

ホテルに入ってから、時間もまだ早いので「沓形岬公園」を散歩しました。

 

 

珍しいアイスを見かけたので、食べてみることに。

ご当地アイス「愛す利尻山」は、代表する2つの特産品”ウニと昆布“がトッピングされた島のシンボル利尻山の名に、完全無添加の乾燥ウニ、柔らかい食感の赤ちゃん昆布、昆布の根っこでできた食べられるスプーンで、出来ています。500円。

特許を取得しているそうです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

アイランド・イン・リシリ

今日の宿はここ!

ここも、10,000円✖2名 朝夕2食付で、良心的な値段です。

 

綺麗な夕陽をホテル屋上から見ることが出来ます。

やはり、一眼レフカメラのような、高度なカメラでないと夕日はうまく撮れません。

 

 

お楽しみの夕食です。

ビュッフェ方式(旧バイキング)と、生ビールを注文して、満腹でした。

 

 

 

スポンサーリンク

 

9月17日

 

日本最北の地:稚内、花と海の幸の宝庫:利尻・礼文、二泊三日の旅(最終日)
日本最北の地(最終日) 昨日は、15時くらいにはホテルに入り、周辺の沓形岬を散歩がてら、ゆっくりとしたせいか、朝早くから目が覚めてしましかした。 早速窓を開けてみると、利尻富士が近くに見えて、大変ゆったりとした気分です。...

 

 

最後に

 

日本最北の地:稚内、花と海の幸の宝庫:利尻・礼文、二泊三日の旅(最終日)
日本最北の地(最終日) 昨日は、15時くらいにはホテルに入り、周辺の沓形岬を散歩がてら、ゆっくりとしたせいか、朝早くから目が覚めてしましかした。 早速窓を開けてみると、利尻富士が近くに見えて、大変ゆったりとした気分です。...

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
7-2.国内
フォローする
転勤から見える景色

コメント