ヨーロッパ方面の旅行なら、南フランス・ニースでバカンスを過ごそう

スポンサーリンク
  

 

南フランス・ニースでバカンス

 

 

スポンサーリンク

ニースの町の特徴

ニースはフランスの南に位置し、海岸の美しい町です。

晴れている日が多く、夏には海水浴も楽しめ、海外から多くの観光客が押し寄せてくるほどです。

 

旧市街には、地元のお土産を購入できるブティックやアイスクリーム屋さん、パン屋さん、レストランなどがそろっています。

旧市街の建物は、黄色やオレンジの壁に緑色の雨戸がついており、南仏らしい雰囲気が漂っています。

もし時間があれば、旧市街には博物館やオペラ座もあるので、足を運んでみてもいいかもしれません。

少し旧市街から離れれば、シャガール美術館やマティス美術館など、有名な画家たちの美術館もあり、中には無料で入ることの出来る美術館もあります。

町自体がそこまで大きくないので、観光する場所さえ絞れば一日で回ることも可能です。

バスや路面電車が町中を走っているので、それを使えば時間の節約も出来ます。

 

そしてニースで特におすすめの観光スポットはニース城跡です。

ニース城跡は丘の上に位置しており、ニースの透き通った海とオレンジ色に統一された建物の屋根を見渡せ、晴天であればニース空港もそこから見ることが出来ます。

ニース城跡は、後ほど詳しく紹介します。

 

スポンサーリンク

ニースの人気スポット

一番人気なのは、ニース城跡です。

この地は現在、公園となっており現地の人も多く訪れ、ピクニックや、スポーツを楽しんでいる人を見かけます。

 

丘の頂上からはニースの町を見渡せ、ニースの雰囲気が出ている写真を撮ることが出来ます。

頂上までたどり着くには、階段や坂道を上る必要がありますが、歩くのが面倒だと感じる方には、頂上まで行けるエレベーターもあるのでそれを使いましょう。

 

そしてニース城跡の横に広がっているのが、ニースの旧市街で、お腹が空いたら、ここで昼食を取りましょう。

ニースの食材をふんだんに使った料理から、トルコ料理、イタリアン料理と各国の料理を味わうことが出来ます。

そしてニースは一年中気候がいいので、レストランの外に設置されているテーブルで食事をする方が圧倒的多いです。

ぜひ、外の雰囲気を楽しみながら食事をし、ゆったりと流れる時間を感じてください。

 

フランスに来たからショッピングを楽しみたいという方には、旧市街から少し歩いたところあるJean Médecin通りをお勧めします。


この通りには、デパートはもちろん、かわいい雑貨屋さんや靴屋さん、服屋さんと女性が喜びそうなものがそろっており、フランスのオーガニックのコスメのお店も見つけることが出来ます。

ショッピングモールが好きな方には同じ通りにある、ニースエトワールや空港の近くにあるカップ300をお勧めします。

ショッピングに疲れれば、同じ通りにカフェ屋さんも並んでいるので、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

夜になれば海岸沿いにぜひ行きましょう。

ニースの海岸は湾曲にのびており、海岸横の道はライトアップされ、幻想的な風景を映し出しています。

海岸沿いにはベンチもあるので、海の波の音を聞きながら、オレンジ色のライトに染まる海岸を眺めると心が落ち着くことは間違いないです。

 

時間がある方は、海岸沿いにあるニースでも有名な高級ホテル、ホテルネグレスコのライトアップもぜひチェックしてください。

 

スポンサーリンク

ニースのグルメ

ニースの伝統料理はいくつかあり、その中でもニースサラダは特に有名です。

ニースサラダは食材が決められており、それ以外は入れてはいけないという決まりがあります。

特徴としては、サラダにバジル、アンチョビ、黒オリーブを使用し、オリーブオイルがかかっています。

味付けが濃くないので食材そのものの味を楽しめます。

 

ボリュームもかなりあるので必ずついてくるフランスパンと一緒に食べれば、それだけでお腹がいっぱいになります。

 

次に紹介するのがファルシという料理です。

日本でいる野菜の肉詰めと似ており、トマトやピーマン、ナスなどの中身をくりぬき、その中に肉を詰めてオーブンで焼いています。

現地の人からも人気のある一品です。

 

次に紹介するのがソッカという伝統料理です。

材料はひよこ豆とオリーブオイルで、それを形づくって窯で焼いています。

味はシンプル、お値段もお手頃なので、一度試してみてもいいかもしれません。

 

最後に紹介するのがラタトゥイユです。

日本で食べるたことのある方もいるでしょう。

ズッキーニやナス、トマトを煮込んだニースの家庭でもよく食べられる料理で、メインディシュの横に付け合わせとしてよく見かけます。

日本とはまた違った味を楽しむことが出来るので、ぜひニース滞在中に一度味わってみてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

ニースは一年中気候が穏やかなので、いつでも観光を楽しめ、パリのシャルルドゴール空港からも国内線を引き継ぎ、ニースに直行便で行くことが出来ます。

 

現地では南仏ならではのゆったりとした時間の流れを肌で感じることができ、普段の忙しさから解放されたいという方にはとてもオススメの町です。

 

また観光、グルメ、ショッピングを大きな移動なしに楽しむことが出来ます。

現地の人たちは明るい方が多いので、気さくに話しかけてくるかもしれません。

 

挨拶だけでも覚えておくと、喜ばれることが多いはずで、ヨーロッパ方面で旅行を考えている方は思い切って訪れてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
7-3.海外
フォローする
転勤から見える景色

コメント