スマホがやめられない時の簡単にできる対処法は悩んでいないでこれ!

スポンサーリンク
  

 

スマホがやめられない時の対処法は

若い世代で、スマートフォンなどの携帯端末を持っていないという人はかなり少ないと思います。

そうした時代の中で、現代人は特に、仕事、課題や勉強などやるべきことがあるのに、「スマホいじりがやめられない。」という悩みを抱えた人も少なくないでしょう。

 

スポンサーリンク

スマホ依存症になる原因とは

依存というのは、アルコール依存症、ニコチン依存症などの例からもわかる通り、往々にして、「ストレスの回避場所」として何かに依存してしまう傾向にあります。

多くの専門家は、スマホ依存症も何らかのストレスの回避場所として、スマホをいじってしまうと指摘しています。

 

しかし、一概にこのストレスが原因によって、スマホ依存症とは言えないと思います。

 

その理由ですが、そもそも人間という生き物は、スマホに依存しやすいように作られているからです。

どういうことかというと、人間は情報を得ることが好きな生き物です。

これは感覚的にもわかりますように、情報をいち早く得ることで、「自分の生存率を上げる」という本能に近い部分でもあります。

 

察しの良い方は、ここまで言った時点で理解できるかと思いますが、スマホというのは情報を得るのに絶好の機械です。

LINEなどからは、自分の友人の情報を知り、Twitterなどでは時事的情報や面白い情報など、様々な情報を知ることができます。

 

つまり、人はスマホではなく、スマホによって得られる“情報”に依存しているとも言い換えられると思います。

当然、スマホをストレスのはけ口とすることで、依存している人も少なくないとは思います。

 

さて、やるべきことがあるのに、スマホをいじってしまうというのは言い換えれば、やるべきことがあるのに情報を得ることを優先してしまう、ということです。

ダイエットしなければならないのに、甘いものを食べてしまうのと似た現象だといえます。

 

ダイエットであれば、低カロリーの甘いものを食べることで、欲求を抑えることができますが、情報欲を抑えるためにはどうすればよいのでしょうか。

 

スポンサーリンク

対処法

いわゆる、スマホ依存症、もしくは依存症予備軍の人向けに、簡単にできる対処法を紹介したいと思います。

制限時間を設ける

人は、どうしても情報欲求というものを持っていると言うのはさきほど述べた通りです。

そこで、スマホに制限時間を設けることで、ある程度、情報欲を満たしつつ、時間が来たら、「スマホを中断し、やるべきことに取り掛かる。」、といった方法があります。

 

比較的、決断力や行動力のある人であれば、タイマーなどを設定し、タイマーが鳴ったらすぐにスマホをやめ、作業に取り掛かるといったことができるとは思いますが、そうでない方は厳しいというのが、この方法の欠点です。

 

一度、情報を得てしまうと、「もっといい情報があるのではないか」と探してしまいます。

メンタルが弱い場合、「あと10分だけ」といったように、どんどん先延ばしにし、最終的に「もういいや」となってしまう可能性があります。

 

スポンサーリンク

iPhoneのスクリーンタイム機能を活用

最近、iPhoneに新しい機能で、「スクリーンタイム」というものが追加されたのをご存知でしょうか。

 

これは、「設定→スクリーンタイム」から見ることができるのですが、一日、一週間の使用時間やどのアプリを最も使用したのかを確認できます。

 

さらにはアプリの使用制限や、iPhone自体の使用を制限する「休止時間」などが設定でき、非常に有効です。

先ほど紹介した方法だと、自らで自らを律するといった方法ですが、こちらは機械が勝手にスマホをいじるのを制限してくれるため、比較的楽ではないでしょうか。

 

しかし、「完全な制限」ではないのがネックです。

やはり、自分自身で設定を変更することで、制限を解除したり、設定時間を甘くしたりができてしまいます。

 

スポンサーリンク

第三者の手を借りる

今回の場合、機械に頼るよりも、人間に頼ったほうが有効かもしれません。

すなわち、親や友達などに、何時間か携帯を預かってもらう方法です。

 

時間制限ではなく、「自分がやるべきこと」を終わらせたら携帯を返してもらえる、といった風にすれば、「やるべきこと」に対するモチベーションも上がるのではないでしょうか。

 

しかし、その場に常に、“第三者”がいるとは限りません。

親が仕事でいないときもあるでしょう。

また、仮に親など常にいたとしても、交渉の手間などを考えると、この方法に欠点がないわけではありません。

 

しかし、手を借りるというのは何も、「預かってもらう」ことだけを言っているのではありません。

 

例えば、「携帯を一日に〇時間以上見ていたら罰ゲーム」といったことも、第三者がいれば成立します。

この方法の場合、別に確認するのは一日の終わりでも一週間の終わりでも良いわけですから、第三者の有無にかかわらず、できるかと思います。

 

スポンサーリンク

やるべきことのモチベーションを上げる

一番オススメしたい方法はこれです。

やるべきことがあるのにスマホをいじってしまう、というのは逆に、「やるべきことをやりたくない、やる気が起きないからスマホをいじってしまう。」ということができます。

 

であれば、やるべきことに対するやる気を上げるというのが、メンタル的にも最も良いと考えることができます。

上記の方法でスマホを一時的にやめることができても、モチベーションが上がるわけではないため、その状態でやるべきことに取り掛かっても、最大限能力が発揮されるとは考えずらいはずです。

 

さて、それではどのようにしたらモチベーションは上がるのでしょうか。

 

それは、軽い運動をするというのが効果的だと言われています。

例えばジョギングなどでもいいですが、階段の上り下り、筋トレ、など家でできるものでも問題ありません。

 

理由は、体を動かすことによって、アドレナリンが分泌されるからです。

 

その他にもコーヒーを飲むことで、同様にアドレナリンが分泌され、能力の向上や、モチベーションの向上につながる、ともいわれているので、ぜひお試しください。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

どれも、比較的簡単にできる方法を挙げたので、ぜひこのような悩みを抱えている方は、お試しください。

 

また、モチベーションについてはこのほかにも、様々な方法があるため、今回紹介した中に自分に合うものがないと感じたら、自分にあったモチベーションを上げる方法を探してみることをオススメします。

 

モチベーションを上げることは、「スマホをやめる」こと以外にも、効力があるので、ぜひやってみてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6.おすすめ 
フォローする
転勤から見える景色

コメント