海外の人気世界遺産おすすめベスト5をかってに選んでみました!

スポンサーリンク

 

人気世界遺産ベスト5

世界でも日本でも、世界遺産に登録されると、人気観光地になってしまいます。

これが良いことなのか、悪いことなのか、後生になって分かることです。

世界遺産は、1972年のユネスコ総会で、採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて世界遺産リスト(世界遺産一覧表)に登録された、文化財、景観、自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持つ物件のことで、移動が不可能な不動産が対象となっている。慣例的な用法として、その中の文化遺産を世界文化遺産、自然遺産を世界自然遺産と呼ぶことがある。

スポンサーリンク

 

1位:マチュピチュ(ペルー)

歴史

マチュピチュを作ったのは9代目のインカ皇帝パチャクティ(在位1438年~1471年)と言われています。

インカ帝国は文字を持たなかった文化であるため、正確な資料は残っていません。

15世紀の中頃の中央アンデスには、色々な地方文化を持った王国があり、その中の1つの小さな国であったと推定されています。

1911年にアメリカ人のハイラム・ビンガムに発見されるまで、存在を忘れ去られていました。


〇入場料金(マチュピチュ、ワイナピチュ山)

外国人大人S/.152.00、外国人学生S/.45.00

 

ビューポイント

・太陽の動きを観察する日時計や祭祀場所の形跡が見られます。
・周囲の森林にはイハドリや珍獣のメガネグマが生息しています。
・北側にそびえ立つワイナピチュで遺跡全体を見渡せます。

 

人気お土産ベスト3

1.インカコーヒー:世界有数のコーヒー生産国であり、品質の高さが世界で認められています。
2.ペルー民芸 ブックマーク:世界遺産クスコでつくられている手づくりのレザー製品です。
3.アンデスの塩:世界遺産クスコの4000m高地にある、マラス塩田で天日干しされた自然塩です。

 

スポンサーリンク

2位:モンサンミッシェル(フランス)

歴史

708年アヴランシュ司教オベールが夢の中で大天使ミカエルから「この岩山に聖堂を建てよ」とお告げを受けました。

その後、礼拝堂を作ったことがモンサンミッシェルのはじまりとされています。

モンサンミッシェルの頂上には大天使ミカエルの像が設置され、修道院を見守っています。

996年には、ノルマンディー公リシャール1世がベネティクト会の修道院を島に立て、増築を重ねて13世紀には、ほぼ現在の形になったとされています。


〇入場料金

大人9ユーロ、子ども(18歳以下)無料

 

ビューポイント

・朝焼けや夜のライトアップなど時間や季節によって絶景の変化が楽しめます。
・モンサンミッシェルの島へと渡る際に馬車を使用して非日常を満喫できます。
・1300年以上の歴史があるモンサンミッシェル修道院を見学できます。

 

人気お土産ベスト3

1.フランス チョコトリフ:エッフェル塔のパッケージに包まれ、程よい甘さと上品さがあります。
2.モンサンミッシェル ガレットクッキー:伝統製法でつくられたバターの風味たっぷりの贅沢な味わいです。
3.マキシム・ド・パリ チョコクレープ:サクッとした香ばしい食感が美味しいです。

 

スポンサーリンク

3位:サグラダ・ファミリア(スペイン)

 歴史

サグラダ・ファミリアは民間カトリック団体のサン・ホセ教会が設立し、その設計は建築家のフランシスコ・ビリャールに任されていました。

しかし、着工の翌年の1883年に意見対立により辞任しました。

次期設計者に任命されたのが当時は無名であったアントニ・ガウディーでした。

 

1926年の亡くなるその日まで建築に携わりました。

2026年以降に完成が予定されています。


〇入場料金(聖堂、塔、オーディオガイド)

大人38ユーロ、30歳未満及び学生36ユーロ、シニア31ユーロ、11歳未満は無料

 

ビューポイント

・生誕のファザードは曲線デザインが特徴的な塔で約30年かけて建築されました。
・受難のファザードは直線デザインが特徴的な塔で現在も建築工事が行われています。
・教会内部は天井の高さと美しいステンドグラスがあり、神秘的な雰囲気が楽しめます。

 

人気お土産ベスト3

1.エキストラバージンオリーブオイル イベロ:世界一の生産量を誇るオリーブオイルです。
2.アガタ・プラダバーム:缶がカラフルでキュートな保湿効果の高いクリームです。
3.スペイン アーモンドクッキー:風味・香りともに世界一のスペイン産アーモンドを生地に練り込み、焼き上げています。

 

スポンサーリンク

4位:アンコールワット(カンボジア)

歴史

アンコールワットは世界最大の石造寺院であり、世界最大級の宗教建築です。

クメール建築の最高傑作と言われています。

12世紀前半、1130年から約30年の年月をかけてクメール王国のスールヤヴァルマン2世によって建造されました。

ヒンズー教寺院であると同時に、王の霊廟として計画されたと言われています。


〇入場料金

大人37ドル(1日フリーパス)、子ども(11歳以下)は無料

 

ビューポイント

・タ・プローム遺跡はガジュマルの木が遺跡を覆い幻想的な風景が見られます。
・ベンメリア遺跡は瓦礫の山が残り、発掘当時の雰囲気を感じられます。
・プレアヴィヒア寺院は世界遺産に登録されており、海抜625mの断崖絶壁にそびえ立っています。

 

人気お土産ベスト3

1.アンコールクッキー:カンボジア産カシューナッツがふんだんに使われた手づくりクッキーです。
2.カンボジア ペッパー:フルーティーな香りと風味で世界一美味しいと言われています。
3.アンコールビール:カンボジアの国民的ビールです。なめらかで、爽やかな苦みがあります。

 

スポンサーリンク

5位:ピラミッド(エジプト)

歴史

ギザ砂漠の三大ピラミッドの造営時期は約4500年前の紀元前2500年頃と推定され、いずれもエジプト第4王朝期に建設されています。

古代エジプト大国のファラオの墓陵であり、被葬者はクフ王、カフラー王、メンカウラー王とされています。

カフラー王のピラミットの参道入り口にそびえ立つ大スフィンクスも含めて世界遺産に登録されています。


〇入場料金

大人400ポンド(敷地内、クフ王のピラミッド内、太陽の船)、学生200ポンド

 

ビューポイント

・クフ王のピラミッドの内部が見学できます。
・夜にギザの三大ピラミッドとスフィンクスを使用したショーが開催されます。
・広大な砂漠をラクダに乗って散歩できます。

 

人気お土産ベスト3

1.エジプト ピラミッドチョコレート:煌びやかなパッケージに包まれており、ヘーゼルナッツペーストが練り込まれています。
2.エジプト トショットグラス:象形文字と黄金色で装飾されています。
3.ツタンカーメン 赤ワイン:しっかりとしたぶどうの風味が楽しめます。

 

スポンサーリンク

まとめ

世界遺産は、地球の生成と人類の歴史によって生み出され、過去から現在へと引き継がれてきたかけがえのない宝物です。

 

現在のユネスコ世界遺産条約に認定されている総数は、1121件(文化遺産869件、自然遺産213件、複合遺産39件、)あります。

 

あなたも海外旅行に出かけて、異国の文化や食事を楽しみながら、先人達の築き上げた歴史の深みを味わってみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
7-3.海外
フォローする
転勤から見える景色

コメント