会計処理効率を上げ、手間と経費を削減する会計ソフトオススメ3選!

スポンサーリンク

 

会計ソフトオススメ3選

 

 

スポンサーリンク

弥生会計

弥生会計は、売上実績が同系統ソフトの中で、20年連続第一位を獲得しています。

 

新元号にも対応しており、消費税の引き上げや軽減税率はもちろんのこと、手形管理や預貯金管理、固定資産管理まで標準装備されています。

拠点ごとの端末で、入力・処理出来るため、本部で一括入力する必要がなく、無駄な作業を削減できます。

 

created by Rinker
¥2,552(2020/09/22 23:24:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

データを入力するだけで、システムが自動で分析データを作成するため、確認したい分析資料を確認したい時に見る事ができます。

使用者のログイン管理から、仕分け全ての履歴まで一元管理されており、財務諸表を作成する全ての工程の記録が残るため、信ぴょう性を担保できます。

 

会計処理を実施していくなかで、作業の効率化や人為的ミス防止の機能が多数備わっています。

会計処理システムでは、あらかじめ用意されているデータから取引の種類を選択し、日付と金額を入力するだけで仕分けができます。

 

明細やクレジットカードなどのデータを自動で取得・反映させ、手間を掛けずに仕分けを完了することができます。

キャッシュフローなどの確認として、入金や売掛金、買掛金などのデータと、取引先様の支払予定月などを、自動で一覧化しリアルタイムで確認することができます。

クラウドサービスを利用することで、会計事務所や顧問税理士とデータをリアルタイムで共有することができる為、情報共有の手間が省かれます。

 

弥生会計では、30日間の無料体験が受けられ、事前に使用感や機能を確認してから、契約することが可能です。

導入や設定に関しては音声又は、動画でスタートアップガイドが用意されており、知識のない人でも簡単に設定から導入まで行えます。

 

導入企業からの評価については、「ITreview Grid Award 2020 Winter」と呼ばれるビジネス向けIT製品・クラウドサービスの会計ソフト部門で、レビュープラットフォームにおいて顧客満足度が最も高い「Leader」を受賞しています。

 

スポンサーリンク

freee

freeeは資金調達TOP100社のランキングに入る企業の内、41社に選ばれているクラウドERPです。

 

ERPとは企業の資金や人材、設備、情報などの資源を管理・分配し経営の全体最適に役立てる手法を指します。

freeeでは請求書作成や経費計算、試算表の作成、新規プロジェクトの収支まで、一元管理され会計及び業務データがリンクし、一度の入力で関係する資料全てに反映されます。

 

 

そのため、複数に渡るエクセルやシステムを使用し、転記作業中に発生するようなミスもカバーされています。

また、会計・経理担当者と関係部署とのやり取りが最小限に抑えられ、情報の共有にかかる時間の短縮につながり決算処理完了までのスピードが飛躍的にアップします。

 

企業が上場する際に必要になる、内部統制審査用の資料に関しても、自動で資料が作成されて、CSV資料へのファイル出力も自動で集計され完了します。

freeeはアプリも配信されており、領収書や請求書を撮影することで、システムが自動的に日付や項目、金額を入力する事ができます。

 

画像データは保存されていき、撮影日時が自動で入力されることから、電子にて証憑データが自動で保管され紙ベースの保管が不要になります。

freeeのログイン管理システムは、不正ログインを防止するために、IPアドレスを限定しアクセス制限を掛ける事ができます。

また、独自のシステムにより不正アクセスの検知が可能になり、ログイン失敗の回数に制限が掛けられ不正ログインを防止します。

 

スポンサーリンク

マネーフォワード

マネーフォワードの特徴として、人工知能や機械学習AIを使用しており、使用する程に学習し入力や仕分け業務の負担が軽減されていきます。

 

使う程に自社の会計・経理の流れにマッチしていき、ビッグデータをもって勘定項目が提案されます。

セキュリティに関しては、金融機関システムを担当していたセキュリティの専門家がシステムを構築しており、外部の会社が定期的に脆弱性を評価する事で、常に安全な体制を取る事ができます。

月額3,980円から始める事が出来、年払いでは35,760円と月払いより12,000円割り引かれます。

 

created by Rinker
マネーフォワード
¥32,780(2020/09/22 23:24:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

マネーフォワードは、クレジットカードやネットバンキングはもちろん、POSレジにも対応し、自動的に会計処理されるため入力業務が少なくなります。

会計事務所が顧問先に進めたいクラウド会計ソフトとして、マネーフォワードはNo.1を獲得しています。

 

導入前に試したい企業に向けて、無料トライアルが設けられており、無料トライアル終了後、有料サービスへ切り替える際に、データが引き継がれるため安心して試す事ができます。

随時クラウドによるバックアップ処理がされ、災害などの有事の際にも、データの安全性が保たれます。

 

対象企業については、個人事業主から大企業に至るまで利用でるため、会計処理について知識のない個人事業主でも始める事ができます。

 

スポンサーリンク

まとめ

会計ソフトの主要機能に関しては、自動入力や携帯端末での勤怠管理、決算書の自動出力などサービス内容に大きな差はありません。

 

パソコン作業の苦手な方であれば、弥生会計の動画又は、音声によるスタートアップガイドを利用し、勉強しながら会計処理を進める事をオススメします。

 

不正なログインなどから大切な会計資料を守りたいのであれば、freeeの不正ログイン防止システムを利用する事で、安全性を確保しながら会計業務ができます。

 

自社の会計・経理の形を崩さずに効率を求めるのであれば、人工知能・機械学習AIを搭載したマネーフォワードを使用すると、会計業務の移行についてもストレスをすくなく始める事ができます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6.おすすめ 
転勤から見える景色

コメント