ピリッとした大人の雰囲気と極上の握りを味わえる六本木鮨の名店3選

スポンサーリンク

 

六本木鮨の名店3選

大人の町として知られる六本木エリアには、ミッドタウンや六本木ヒルズなど多くの商業施設があり、日々多くの人で賑わいます。

この六本木エリアには、名店と呼ばれる飲食店も数多く立ち並びます。

中でも今回ご紹介した3選の鮨屋は、特に人気があり一度は足を運んでおきたい名店でもあります。

 

スポンサーリンク

鮨 由う

六本木エリアの中でも、静けさのある4丁目の地下にあるのが「鮨 由う」です。

 

オープンして1年目で、ミシュランガイド1つ星を獲得するほどの実力を持つ名店でもあります。

扉を開けて店内に入れば、そこには美しい木のカウンター席が広がり、カウンター席越しには尾崎大将が元気な挨拶でお出迎えしてくれます。

尾崎大将の楽しい会話とパフォーマンスを楽しみながら、おつまみと握りを楽しめるお店でもあり、時間を忘れながら美食に満足し、美酒に酔いしれます。

 

おつまみも種類豊富で、一品一品がボリューム満点で旬の魚介類を楽しめます。

おつまみだけでも、お腹いっぱいになるほどのボリュームであり、お腹が満たされてきたタイミングで、握りの時間がはじまります。

 

赤酢を使用して作る握りは、おつまみに負けず劣らずの存在感であり、お腹もいっぱいになります。

最後まで、お腹いっぱいになれる品々であり、満足しながら至極のひと時を過ごすことができます。


店舗情報
店名:鮨 由う
電話番号:03-3404-1134
住所:東京都港区六本木4-5-11 ランド六本木ビル B1
営業時間:
ランチ:12:00~14:00
ディナー:17:30~23:00
アクセス:東京メトロ日比谷線 六本木駅 徒歩4分

 

スポンサーリンク

すきやばし 次郎 六本木ヒルズ店

「すきやばし 次郎」と言えば日本を代表する名店であり、小野大将の息子がのれん分けでお店を開いたのが、「すきやばし 次郎 六本木ヒルズ店」です。

 

本店同様に、握りをしっかりと楽しむことができる鮨屋ですが、六本木ヒルズに店を構えており、ピリッとした雰囲気を感じさせます。

カウンターに座れば、提供されたお茶を飲みながら握りを待ちます。

気軽に話ができる大将でもあり、会話とともに握りを楽しめば、心の底から満足していけるほどです。

 

「すきやばし 次郎 六本木ヒルズ店」のメインはマグロであり、赤身に中トロ、そして大トロと続く中で、マグロの味わいの変化を楽しんでいけます。

このマグロを一度口にすれば、納得してしまうほどの美味しさであり、瞳を閉じて嚙み締めるかのようにマグロを楽しめます。

 

気が付けば、自然と「美味しい」と口から言葉が漏れてしまうほどです。

「すきやばし 次郎」の味を楽しめる名店での食事は、心地の良いひと時と言えます。


店舗情報
店名:すきやばし 次郎 六本木ヒルズ店
電話番号:03-5413-6626
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ けやき坂通り 3F
営業時間:
ランチ:11:30~14:00
ディナー:17:00~21:00
アクセス:東京メトロ日比谷線 六本木駅 徒歩4分

 

スポンサーリンク

蔵六雄山

「蔵六鮨」ブランドは六本木で店舗展開していた名店であり、今は広尾に総大将がお店を持ちます。

 

六本木に残る蔵六鮨ブランドが「蔵六雄山」であり、小高大将が堂々とカウンター越しに鮨を握ります。

インパクトのある大将は、大柄で迫力がありながらも、繊細な握りを作るギャップが楽しみ方の一つでもあります。

 

一品料理から始まりますが、どれも美しくそれでいて口の中で、新鮮な鮮魚の旨みを楽しむことができます。

握りにおいては、力強さと優しさの両方を兼ね備えた握りであり、口の中で存在感を感じさせながらも、シャリがほろっと崩れながらネタと合わさります。

噛めば噛むほど旨みが広がり、シャリとの相性の良さを感じさせます。

中でも常に数種類置いている雲丹は格別の美味しさであり、濃厚で香りのよい雲丹を軍艦や一品料理で楽しむことができます。

 

強面でありながらも、気さくに話しかけてくれる大将との会話を楽しみながら、絶品の握りを楽しめる名店です。


店舗情報
店名:蔵六雄山
電話番号:03-3479-0533
住所:東京都港区六本木7-18-24 鈴木ビル 2F
営業時間:18:00~23:00
アクセス:東京メトロ日比谷線 六本木駅 徒歩3分

 

スポンサーリンク

まとめ

美しい木のカウンター席で、ピリッとした大人の雰囲気を楽しみながら味わう握りは、格別の美味しさと優越感に浸ることができます。

 

中でも「鮨 由う」は、焼肉の名ブランド「うしごろ」が手掛ける鮨屋であり、オープンして1年目でミシュランガイドで、1つ星を獲得するほどの実力を持ちます。

 

ただ美味しいお鮨を味わえるだけではなく、尾崎大将の楽しいパフォーマンスや、これでもかと言わんばかりに提供されるおつまみと、握りのボリュームにお腹も心も自然と満たされていきます。

created by Rinker
¥1,153(2020/12/01 06:33:29時点 Amazon調べ-詳細)

中でも「プリン巻き」はあん肝とシャリを混ぜ合わせ、そこにきゅうりを挟んで味わう一品は、特許も取得するほどの名物メニューでもあります。

甘みがしっかりとしており、口の中であん肝の美味しさが広がり、きゅうりの食感が良いアクセントになっています。

 

最後の最後に提供される巻物は、提供されたコースのネタをたっぷりと詰めた巻物であり、ボリュームもネタの種類にも驚きを隠せなくなるほどです。

気が付いたら時間が来てしまうほどであり、ワクワクとした気持ちのまま、食事を終えることができます。

 

六本木と言う地であるからこそ、大人の時間を満喫できるカウンター席の鮨屋で、極上のひと時を過ごしていけます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
7-2.国内
転勤から見える景色

コメント