紅葉の季節到来にて東京都内で紅葉を楽しめるおススメスポット5選!

スポンサーリンク

 

東京都内で紅葉を楽しむ

今年はコロナの影響から、多くのイベントが中止となり、外出する機会が減ってしまった方も多かったでしょう。

四季折々の楽しみが無いことに、残念に感じている人がいると思います。

 

今回は、秋の風物詩である「紅葉」をご紹介します。

地方まで足を延ばすのが大変だって人に向けて、都内で楽しめる紅葉おススメスポットを5つ紹介します。

 

この記事を読んだら、すぐに季節を感じる紅葉を見に、お出かけの準備をしたくなるかもしれません。

 

スポンサーリンク

都内で紅葉のおすすめスポット5選

 

秋川渓谷

秋川渓谷の紅葉と言えば、清流と紅葉のコラボレーションが美しく、流れる清流と紅葉が織りなすコントラストが抜群です。

秋川渓谷には、パワースポットとして有名な払沢の滝や、巨大な岩がせり出すなど大自然が残っています。

都内でも珍しいほどの透明度を誇る川の青さと、黄色や赤などの色鮮やかな紅葉のコントラストを楽しめるポイントがたくさんあります。

 

特におススメのポイントは、石舟橋で、「秋川渓谷 瀬音の湯(温泉施設)」に続く吊り橋である、石舟橋は写真を撮るには最高の場所です。

「紅葉・吊り橋・清流」が作り出す世界に、しばし魅了されて動けなくなってしまうでしょう。

 

場所 西多摩郡檜原村 JR武蔵五日市駅よりバス20分

国営昭和記念公園

都内屈指の大きさを誇る国営昭和記念公園は、総面積180haと、東京都内ではひときわ大きな公園で、園内を森ゾーン・広場ゾーン・水ゾーンなどに分かれています。

場所ごとに違った色を見せる紅葉は、訪れる人を魅了すること間違いありません。

 

昭和記念公園では、レンタサイクルを利用するのがおススメです。

秋の風を肌に感じながら滑走して、自分の好きな紅葉ポイントを見つけるのも良いとおもいます。

夜は、ライトアップされた紅葉を見ることも出来るので、ふらっと平日に立ち寄ってみるのもおススメです。

 

その他にも、季節ごとに移り変わる様々な植物を楽しめたり、アウトドアや肉フェス(世界中のお肉料理が楽しめるイベント)が開催されたりと、ワクワクするようなイベントもやっています。

紅葉を楽しんでも良いし、イベントを楽しんでも良いでしょう。

 

広い芝生もあるので、天気の良い日には、ごろんと昼寝も最高で、友達と一緒でも、家族連れでも楽しめるのが、昭和記念公園の特徴です。

 

場所 立川市 JR青梅線 西立川駅より徒歩5分

スポンサーリンク

六義園の紅葉

六義園は、モミジの紅葉と由緒正しき庭園で、徳川幕府5代目将軍の徳川綱吉の時代に賜った池の周辺に下屋敷を造り造成したところです。

 

小石川後楽園とともに、江戸の二大庭園の一つとして愛されており、魅力の1つとしては、モミジの紅葉です。

つつじ茶屋を囲むモミジの紅葉は圧巻で、時間が止まり過去にタイムスリップしたような感覚になります。

 

吹上茶屋では、お抹茶セット620円(抹茶と季節の上生菓子)を堪能することも出来ます。

園内は、つつじ茶屋を利用しながら約1時間のコースとなっており、紅葉を楽しみながら、ゆっくりと散歩を楽しめます。

車いすでの散策も出来ますので、足の不自由な方の利用も出来るのは嬉しいです。

 

場所 文京区 JR駒込駅より徒歩6分

駒沢オリンピック公園

駒沢オリンピック公園は、1964年の東京オリンピックの時に設立された、運動しながら紅葉が楽しめる公園です。

世界大会で使われるほどの運動施設の他に、子どもたちの遊び場もあり、近くに住む人たちの憩いの場になっています。

 

園内には、670本のイチョウやケヤキの木があり、紅葉の季節には黄色一色に覆われた道が広がります。

園内には2キロのジョギングコースがあり、ウォーキングやジョギングを楽しむ方がいらっしゃいます。

運動好きな人なら、ランニングシューズを持って、お出かけするのもおススメです。

 

特に、子どもたちが自転車の練習をして遊ぶ、チリリン広場や、西口から広がるケヤキ並木はおススメスポットです。

運動の後には、園内のカフェでくつろいでも良いですし、円形花壇前に昔からある、こまざわコッペで、コッペパンを買って、公園内をぶらぶらするのも良い場所です。

 

場所 世田谷区 田園都市線駒沢公園駅より徒歩6分

浜離宮恩寵公園

浜離宮恩賜庭園は、都会のオアシス的存在で、徳川幕府11代将軍の徳川家斉の時代には、造園を重ねて現在のような庭園になったと言われています。

 

周りをぐるりと高層ビルに囲まれた場所ですが、一歩足を踏み入れると、そこは都内とは思えないほどの自然を満喫できます。

モミジやハゼ、トウカエデが紅葉し、潮入りの池(都内唯一の海水の池)の水面に反射し、見る人たちを魅了します。

 

自然と都会のコントラストから、ポートレイトに使用されることも多いのも納得するでしょう。

園内を一周するには、1時間~1時間半ぐらいかかるほどの大きさがありますが、豊かな自然を見ながらの散策は、時間を忘れてしまうこと間違いなしです。

 

紅葉を楽しむ時期より少し前では、コスモスが一面に咲き誇る自然が広がり、その光景は圧巻であり、リピートする方が多いのも、浜離宮恩賜庭園の特徴になります。

 

場所 中央区 JR山手線新橋駅より徒歩16分

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

都内にこんなにたくさんの紅葉ポイントがあることに、びっくりした人も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、都内の中でも厳選した紅葉おススメポイントを5か所紹介してみました。

今回紹介できなかった場所も、都内には沢山あります。

 

家の近くの公園で、紅葉を楽しむのも1つですが、今回紹介した特徴ある紅葉スポットに足を運んでみるのも良いでしょう。

冬が訪れる前の限られた時期にしか見られないのが紅葉ですので、是非今度の週末にお出かけしてみてください。

さあ、「紅葉スポットへレッツゴー」と行動を起こしましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
7-2.国内
転勤から見える景色

コメント