AdSense復活記念日

スポンサーリンク
  

 

7月24日(2017)、ポリシーセンターからの注意を受け、8月23日迄の広告配信停止処分を受けました。

このブログでの広告代金は微々たるものでしたが、ルールはルール。

これが8月24日、解除されました。

 

復活祭です。

 

ここで、戒めも含めてもう一度ポリシーの確認をしたいと思います。

まずは基本中の基本。
自己クリックの禁止(今回はこれに当たっていました)

「広告が表示さているが本当に広告主のサイトに行くのかな?」てな、テストは禁止です。
また、スマホによっては画面が小さいので、誤ってタップしてしまうかもしれませんが、これも違反ですね。

 

見ている人にクリックを誘導する行為は違反

「クリックお願いします」を広告のそばに置いてはいけません。
(これは少し気になっています。ブログ村への応援クリックですが)

広告への誘導と見なされて、これも違反です。

 

やはり、広告は本当に興味があり見てみたい人のためにおいてあるので、自分でクリックしたり、誤クリックを狙ってはいけません。

 

 

コンテンツの内容も重視されます。

アダルト禁止
・水着もグレーゾーン
・胸元の大きく開いている女性もアウトかも

著作権侵害
・動画・静止画

ギャンブル関係

市販薬はOKでも、処方薬はダメかも
・違法薬物と間違われるので

アルコール関係
・各種アルコールがあるがほぼ危険ですね

タバコ関係
・電子タバコもダメでしょう

花火等爆発するものもダメ
・武器や兵器を連想させてしまうので

 

要するに、青少年また、自分の子供に見せられないようなものはダメなのでしょうね。それを連想させるようなもの、職場でセクハラを連想させる画像等々も厳しく制限されています。

 

 

 

最後にレイアウトの問題があります。

どこに広告を置いても良いものでもないし、広告の大きさや場所も制限を受けます。

パソコンでは気にならなくても、スマートフォンで違反になることがあるので、注意が必要ですね。

 

ポップアップ
追従エリア
記事や他の広告とかぶり
広告の個数や大きさ
広告のラベル(コメント)

 

なども制限があるので注意しましょう。

 

まあ、広告主の立場になれば、違反があるのは当然でしょうね。

大いに気をつけます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
5-1:ブログ
フォローする
転勤から見える景色

コメント