気持ちよく使う事のできるライン(LINE)の三つの便利機能

スポンサーリンク
  

 

ラインの三つの便利機能

皆さんも使っていると思います、ラインの便利機能について紹介したいと思います。

 

そもそもの発端は、日本の開発者が韓国人の技術者と共に開発したのが始まりで、日本では今なお圧倒的なシェア率を誇っています。

 

 

そんなラインを、今よりいっそう便利にお使いいただくために、老若男女問わずお使いいただけるものを今回紹介していきます。

スポンサーリンク

通知機能

ラインの発展を遂げた理由の一つに、「公式アカウント」というものがあります。

これは企業や法人、はたまたラインの会社の方が作り出した多様な、利便性に富んだものですが、これは一度登録すると数日に一回のペースで通知が来ます。

 

これが煩わしいと感じされる方は少なくないのではないでしょうか。

そのような方のために公式アカウントのみならず、普通のアカウントにもお使いいただけるラインの通知設定についてまとめます。

これはアンドロイドとアイフォンの違いはありません。

 

手始めに、ラインにおける一番初めの「ホーム」を開いてください。

デフォルトではすべてのビューアーが開かれておりますが、それは今回無視してもらって構いません。

 

通知の設定には二つあり、一つが「全体設定」、もう一つが「個人設定」です。まずは「全体設定」の方から解説します。

 

先程開いていただいたホーム画面の上部をご覧ください。

そこには「歯車」のようなアイコンがあり、昨今のデータ業界では「歯車」は設定を意味します。

 

そこをタップすると設定画面に飛びますので、ここで設定をします。

 

下へ下へとスクロールいたしますと、「通知」とカテゴライズされた枠がいくつか確認できると思います。

そこの先に、またも「通知」と書いて、右に緑の四角が確認できますでしょう。

そこをクリックされますと、黎明なアニメーションと共に白抜きのチェック印が消えます。

 

この設定が何を意味するかというと、ラインの通知そのものを遮断することを意味し、つまり、公式も非公式も、メッセージも情報も関係なく、あなたは感知できなくなるのです。

これの有用性は、「勉強したいのにラインの通知が気になる」、「寝ているのに通知がうるさくて、眩しくて寝られない」などの根本解決になります。

 

しかし、中には全体ではなく各自のメッセージ、それこそ公式アカウントや会話の多い友人などの身を、ピンポイントに遮断したいという方もいらっしゃるでしょう。

 

この場合は一度通知の設定から離れてください。

先程「歯車」印の設定について説明しましたが、今度はそのホーム画面でもトーク画面でも構いません、通知を消したい友達のいる画面を開いてください。

 

そのトーク画面をタップし、メッセージ入力のための画面に切り替えます。

ここで上部の「下矢印」のようなマークが目に留まるでしょう。

そこをタップしていただくと、先程より数倍分かりやすく「通知」と記載されています、それをタップすると、このマークが瞬く間に「切られたメガホン」のような形になります。

 

これで、メッセージを見ようとすれば見えますが、その人からの通知は来ません。

 

以上のように、ラインの通知設定では自分の好みのまま通知を設定できるのです。

スポンサーリンク

非表示

さて、煩わしい通知から解放されました。

しかし、友達と話そうとトーク画面を開けば、そこにあるのは通知こそないもののメッセージを送信し続けるアカウントがありますが、目につきますね。

 

これを克服するためにある設定が、「非表示」です。

 

非表示設定をいたしますと、その人とのトーク画面はあなたのトークリストからは完全に隔離され、それによってあなたはトーク画面の煩わしさから解放されるでしょう。

 

これは前回と少しばかり違った手順を踏みます。

 

まずは様々な友達が並んでいるトーク画面から、非表示にするものを選び、長押ししてください。

すると、今の画面を上からかぶせるような感覚で白い枠がいくつか固まったようなページが出てきますが、これが用語で「ホップアップ」というのです。

 

そこにアイコンこそないものの、文字で「非表示」と書かれた文字列があります。それをタップしてください。

 

そうしますと、元のトーク画面からそのアカウントは消えます。

 

では、どこに行ったのでしょうか。答えはまた、「設定」にあります。先ほどの「通知」の説明で書きました通りの方法で「設定」を開いてみると、そこに非表示リストという枠があります。

 

この枠をタップしていただくと、ありました。かつてあなたが非表示にしたアカウントが列挙されています。

ちなみにですが、そのアイコンをタップしてもらうと、非表示を解除できます。

 

この非表示機能はトーク画面からこのリストへと移動させることで通知はおろか、メッセージを受信しなくなるという点で優れています。

ちなみに、この非表示は相手には伝わりませんので良心の呵責は不要です。

スポンサーリンク

ピン止め

しかし、ここでも困ったことが発生する方もいらっしゃるでしょう。

例えば上司のラインなどの通知は見たくないが、消すわけにはいかない。

しかし、遊んでいる最中にメッセージの受信に気付くこともしたくない。こんな感覚がある方もいると思います。

 

そんな方におすすめなのが、「ピン止め」です。

 

この記事を書く前にラインの非通知機能について調べましたが、これについて言及しているものを見ることはかないませんでした。

 

本来ピン止めという機能は、メッセージが来ようが来まいが関係なくトーク一覧の一番上に表示させる機能です。これを活用しましょう。

 

普段話す友達、ほとんど会話が無いが上にあって遜色ない友達などを、選んで各自それを長押ししますと、またも白い枠が「ホップアップ」します。

これをすることで、通知やメッセージの頻度と関係なく、見たくないアカウントを下へ下へと押し返せます。

 

これに非通知を足したら、消すことなく煩わしさから自身を解放できますので、試して見て下さい。

スポンサーリンク

まとめ

今回はラインの便利機能について三つほど、まとめましたが、いかがでしたでしょうか。

 

日頃使うものだからこそより便利に、より気持ちよく使っていきたいですよね。

これを知って、普段の会話の話題にすることもできます。友達にも教えてあげましょう。

 

本来SNSとは心地よく使うもので、それならばデメリットのないこの機能を活用してみてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6.おすすめ 
フォローする
転勤から見える景色

コメント