ストレスを感じたとき、簡単に発散する方法はこれだ(3選)!

スポンサーリンク
  

 

ストレス発散方法

現代社会で生きている人は誰しも、少なからずストレスを抱えていることでしょう。

特に、人間関係でのストレスを抱えている人は多いのではないでしょうか。

そうしたストレスを抱えたまま放置すると、肌荒れの悪化、体調の悪化、不眠症、さらには精神障害やうつ病など、深刻になっていくこともあります。

そこで、どうすれば、ストレスを発散することができるのか、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ストレスの原因とは

まず、ストレスの原因を探ることは重要です。

 

もし簡単に原因を排除できそうなのであれば、原因の解消に努めましょう。

いくら、ストレスを発散させても、ストレスの原因がある限り、意味はありません。

 

最も考えられる原因は仕事関連でしょうが、「仕事などの量が多い」、もしくは「仕事が自分とあっていない」・「向いていない」、あるいは、暇すぎてもストレスを感じることもあるでしょう。

仕事関連ではやりがいが感じられない、ノルマや責任などの重圧、難しい技術が必要などが挙げられます。

 

この原因の場合、「仕事を辞める」、なんてことはなかなかできないですから、解消するのは難しいと思います。

 

もう一つ想像できるのは人間関係のストレスです。

こちらは社会人だけでなく、学生などにも見られます。

いじめ、悪口や陰口などによってストレスを抱えるケースで、こちらは仕事が原因のストレス以上に解消が難しいと思います。

 

例えば、仕事が向いていなくてストレスを抱えている場合、そもそもの「仕事が向いていない」という原因は自身にある、というのは明白です。

 

しかし、人間関係が原因の場合、人に対する真偽不明の疑心からもストレスを感じることがあるのです。

「もしかしたらAちゃんは私のことを嫌っているかも?」「あんな行動したことで、Aちゃんに嫌われたらどうしよう」など、悶々と考えることで、ストレスとなってしまう場合があり、こういった疑心を晴らすことはなかなか難しいでしょう。

 

先ほども述べた通り、ストレスのそもそもの原因を根絶できるなら、それに越したことはありません。

では、原因解消が難しい場合、どうすればよいのでしょう。

 

スポンサーリンク

ストレス解消法

 

趣味を見つける

「趣味を見つけたところで時間がない!」、という方もいるかもしれませんが、仕事のストレスだとしても、“会社が法定労働時間を厳守している”という前提で紹介しようと思います。

つまり、趣味を見つけて、楽しむだけの時間的余裕がないのであれば、労働基準法に定められる法定労働時間を守っていない可能性があるため、ストレス解消よりも先に、その解決方法を講じることを優先すべきだと思います。

 

さて、趣味を見つけることでストレス解消につながる理由ですが、趣味を見つけることで、それが一つの自身の“居場所”となるのです。

ストレスを抱えるということは、“仕事という居場所”、もしくは“人間関係という居場所”が不安定になっているということです。

 

人というのは不安定な居場所を嫌う生き物ですから、新たに趣味という居場所を作った場合どうでしょうか。

 

“趣味”という居場所が帰る場所となり、住処となるのです。

つまり、仕事でストレスを抱えていても、「あと2時間で家に帰れば自分の趣味に費やせる」と前向きな気分になることができます。

 

仮にお金がかかる趣味であれば、仕事を頑張る生きがいにもなりますし、人間関係にしても「趣味があるから、どうとでもなれ」という精神や、あるいは趣味から新たな人間関係が形成されることもあるでしょう。

 

運動をする

多少、趣味と被るかもしれませんが、運動によってストレスを解消することができる、ということは科学的にも言うことができます。

 

運動によって脳にアドレナリンが分泌され、モチベーションを上げる効果があるためです。

 

また、実際に運動したときを想像してみてください。

例えば、徒競走をしているとき、大抵の人は一心不乱に相手に勝つことのみを考えると思います。

つまり、運動をすることで、様々なしがらみを一時、忘れることができ、それがストレスの発散にも繋がるでしょう。

特に、競技性のあるスポーツが望ましく、手軽にできるものだと、テニス、バトミントン、卓球などが挙げられます。

休日に友人などを誘って、近くのスポーツセンターなどでやってみてはいかがでしょうか。

 

歌を歌う

カラオケなどで歌ったら気分がよくなった、という経験がある方も少なくないでしょう。

これは実は科学的根拠もあるのです。

鶴見大学歯学部の斎藤一郎教授は、60歳以上の高齢者44人を集めて、好きな曲を3曲歌ってもらい、歌う前と後での唾液の量、唾液に含まれる「コルチゾール」の量、気分の変化を調べました。

 

コルチゾールとは、いわゆるストレスホルモンと呼ばれるもののようで、この量をストレス指数とすることもできるようです。

 

さて、この実験の結果、歌が好きか嫌いかに関わらずコルチゾールが減少し、さらにはネガティブな感情も解消されたことが分かりました。

 

大声を出すとストレスが解消される、とも言われているので、納得ではあります。

 

仕事後などにも、カラオケであれば行きやすいと思うので、ぜひ、ストレスを感じたらカラオケに行くことをオススメします。

 

その時間がないとしても、歌うだけでストレスが発散されるとのことなので、近所迷惑にならない程度に家で歌ってみても良いかもしれません。

 

歌の発声練習方法については、別記事でも話しているので、気になる方はそちらを参照してください。

 

姿勢と腹式呼吸で、初心者でも簡単に自宅でできるボイトレ方法を紹介
自宅でできる簡単ボイトレ 今回は、暑い日が長く続いていりので、家でできるボイトレを紹介します。 今回は、自宅でも簡単にできるボイストレーニング(以下ボイトレ)方法を紹介したいと思います。 ボイトレってなにやるの ボイトレのやり方を説明していく前に、まず皆さんはそもそもボイトレって...

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

個人的に一番オススメなのは趣味を作ることです。

趣味とは時として、生きがいになり、仕事となることもあるからです。

小説を書いてみる、絵を描いてみる、ゲームをしてみる、スポーツを始めてみる、などの趣味を目標をもってやることで、ストレスを改善するだけでなく、人生をより豊かにすることができるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6.おすすめ 
フォローする
転勤から見える景色

コメント