防衛省最大の式典と日本で異国体験(自衛隊基地・米軍横田基地)の見学

スポンサーリンク
  

 

(自衛隊・米軍)基地見学

 

スポンサーリンク

総合火力演習

 

観閲式の歴史と目的

1954年の自衛隊発足以来、1995年までほぼ毎年、海空各自が「中央観閲式(陸上自衛隊朝霞訓練)」、「観艦式(海上自衛隊:相模湾、横須賀など)」、「航空観閲式(航空自衛隊百里基地)」をそれぞれ実地していたのに対し、1996年以降は陸海空の1年ごとの持ち回りとなります。

 

例年10月に自衛隊記念日観閲式として実地され、自衛隊の最高指揮官である内閣総理大臣(観閲官)の観閲を受ける事により、隊員の使命の自覚及び士気の向上を図るとともに、防衛力の主力を展示し、自衛隊に対する国民の理解と信頼を深めています。

 

中央観閲式に参加するには

 

一般参加者応募倍率

本番(埼玉県:陸上自衛隊朝霞訓練所):一般閲覧応募倍率10倍以上

総合予行演習(埼玉県:陸上自衛隊朝霞訓練所) 関係者の招待により参加可能

 

直近で開催された日
:10月8日(総合予行演習:祝日月曜日)
:2018年10月14日(本番:日曜日)

 

おすすめポイント

・入場料が無料です。
・本番の主要出席者が豪華:内閣総理大臣、防衛大臣、陸上幕僚長など
・パレードが圧巻:出演自衛隊員約4000人により戦闘機や哨戒機などの航空機約40機、戦車などの車両や約260両が行進します。

 

・お土産コーナー:自衛隊グッツ(限定ワッペン、ミリータリー飯、キーホルダーなど)
・装備展示コーナー:戦車や地対艦誘導弾や救護施設など様々な展示があり、現役の自衛隊員ら装備説明をしてもらえます。
・音楽演奏イベントが実地されます。(総合予行演習日のみ)

 

観艦式に参加するには

 

一般参加者応募倍率

予行演習(神奈川県:相模湾、横須賀などから出航) 一般閲覧応募倍率10倍
本番(神奈川県:相模湾、横須賀などから出航)   一般閲覧応募倍率10倍以上

 

直近で開催された日:2015年10月18日(本番:日曜日)、10月12日(予行演習:祝日月曜日)、

10月15日(予行演習:木曜日)

 

おすすめポイント

・入場料が無料です。
・本番の主要出席者が豪華:内閣総理大臣、防衛大臣、海上幕僚長など。
・港から海上自衛隊の艦船に乗船することができます。
・艦上から自衛隊の航空機を見ることができます。
・自衛隊の艦船が30隻以上集結します。
・祝賀航行7カ国の艦船も参加します(アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、シンガポール、インド、中国)

 

航空観閲式に参加するには

 

一般応募参加者倍率

予行演習 (茨城県:航空自衛隊百里基地) 関係者の招待により参加可能
 本番 (茨城県:航空自衛隊百里基地) 関係者の招待により参加可能

 

直近で開催された日:2014年10月26日(本番:土曜日)、10月19日(予行演習:日曜日)

 

おすすめポイント

・入場料が無料です。
・本番の主要出席者が豪華:内閣総理大臣、防衛大臣、航空幕僚長など。
・自衛隊の航空機約80機が集結して空を飛行します。
・自衛隊の航空機約20機が展示されます。
・音楽演奏イベントが実地されます。

 

富士総合火力演習に参加するには

 

富士総合火力演習(東富士演習場)歴史と目的

陸上自衛隊富士学校の学生に、火力戦闘の様子を認識させる目的で1961年から開始されました。

1966年以降は自衛隊に対する国民の理解を求める目的で一般公開を行っています。

敵国が日本国の地に攻め入って来た事を想定して、年に1回の演習が行われ、使用される火薬は「39トン」、弾薬だけで約3億1000万円が使用されました。

 

一般参加者応募倍率

予行演習 関係者の招待により参加可能
本番   一般閲覧応募倍率28倍

 

直近で開催された日
:2018年 8月23日(予行演習:木曜日)
:2018年 8月24日(予行演習:金曜日)
:2018年 8月25日(予行演習:土曜日)
:2018年8月26日(本番:日曜日)

 

おすすめポイント

・入場料が無料です。
・本番の主要出席者が豪華:内閣総理大臣、防衛大臣、陸上幕僚長など。
・パレードが圧巻:参加隊員数2400名、戦車・装甲車80両、各種火砲約60門、車両約700両、航空機約20機などが演習を行います。
・演習が圧巻:間近で聞くことができる戦車が実弾を放つ音は迫力満点です。
・お土産コーナー:自衛隊グッツ(限定ワッペン、ミリータリー飯、キーホルダーなど)

 

スポンサーリンク

米空軍横田基地の日米好友祭

 

米空軍横田基地の歴史

1945年、東京都の5市1町にまたがり在日米空軍のために誕生した横田基地です。

 

主に輸送基地として活用されており、在日アメリカ軍事司令部や第5空軍司令部が置かれています。

極東に置ける主要基地であり、極東全体の兵站基地としての機能を有しています。

また、国連軍の後方司令部が設置されている他、2012年から航空自衛隊の航空総隊司令部などが府中基地から移駐し「航空自衛隊横田基地」が併設されました。

2017年から特殊作戦用の垂直離着陸機オスプレイが5機配備されました。

 

日米好友祭に参加するには?

 

開催日:2019年9月14日(土曜日)、9月15日(日曜日) ※年に一度の開催となります。
時間:9時~20時まで(閉門時間)

 

おすすめポイント

・入場料が無料です。(外国基地の為、16歳以上は国籍確認できる写真付き身分証明書が必要です)
・飛行展示では機体に乗る事ができます。(コクピット、荷台部分)
・屋内外のイベントスペースでは様々な催し物が行われます。(バンド、合唱など)
・夜に打ち上げ花火が上がります。
・アメリカングッツの販売や飲食店ブースの出店も行われています。

 

スポンサーリンク

まとめ

 防衛省は、一般国民の理解と信頼及び認知度の向上を目指して、様々なイベントを行われております。

中でも有名な式典は、観閲式と富士総合火力演習です。

 

その他にも自衛隊音楽祭り、陸海空自衛隊合同コンサート、航空祭などが挙げられ、参加して体験することにより防衛問題に関心を深めることができます。

また、日本で異国体験することが出来る、米軍横田基地見学もおすすめです。

 

あなたも身近なイベントに参加してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6.おすすめ 
フォローする
転勤から見える景色

コメント