ピザの『シェーキーズ』と牛カツ専門店『もと村』はいかがですか?

スポンサーリンク
  

 

先日の東京での続きです。

JR東京駅八重洲中央口、「サンドックイン神戸屋」さんに行きました。
先日の東京出張で、ランチは「サンドックイン神戸屋・八重洲店」さんでいただいた時の話です。 JR東京駅八重洲中央口改札出て直進、八重洲地下街内(メインアベニューから八重洲地下一番通りへ行く道沿い)に位置するイートイン...

 

 

シェーキーズ

『シェーキーズ』というピザバイキングが楽しめるお店をご存知ですか?

 

主に関東方面を中心に展開しているレストランで、アメリカ風なピザの食べ放題を提供しています。

 

『シェーキーズ』にいくのは初めてで、友人は大好きらしく、近場にあるとつい入ってしまうそうです。

 

そして、今回も友達が連れて行ってくれました。

 

 

とにかくピザがおいしいらしく、このお店では豊富な20種類以上のピザを、楽しむことができます。

 

宅配ピザとはちがった味付けでピザが、たくさんの種類のピザを楽しむことができます。

 

生地の暑さも薄すぎず、厚すぎずなので、すぐに満腹になることはなく、おいしくいろいろな種類のピザを食べることができました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

変わり種のピザを楽しむことができるのもバイキングならではの魅力です。

 

ハーフサイズやワンホールなど、ピザって頼むとなるとドーンと大きいサイズになってしまうので、試してみるってことが難しいイメージがありますよね。

 

しかし、この『シェーキーズ』ならワンカットが16分の1カットがあり、味をお試しするにはぴったりのサイズです。

 

 

私が今回、お試ししておいしかったのは、きんぴらごぼうが乗ったピザです。クリーム系のソースがマッチして、とってもおいしかったですよ。おすすめです。

 

 

また、『シェーキーズ』では、季節のピザやアニメとのコラボピザが楽しめることも魅力だそうで、少し前までだと、『七つの大罪』というアニメとコラボした、サワークリームがよく効いた爽やかな味のピザ『ディアンヌのオレンジデザートピザ』があったそうです。

 

ハロウィン一色の秋の味覚がおいしい10月は『ハッピーハロウィンピザ』『秋りんごのクワトロフォロマッジョ』があったようです。

 

特に『ハッピーハロウィンピザ』は見た目も楽しい、とてもハロウィンらしいピザで、お菓子がたくさんん乗っていて甘さ満点のおいしさだそうです。

 

期間限定のピザは月ごとに変わりますよ。

 

 

 

スポンサーリンク

 

来月は『抹茶クリームとつぶあんのデザートピザ』が予告されています。

こちらも公式サイトの写真を見るだけで、おいしそうですね。また機会をあったら、食べてみたいですが、難しいです。残念!

 

 

シェーキーズの魅力はピザだけではありませんで、ポテトやパスタも楽しむことができます。

 

特にオススメなのはペペロンチーノ!

シンプルな味付けが本当においしくて、お皿いっぱいに盛り付けて食べてしまうこともあるほどです。

行った際には、ぜひピザだけでなくポテトやパスタも楽しんでみてください。

 

 

友達に「シェーキーズ行くか?」と声をかけられると「シェーキーズって?」と知らなかったのですが、これで知ったかぶりができるかもしれません。

 

本当においしいピザがおなかいっぱい楽しめるこのお店です。

 

一度行くと、また行きたくなるお店であること間違いなしです。

まだ未経験の方はぜひ行ってみてくださいね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

牛カツ専門店『もと村』

東京で次に、おいしいごはんを食べてもらいたいと考え、以前から「おいしい」という噂を聞いていた牛カツ専門店『もと村』に行ってきました。

 

『もと村』は関東を中心に展開している牛カツの専門店です。

 

 

『もと村』のメニューはとってもシンプルでメインは牛カツのみです。

 

メニューの違いは、牛カツの量の違い、とろろ・麦飯をつけるか否かというだけです。

 

牛カツのシンプルなおいしさで勝負しようという姿勢が感じられますね。

 

 

注文するとほどなくして運ばれてくる牛カツは、超レアの状態です。

 

この牛カツを焼くためにテーブル席の真ん中には、ドーンと石板が置かれています。
好きな焼き加減で食べられるというのは面白い趣旨でポイントが高いです。

 

 

自分で焼いて食べるお肉って焼肉もそうですが、すごくおいしく感じることができ、いつもよりおいしく感じられるので、いい工夫だなと感じました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

牛カツをたくさん頼んで、おしゃべりしながら食べている間に冷めてしまっても、石板であたためればあたたかい牛カツが食べられるというのもいいですね。

 

この石板をあたためる火は消えてしまった場合も店員さんに頼めばつけていただくことができました。

 

たくさんの牛カツをゆっくり味わいたい際にも安心ですね。

 

 

また、牛カツセットには「醤油」「わさび」「特製山わさびソース」の3種類のたれがついてきました。

 

テーブルには岩塩も置いてあり、ここにとろろをオプションで頼めば5種類もの味付けで楽しむことができます。

 

 

この豊富な味付けが、シンプルな牛カツを飽きずに楽しめる工夫なのではないでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

 

私がおススメするのは、断然岩塩をかけて食べることです。

レア気味に焼いたお肉をお皿に置き、その上に岩塩を少しかけます。

 

『もと村』の牛カツはほどよく柔らかく、お肉がとても甘いんです。

岩塩をかけることでお肉がもつ甘味が引き立てられ、牛カツそのもののおいしさを味わうことができます。

 

 

最初の半分ほどはいろいろなソースで食べていた私ですが、岩塩で牛カツを食べてからは、ずっと岩塩をかけて食べていました。

 

 

『もと村』に行った際には、自分の好きな食べ方を見つけてみるのも楽しいかもしれないですね。

また、「ビールにも合う」というのがプラスです。

 

 

どこの『もと村』はあるそうですが、いつも長蛇の列が並んでいるようです。

昼食時だったということもあり、たいへん混んでいました。

 

 

あれだけ美味しいお店なら混んで当然かもしれませんね。ひとりでも入りやすくカウンター席があるお店も多いようです。

 

 

ちょっと贅沢なランチをしたいとき、ひとりで美味しいお肉を満喫したい際には、また行ってみたいお店の一つに加えておきました。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
7-2.国内
フォローする
転勤から見える景色

コメント