美肌や血液がサラサラになるとされる「ほうじ茶」がおすすめ(人気)!

スポンサーリンク
  

 

ほうじ茶が人気

 

 

2017年の昨年は、ほうじ茶が人気のようです。

ほうじ茶を使ったいろいろな商品がスーパーやコンビニなどで目にします。

 

少し前ならば、ほうじ茶はお茶として飲むといった感じだったと思います。

なぜ今人気なのでしょうか?考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

ほうじ茶は、どんなお茶?

お茶といっても、いろんな種類がありますよね。

緑茶・紅茶など。そんな中で、ほうじ茶の魅力を紹介したいと思います。

独特の香ばしさや風味があり、お茶ならではの苦みや渋みが少なくて、どちらかというとあっさりとしていて飲みやすいのが特徴的だと考えます。

 

 

効果として、胃に優しいです。そのため、食事中にのむのにあっているお茶だと思われます。

そして胃腸が弱い方や体が弱っているときに、飲むのもよいかと思われます。

その他ほうじ茶の成分の中に、タンニンやカフェインが入っているので、美肌やダイエット効果があるといわれてます。

 

 

ほうじ茶が他のお茶より利点だと思われるところは、カフェインが少ないところです。

カフェインは入っているのですが、お茶を作る工程で高温で焙じるのですが、ほうじ茶の場合、カフェインが飛ばされることが少ない理由です。

 

スポンサーリンク

ほうじ茶が人気の理由

ほうじ茶は、とにかくカフェインが少ないのです。

カフェインが入ってはいるのですが、コーヒーや他のお茶よりカフェインの量が少ないため、小さな子供や妊娠中の女性が飲んでも大丈夫という理由から、人気なのだと思われます。

 

いつ飲んでもかまわないのですが、朝飲むと体を温めてくれます。

これにより、目覚めがよくなり、目覚めが良いと、1日活動的になれるように感じます。

このようなことから、ほうじ茶のおかげで体調や精神的にも元気に活発になれるように思います。

このようなことから、朝に飲むのがお勧めですね。

 

 

カフェインがゼロではないですが、それでも入っている量が少量だと少しは安心感があるように思われます。

最近は、カフェインレスであるデカフェコーヒーや紅茶とったものもではじめています。

 

スポンサーリンク

ほうじ茶の効果

それでは、ほうじ茶を飲むことでどのような効果が得られるのでしょうか?

まず、血液がサラサラになります。

なぜサラサラの方がよいのかといいますと、血液がドロドロのままだと血液の成分が変形してしまいます。

 

それにより、血液が体中にうまく流れなくなってしまうのです。

この状況がずっと続くと、血管が詰まってしまい動脈硬化をおこす可能性がでてくるからなのです。

 

ほうじ茶の他にも、納豆や青魚といったものを食べることで血液がサラサラになります。

しかし、毎日摂取するのは大変だと思います。

ですが、ほうじ茶ならばお茶の葉があれば毎日飲むことが出来るため、お手軽に血液をサラサラにできるのではと考えます。

 

その他、リラックス効果も期待できるのです。他のものよりカフェインが少ないとのことで、テアニンによりリラックスができるそうです。

テアニンとは、アミノ酸の1種であります。うま味だったり甘みに関わってくる成分といえるでしょう。

 

実は茶葉には、多くの種類の香り成分があります。しかしほうじ茶においては、香り成分はあるのですが量が他より少ないのです。

 

だから香りは強くなく、逆に香ばしい香りの方が強くなるので、そういった点から、リラックスできるのだと思います。

 

スポンサーリンク

ほうじ茶を使った商品

ほうじ茶を取り入れたいろんな商品が出始めています。

一体、どのような商品があるのでしょうか?

 

食品においては、ほうじ茶のラテやアイスなどが販売され、お店によっては期間限定のものがあるので、お買い求めのさいは気をつけて下さい。

 

食品以外もあります。何かと申しますと、それは香水なのです。香水といいますと、フローラルやフルーツ系といったイメージがあるように思われます。

 

香水とほうじ茶、雰囲気があまりわかないように思われます。バニラやココナツなど500種類以上のものとほうじ茶をあわせて、香水を作ったそうです。

 

それにより、茶葉の香りを再現したとのことで、このようにほうじ茶は、食品やそれ以外の香水などいろいろなものに使用されるようになりました。

 

それだけ、ほうじ茶が人気があると思いました。

 

スポンサーリンク

まとめ

ほうじ茶という名前を見聞きしたり飲んだりしたことがあると思われます。

しかし、美肌や血液がサラサラになる効果があったんですね。知りませんでした。

 

美肌などをきにされている方は、積極的にほうじ茶をこれから摂取されるかもしれません。

そしてカフェインが他の茶葉より少ないのも、嬉しいことだと考えます。カフェインをとりすぎると、健康に良くありません。

 

ですがカフェインが少ないので、子供からお年寄りまで幅広い年代の方が飲むことが出来るように思われます。そうなると、家族全員でのめることになります。
食事のあとなどに、一息家族みんなでのむのもよいかと考えます。

 

その他今年度は、ほうじ茶を使ったいろいろな商品がコンビニやスーパーなどで目につきました。

飲食店で取り入れることで、影響も大きく感じます。それにより、店内でのまれたお客様が「おいしい」と感じて、自宅でも飲んでみようと考える傾向があるように思われます。

 

年末年始から新年に向け、家族や身内で集まることもあるかと考えます。

つかの間のゆっくりおちつく時間だと思います。そんなときに、ほうじ茶を飲みながらいろんな話をして楽しい年末年始を過ごされることで、骨休みになればと考えます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6.おすすめ 
フォローする
転勤から見える景色

コメント