IPO繰り上げ当選(by野村證券)

スポンサーリンク
  

 

本日(2017/09/27)は、配当落ちで朝から日経平均はマイナスです。

そういえば先週、野村證券で申し込んでおいたIPO(新規上場株式)の抽選に当たりました。まあ、補欠のからの繰り上げ当選ですが。

 

 

9260:西本Wismettacホールディングス 4,750×100株

上場日 2017/09/29(金)

 

 

 

 

 

ここでIPOとは

IPOとは、Initial Public Offeringの略語で、日本語に直すと「新規公開株」とか、「新規上場株式」と言います。
具体的には、今まで身内とか、関係者しか、株式を持っていなかった会社が、ある程度会社の規模が大きくなり、株を証券取引所に上場して、一般投資家に売り出して誰でも株取引ができるようにすることをIPOといいます。
そして、IPO株投資とは、新規上場するときに投資家に配られる“株を買う権利”を抽選で手にして、上場日の初日に付く株価(初値〔はつね〕)で株を売ることで利益を出すことです。
多くのIPOは売り出し価格より、初値(期待があるから)方が高いことが多く、もっとかんたんに言えば、「上場する前に株を手に入れて、上場日に売る」という作業です。 たったこれだけで利益が出る投資法です。(必ず利益が出るわけではないのですが
得体のしれない“未公開株詐欺”とは違って、信用のある証券会社から公正な抽選によって手に入れます。(以前リクルート事件があったのもこの類いです。)
IPO株に当たるとかんたんに利益が出る可能性が高いのです。

 

以前は、証券会社が、大口の投資家に内緒で配っていたり、損をさせた人に補填の意味で配ったりしていた時期もあったようです。

現在はそんなことはないと信じています。

 

 

しかし、必ず利益が出るわけではなく、株式(株価)は受給で価格が決まるので、この会社の株式は欲しいと思えば上がるし、いらないと思えば下がるのが原則です。

今回は繰り上げ当選??ってことは、いらないと思った人がいるわけで、折角当選したのに放棄した人がいることでしょうか。

と言うことなので、初値もどうなんでしょうか?

実は、IPOに当選したのは、はじめてなことなんです。29日が待ち遠しい。

 

 

 

 

 

 

 

9月27日の配当落ちにもかかわらず、8934:サンフロンティア不動産が、朝から値を飛ばして、1,230円を超えてきたので、一部売りました。(まだ、もう少し持っています)自分としては、いい利益が出で「ホクホク」です。

その売ったお金の一部で、7956:ピジョンを買いました。

以前から、目をつけていたのですが、直近の第2四半期決算でそんなに悪い数字ではないと思ったのですが、期待値が大きかったのか、かなり下げていました。その上、上方修正と増配も発表したにもかかわらずですよ。

株は分からないものですね。

しかし、本決算予想も悪くない数字で、新興国(インド・中国・インドネシアなど)が少しずつ豊かになると、必要になるのではないかと思うのです。

 

しかし、その他の持ち株は下がっていますので、含み損が出たところですかね。

まあ、明日になればまたどうなるのか?。
衆議院選挙、北朝鮮、金利(ドル=円)、トランプ、ユーロ問題、等々あるので、どちらに転ぶか分かりません。

 

 

今年になって、トータルすると今現在では、プラス圏を保っています。

 

 

 

 

追記(2018.09.20)

自民党の総裁選挙も、予想通り安倍晋三首相の3選が決まったこのころ、また野村證券でIPOの当選がありました。

 

今までは、すべて補欠当選であったのですが、今回は純然たる当選です。

 

3612:ワールド です。

 

しかし、仮条件が「2,900円~3,200円」であったのが、公募・売り出し価格は2,900円の下限となっています。

何か嫌な予感がするので、迷っています。

明日(9/21)が申込期限ではあるのですが、さてどうしよう。

 

今までのIPOの多くは、仮条件の上限で決定していたのが、上場後も上昇していると思います。

このようなケースは、上場時が最高値で、下降をたどることが多いような気がして、今一つ強気になれません。

 

いまは、ようやく膠着相場を抜け出しそうな勢いで、日経平均は上がってきているので、それにつられて、上がるかもしれません。

 

あー、悩む!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
4.資産運用
フォローする
転勤から見える景色

コメント