新垣結衣×瑛太W主演!映画「ミックス。」はおすすめの映画です

スポンサーリンク
  

 

新垣結衣

『逃げ恥」にて、ガッキー旋風を巻き起こした新垣結衣さん。

 

とってもかわいいですよね。
とても29歳とは思えない、少女のような可愛らしさがガッキーの魅力だと思います。

 

 

そんなガッキーと瑛太さんが主演の映画。『ミックス。』を観てきました!

 

 

『リーガルハイ』の脚本家・古沢良太さん脚本を務めるということだったので、どんなハイテンションで軽やかな恋愛物語なんだろうとワクワクしながら観に行きました。

 

 

映画は当たりはずれの大きいもの。

この映画のように、公開前から期待していたものほど「それほどでもなかった」とガッカリすることが多かったりするのですが、『ミックス。』は予想を超えた面白さを見せてくれました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

公開前から「七変化」という記事がネットに載っていたように、このドラマでは新垣さんがガングロギャルやセーラ服の学生、チアガールやOLなど様々な衣装に着替えています。

 

 

新垣さんの演技よりもかわいらしさに注目が集まっている世の中にも個人的に感じていましたので、この映画は「もしやガッキーのかわいさのみを全面に押し出したガッキーかわいいかわいい映画になり果てててしまっているのではないか」と心配していたのですが、さすがは古沢良太さんが脚本を務めた映画です。

 

 

シリアスな部分に軽やかな笑いを入れた爽やかなラブコメに仕上がっていました。

 

 

幼い頃母親にスパルタ教育を受けていた新垣結衣演じる多満子は、母の死をきっかけに卓球から離れ、普通の人生を求めてOLとして勤務し始めます。

 

そこに現れたのが瀬戸康史演じる天才卓球選手・江島。

 

江島と恋に落ちた多満子ですが、彼の浮気に大きなショックを受けて別れ、会社も辞めて実家の田舎へと逃げ帰ります。

 

 

そこで、実家が抱えるつぶれかけの卓球クラブの講師をすることになった多満子は、別れた妻と娘と共に暮らすことを夢見る落ちぶれた元プロボクサー。

 

 

瑛太演じる荻原に出会い、男女混合ペア・ミックスを組むことになり、徐々に惹かれていってしまうというストーリーです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

この映画の魅力は新垣さんのかわいらしさはもちろんなんですが、一番は「悪役がきちんと、すがすがしいほどにムカつく」という点だと思います。

 

 

ライバルとして多満子と荻原の前に立ちふさがる江島とその浮気相手である永野芽郁演じる愛愛莉が本当に絶妙に「現実世界にいそうなムカつく奴」をデフォルメしたキャラクターなんです。

 

 

そんなムカつく奴らに嫌な目に遭わされる新垣さんを見ていたら、観客だってムカつきます。

 

そこに颯爽と助けに現れる瑛太さんを見たら「かっこいい。多満子を幸せにしてやってくれ!」と願ってしまいます。

 

 

試合シーンだって、「あのムカつく奴らをやっつけろ!」と思ってしまうので、熱が入って応援してしまうんですよね。

 

 

新垣さんのかわいらしさ。瑛太さんのかっこよさ。

 

 

このふたつはもちろん、この映画の魅力を引き立てる重要な要素ですが、悪役が輝いてこそ主役は輝くものではないでしょうか。

 

 

見事に主演ふたりを輝かせた瀬戸康史さん、長野芽郁さんの演技にも注目です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

新垣さん、瑛太さんが所属する卓球クラブには、人生につまずいた人たちが集まっています。

 

そんな躓いてしまった彼らが、卓球を通して少しずつ変わっていく。
ストーリー全体は王道中の王道。

 

だからこそ、安心して観ていられる映画です。

 

 

 

新垣さんのかわいさに関しても文句なし!です。

 

 

スポーツものでは、だれてしまいがちな修行シーンも豪華な出演陣とハイテンポで笑いあふれる演出のおかげで、あっという間の2時間を過ごすことができました。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6.おすすめ 
フォローする
転勤から見える景色

コメント