海外に行く時は、国内で両替するより、キャッシングがお得?

スポンサーリンク
  

 

いまや、訪日外国人が大勢来る世の中になってきました。

また、政府もこれを後押ししているのが現状です。

出国税なるものも検討されているようです。

 

反対に、我々が海外に行く時(短期の観光旅行)には、クレジットカードや現金、またはトラベラーズチェックなどがあります。

 

今回はクレジットカードのキャッシングについて考えてみます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

海外キャッシングの方法と基礎知識

国内でのキャッシング利用はともかく、海外でもキャッシングが使えたら、便利だと思っている人は大勢います。

 

海外におけるキャッシングは、原則として現地の通貨を直接引き出す仕組みなので、海外旅行で現金が必要になっても安心です。よって、少額の現金ですみますね。

前準備として、日本にいるうちに海外キャッシングの手配を済ませておくことで、旅行に行った時に現地でのキャッシングが可能になります。

 

キャッシングカードは日本で準備しておき、そのカードを現地の現金自動支払機に入れて、お金を借ります。

 

海外では基本的にはクレジットカードを使ってショッピング等をすることが多いですが、中にはクレジットカードが利用できないこともあります。

 

キャッシングサービスを利用するためには、最低でも海外に設置されているATMの場所及び基本操作方法を知っておく必要があります。

キャッシングで借りたお金は、当然ですが返済しなければなりません。

海外のキャッシングを使った人は、返済日に備えてお金の用意をしておくことを忘れないようにしましょう。

 

事前に計画を立ててきちんと、返済できるように準備を整えておく事が大切です。

事前に、支払い用の口座を決めて、そこにお金を入れておけば、スムーズな返済が可能になります。

 

返済時も旅行中だという人は、ネットバンキングや、国際電話を使うといいでしょう。

 

 

クレジットカードをつくってもらう時に、海外からのキャッシングに対してはどんなサービスがあるかを調べておくと使いやすいでしょう。

注意点として海外キャッシングでは、多くの場合において専用のカードが必要となり、紛失した際は利用できなくなるパターンがほとんどです。

できることならば、予備のクレジットカードを用意しておくことで、海外で万が一のトラブルが発生した時でも対応できるので安心です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

海外でキャッシングした場合の返済方法について

海外でキャッシングを利用する人は増えているようですが、返済はどのようにすれば良いのでしょうか。

 

海外で通用するクレジットカードを持っていて、海外旅行時の買い物などをそれで済ませているという人は少なくないようです。

海外旅行や、仕事関係の出張などで、日本国外に行くことが多いという人は、クレジットカードはなくてはならないものです。

大変便利なクレジットカードですが、利用する場合には、いくつか注意すべき点もあります。

 

日本国内のキャッシング利用であれば、一括払いやリボ払いなど、自由に返済方法を選ぶことができるようになっています。

しかし、海外でキャッシングを利用すると、リボ払いに設定されることが多いようです。

もともとリボ払いによる返済を選ぶことの多かった人にとっては問題ありませんが、リボ払いにはしたくないという方にとっては状況が異なります。

 

月々の負担額が一定になるという点ではリボ払いは便利ですが、利息が増えやすいので、リボ払いはしたくないという人もいます。

繰り上げ返済をすることで、リボ払いにしないで、利息を少なく抑えることができるでしょう。

 

繰り上げ返済は、決められた支払い期日以外に自分の好きな金額を、追加で返済するというものです。

リボ払いになっているキャッシング利用残高の金額を繰り上げ返済すれば、実質的に一括払いになります。

 

一度リボ払いになってしまったものは、言われたとおりに返済しているという人は多いですが、前倒しで返済するほうは無駄な金利を払わずにすみますのでオススメですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

海外で使用する通貨をキャッシングで入手する方法

海外旅行をする場合に利用する現地の通貨は、どのようにして入手すればよいのでしょうか。

 

クレジットカードについているキャッシングカードを使うと、いいレートで交換できます。

 

日本では当たり前のようにクレジットカードを所有するようになってきており、キャッシング機能が付帯している場合がほとんどです。

ただし、申し込む時に「キャッシング:有り」で申し込むことは必要です。

 

海外旅行先で、現地通貨を調達したいと思うことは多いでしょう。

 

日本円から両替をすると交換手数料が必要です。

 

空港でも、現地通貨と両替してくれる場所はありますが、時間を要しますし、交換レートの条件がよくないこともあります。

 

旅行先で、スーパーなどに行けば両替ができるところもありますが、海外旅行をあまりしたことがないという人にとってはハードルが高い行為になるでしょう。

何よりも海外の慣れない土地で、お金を求めるためだけに歩き回るのは不安が伴います。

クレジットカードを持っていれば、現地のATMを日本のATMを操作する感覚で動かすだけで、手軽にお金を借りることができるでしょう。

 

ATMの多くは24時間利用できることが多く、何よりも銀行より手数料が安いのが、クレジットカードによるキャッシングの大きな魅力です。

 

キャッシングを利用すると、お金を借りているようで落ち着かないという人の場合、プリペイド式のキャッシュカードを使うというやり方もあります。

 

日本人は、無防備な割りに高価なカメラやカバンを持っているというイメージから、強盗やかっぱらいに遭遇する可能性が高めです。

 

交通機関や、チップなど、やむをえない場合は現地のお金を使いますが、それ以外の時ではクレジットカードでの決済をしておくと、現地通貨の交換レートに悩まされずに済みます。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
4.資産運用
フォローする
転勤から見える景色

コメント