リフォームローンの特徴を知って、お得な借り方をするためのチェック!

スポンサーリンク
  

 

リフォームローン

スポンサーリンク

金利と取引実績について

リフォームも内容によってはかなりのお金が必要になりますので、ローンを組まなければいけないことがあります。

 

リフォームをする必要があるけれど、住宅ローンの返済も途中だというケースもあるでしょう。

何年も住んでいると、住宅の修繕をしなければならないような事も当然に起こり得ることです。

 

 

リフォームローンは、リフォームにかかる費用をローンでまかなうことで、保有している資金が少なくても、リフォームをできるようにすることです。

 

大抵は、リフォームは無担保で借りることになります。

 

 

金利や、貸付上限額を決める時には、申し込み者の返済能力を確認することが重要になります。

担保がないという点では、一般的なキャッシングとそう変わりはありませんので、どうしても金利は高く設定されがちです

 

 

ただし、住宅ローンの返済途中で、同一の金融機関にリフォームローンも借りる場合は、金利を低くしてもらえたりもします。

滞りなく住宅ローンの返済ができている人なら、リフォームローンの融資をしても問題はないだろうという観点からの措置です。

 

住宅ローンの返済が滞っていれば別ですが、特に問題なく返済しているのであれば、優遇金利になる場合がほとんどです。

 

これでに、ローンの支払いで問題を起こしていない人なら、再びローンの貸付をしても、きちんと返済してくれるだろうと金融機関は考えます。

 

 

リフォームによって住宅自体の価値が高くなれば、住宅ローンの担保価値が高くなることにつながりますので、金融機関から見ても悪い話ではありません。

 

もしも、住宅ローンの返済が困難になって、担保を売却する必要が生じたとしても、リフォームによって価値が上がっていれば、銀行から見ても好都合なのです。

 

スポンサーリンク

リフォームのローンは比較することが重要

もしも、住まいのリフォームをするに当たってローンを利用するなら、充分に吟味することです。

 

いくら住み慣れた家でも、様々な事情でリフォームをする必要が生じることがあるものです。

リフォームを行うことで、より時間を過ごしやすい環境にします。

 

リフォームの規模は各家庭によって全く違いますが、かなりの費用を捻出しなければいけないこともあります。

 

多額のリフォーム費用がかかる時に一括で支払うことは、なかなか難しくなるので、多くの場合はローンを組むことになります。

 

 

数社の金融機関から、リフォームローンを借りた場合の条件を調べて、それから比較検討をすることがポイントになります。

 

ぱっと見には似たようなリフォームローンでも、金利や手数料、返済方法などに差があります。

どんなリフォームをしたいかに合わせて、ローンを選択することです。

 

 

自宅にいながらリフォームローンの申し込みができるサービスもあって、時間がないという人でも安心して申し込めます。

返済が容易そうなところを選ぶことが、リフォームローン選びでは重要なポイントだといえます。

 

 

ローンの申込み時の審査などは金融機関によっても違いますので、ローンについて調べてから申し込むようにしましょう。

 

 

いくつかのリフォームローンの貸付条件をチェックすることで、大体の相場観や、どの会社がどんな特性があるかがわかるでしょう。

 

スポンサーリンク

担保の有無について

大規模なリフォームになると、数百万円から一千万円超えになるくらい、リフォームはお金がかかることが少なくありません。

 

あまりにリフォーム料金が高くなると一括での支払いは困難になりますので、ローンを利用することになります。

多くの場合、リフォームのためにローンを借りようとすると、住宅ローンを借りるか、リフォームローンを借りるかすることになります。

 

 

住宅ローンの場合は担保が必要になりますが、リフォームローンは担保タイプと無担保タイプのどちらかを選択することが可能です。

 

特徴としては、担保が必要となるローンの場合は、より安い金利でお金を借りることができるようになっています。

 

毎月少しずつ返済して、全額返済まで何年もかかってしまうようなリフォームローンにしたい場合は、担保があったほうが有利です。

 

 

 

1カ月当たりの返済金額を少なくすると、返済の負担が大きくならずに、ゆっくりと返し続けていくことができます。

低金利で融資を受けたいという時はどうしても審査のハードルが高くなってしまいますし、審査結果が出るまで時間がかかります。

 

 

担保を必要としていないリフォームローンは、審査のハードルが甘めになっています。

手続きも簡単で短い日数で終わらせることができるため、時間的に余裕が無くて、お金がすぐに必要な場合には助かります。

 

無担保のローンは金利が高くなるだけでなく、短い期間のうちに返済しなければならないというデメリットがあります。

 

自分にとってお得なリフォームローンの借り方をするためにも、ローンごとの特徴をチェックしておくことが欠かせません。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
4.資産運用
フォローする
転勤から見える景色

コメント