FXや仮想通貨にお金をかけず、練習できる初心者にオススメのアプリ

スポンサーリンク
  

 

初心者向け投資デモアプリはこれだ!

 

 

スポンサーリンク

 

投資に興味があるけどよくわからない

「投資ってたまに聞くけど儲かるのかな?」

 

そんな風に、ぼんやりと「投資」という言葉は知っているけど、具体的にはよく分からないという方、なんか怪しそうだなと思っている方がたくさんいるのではないでしょうか。

 

投資とは、将来の利益を見込んで何かに資金を投入することです。

 

 

投資には様々な種類があり、株式、社債、国債、投資信託、不動産などなど、ローリスク・ローリターンのものから、ハイリスク・ハイリターンのものまで、色んな投資対象があります。

 

 

投資は場合によっては多額の損失を招くこともあります。

そういった意味では、ギャンブルと似通っているところがあると言えるでしょう。

 

 

しかし、知識を増やして経験を積むことによって、上手く資産を運用することだって可能なのです。

 

 

投資の中でも、1万円もしないほどの少額で始められ、初心者でも手を出しやすいのがFX(外国為替証拠金取引)と仮想通貨です。

 

 

本記事では、FXと仮想通貨に絞ってお話を進めていきます。

どんなものか知りたい、少し体験してみたいという方はぜひご覧ください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

FXとは

FX(外国為替証拠金取引、Foreign Exchange)とは、自国のお金(もしくは他国のお金)と他国のお金と両替をすることによって利益を生み出そうとするものです。

 

 

国のお金の価値は、その時々によって上下します。

円安とか円高とか聞いたことがあるでしょう。

 

FXでは、その通貨の価値の上下を利用します。

 

 

たとえば、アメリカドルの1ドルを100円で買ったとします。

すると手元には1ドルあります。

 

その後、アメリカドルの価値が上昇し、1ドル120円の価値になったときに手元の1ドルを売ると、手元には120円が残り、20円の得をしたということになります。

 

 

反対に、アメリカドルの価値が下落し、1ドル80円の価値になると20円の損です。

 

取引の規模を1,000倍に大きくして、1ドル100円のときに1,000ドル分(100,000円分)購入して、1ドル120円のときに1,000ドル売ると手元には120,000円残り、20,000円の得になります。

 

 

そういった取引を、円やドルだけでなく、ユーロや元などの様々な通貨間で行うのです。

 

 

またFXの特徴として、上記のような「買ってから売る」という取引だけでなく、反対に「売ってから買い戻す」ということもできます。

 

 

どういうことかと言うと、1ドル100円のとき、本当はまだ持っていないドルを先に売っておき、1ドル80円になったとき、それを買い戻して20円の利益をあげるということです。

 

 

なので、通貨の価値が上がるときだけでなく、価値が下がるときでも、先に売ってしまうことで利益をあげられるのです。

 

 

そのようにして、通貨の価値を予測して売買し、利益を増やしていくのがFXです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

仮想通貨とは

2017年は「ビットコイン」という言葉が巷を飛び交いました。

その名前を耳にした方も多いのではないでしょうか。

 

 

仮想通貨は、円やドルとは違って国がその価値を保証している通貨ではありません。

デジタル上の通貨のことを言います。

 

 

ブロックチェーンと呼ばれる最新の技術を導入したことにより、仮想通貨の取引の確実性・安全性が増し、その価値が認められるようになりました。

ブロックチェーン
(英語: Blockchain、ブロックチェインとも)とは、分散型台帳技術、または、分散型ネットワークである。
ビットコインの中核技術(サトシ・ナカモトが開発)を原型とするデータベースである。
ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持つ。
各ブロックには、タイムスタンプと前のブロックへのリンクが含まれている。
理論上、一度記録すると、ブロック内のデータを遡及的に変更することはできない。
ブロックチェーンデータベースは、Peer to Peerネットワークと分散型タイムスタンプサーバーの使用により、自律的に管理される。
フィンテックに応用されるケースでは独占や資金洗浄の危険が指摘されることもある。

 

 

電子マネーなどとは違い、日本円などの国の通貨に換金することが可能です。

 

 

国の保証はありませんが、普通のお金と同じように、物を買ったりするなどの取引のために使用することができます。

 

まだまだ使用できる場所は多くありませんけれども、将来的には色んなお店で使われるようになるかもしれません。

 

 

インターネット上であれば、世界中の人々とその仮想通貨を通して、やり取りすることができるのです。

普通のお金だったら海外に送金すると金融機関を通さなくてはならないので、多額の手数料がかかります。

しかし仮想通貨であればわずかな手数料しかかからないのです。

 

 

仮想通貨の草分け的な存在「ビットコイン」は仮想通貨の代表例であり、他の通貨は「アルトコイン」と呼ばれます。

 

現在では14種類の仮想通貨が日本の取引所で扱われています。

それぞれの仮想通貨ごとに、システムや特色が異なります。

 

 

投資の対象として仮想通貨が挙げられますが、これは投資対象となる仮想通貨の価値が低いときに買っておき、価値が高騰してから売却することで利益をあげようとするものです。

 

 

仮想通貨は価値の変動がFXなどと比べると激しいです。

ビットコインを例にとれば、2017年1月11日の時点で1BTCで(ビットコインの通貨単位)88,836円だったのが、同年12月17日では1BTCで2,214,558円にまで膨れ上がりました。

 

 

9万円ほどで1BTC買っていた人が12月17日にそれを売れば、なんと200万円以上の利益をあげられたのですが、逆に大損した人もいます。

 

 

当時ほどの値動きが今後またあるかどうかは定かではありません。

しかし、投資の対象としては、少額で高いリターンを期待できるものなのです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

アプリを使って練習

さて、ここまでFXと仮想通貨について簡単に説明してきました。

 

どんな風にして利益が生まれるのか、大まかなイメージは持っていただけたかと思います。

 

 

少額から投資を始めることができるので、興味のある方は、失っても大きな痛手とならない程度の額から始めてみるのがいいでしょう。

 

 

しかし、実際に投資を始めるよりも前に、ぜひ試してみていただきたいことがあります。

 

 

それは、FXや仮想通貨の投資をデモンストレーションとして、アプリで練習してみることです。

 

 

実際の通貨の値動きを元に、投資の練習をすることができる無料アプリがありますので、それらをやってみることでFXや仮想通貨がどのようなものか、感覚を掴んでおきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

投資のデモを行えるアプリはこれだ

 

・FXの練習にオススメのアプリ

かるFX – 楽しく学べるFXアプリ」(ios、android)

 

 

・仮想通貨投資の練習にオススメのアプリ

はじめての仮想通貨」(ios)

 

 

 

これらはどちらも、アプリ内の仮の資産を利用して、デモの取引を行うことができます。

もちろん、デモトレード上では、実際のお金を使用することはないので安心です。

 

 

そして、FX・仮想通貨それぞれについて、初心者向けの簡単な学習機能がついているので、アプリ内で知識をつけることも可能です。

 

 

まさに初心者に打ってつけのアプリですので、とってもオススメです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

 

・FXと仮想通貨は少額から始められ、初心者でも取っ掛かりやすい投資

・FXは通貨の両替を通して利益をあげるもの

・仮想通貨の投資は、仮想通貨が安いときに買い、高いときに売ることで利益をあげるもの

・初心者はまずアプリを使ってデモトレードをやってみるべし

 

 

資産を上手く運用できるように、また大きな損失を被らないように、まずは練習してから本格的に始めてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
4.資産運用
フォローする
転勤から見える景色

コメント