郷里を離れると無性に恋しくなる

スポンサーリンク

 

高年齢になっての単身赴任となると、無性に故郷が恋しくなってきます。食べ物で言えば、「お好み焼き」、サッカーで言えば「サンフレッチェ広島」などがこれに当たります。

特に、私はサッカーが好きであります。出身が広島近辺ということもあって、サッカーでは常にサンフレッチェ広島を応援しておりましたし、現在もより一層応援しています。

 

少し前迄は、常に上位にいたサンフレッチェ広島でありますが、最近ではその強さが遠い昔のように感じられます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

最近では下から数える方が早くなってきており、サンフレッチェ広島ファンの私としては少しさびしいようにも感じております。しかし、サッカーの内容は決して悪いものではありません。(これには色々意見もあると思いますが)

ただ、決定力が欠けているということがあるだけで(実はこれが一番大切なんですが)、十分優勝を狙える力は持っているのであります。

その力を十分発揮するチャンスをうまくコントロールできておらず、今は下位に低迷し降格圏争いを演じています。

 

 

おそらく今期は難しいものと思われますが、まだまだ諦めているわけではありません。しかし、今年は残留することが目標になってしまいました。

選手の層も十分厚く、若手なども育ってきているため、まだまだ期待はできるものと考えております。もともと、ユースを育てて活躍する選手を送り出すことには長けていました。
しかし、最近は若手をレンタルに出して、一方通行片道切符になりそうな選手もいるのも事実であります。

 

 

最近ではワールドカップ予選の影響もあってサンフレッチェ広島の選手はあまり目立っておりませんが、それでも外国人選手や若手を中心に必ず活躍してくれると信じております。

そして今年はだめでも今年の悔しさをばねに、何とか飛躍したサンフレッチェ広島を見せてもらいたいと考えております。(J2に落ちないことが前提ですが

 

サンフレッチェ広島のよいところは、やはりチームワークが非常に良いところだと思います。決してスーパースター的な存在はいませんが、それでもチームワークでチーム一丸となって戦う姿は、どのチームにも負けない強さを持っていると思っております。

 

 

強いころのサンフレッチェ広島は、どのチームもまったく歯が立たないぐらいすばらしいパスワークで敵陣に入り込みネットを揺らしておりました。

そのサンフレッチェ広島のイレブンを見ると見ているこちらがパワーをもらえているような感じがします。

そのぐらい魅力的な試合をしてくれていたのであります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

そのため、若い人から中年まで幅広く愛されており、まさに広島の顔となっているのであります。

 

そんなサンフレッチェ広島には今後もがんばってもらい広島の活性化に貢献してもらいたいと考えております。

 

今後、スタジアムの建設も、まだ可能性はあるので、行政には頑張ってもらいたい。これも、強いサンフレッチェが必要ですよね。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
1.はじめに
フォローする
転勤から見える景色

コメント